【やっちまったなあ】車いす走行中転倒して股関節を骨折!

%e3%82%84%e3%81%a3%e3%81%a1%e3%81%be%e3%81%a3%e3%81%9f
じつは右股関節を5年ほど前に骨折しています。

車いすで歩道を走行中に歩道上のつなぎ目の段差に車いすのキャスターと呼ばれる前輪が引っかかりました。そこそこのスピードで車いすの車輪をこいで走らせていたので、キャスターが段差に引っかかった衝撃で車椅子は前のめりになりながら横倒しになり、自分は車いすから投げ出される格好で吹っ飛び右側の腰から道路に落下しました。

あ痛いててと身体を起こしお尻に傷が出来ないように身体を安定させていると偶然通りかかった自転車の人に車いすを身体の近くまで寄せてきてもらって車いすに乗りあがることが出来ました。

助けてもらった方にお礼を申し上げてようやく自宅に戻り吹っ飛んだときにお尻に傷が出来ていないか心配だったので直ぐにベッドにあがり下半身を確認しました。

幸いどこにの傷や出血はなかったので安心しました。

しかし次の朝起き上がると!

いつもは感じることの無い、イヤ~な汗と筋肉の引きつりを横腹に感じます!

おかしい変だ!異常だと感じます。とっさに昨日の転倒での影響があったとわかりました。モタモタする間もなく近隣の木津川病院の整形外科に駆け込みました。

詳細を診察で説明しレントゲンを撮ってみると・・・

医者「右股関節の根元部分が折れています」

自分「えっ!?」

医者「早速入院です」

自分「先生気分が悪くなってきました・・・」

そうです、骨折と聞いたとたんに気持ちが悪くなり貧血を起こしてしまいました。

ちなみにここまで読んできていただいて貧血以前になんで骨折してるのに痛みを感じないのだ?と疑問をお持ちではないでしょうか?

これまで何度か脊髄損傷の症状と状態をお話してきましたが、神経を損傷しているので下半身の感覚が完全に麻痺しています。

というわけで足を骨折しても下半身不随の麻痺のために痛みを感じることがありません。それだけにいつのまにか傷や怪我を作って出血していることがあり、普段から身体の確認と傷が出来ないように注意が必要です。

股関節の骨折に戻ります。
当然骨折したのだから手術するだろうと思っていると手術できませんとの医師からのご説明。

それはなんでか?
以下理由の箇条書き

  • 脊髄損傷の患者は麻痺のため筋肉の緊張がない
  • 筋肉の緊張がないことで人工股関節は脱臼しやすくなる
  • 筋肉の緊張のない患者に人工股関節を手術し脱臼すると肉を突き破る恐れがある

そして手術しなくても大丈夫な理由は?

  • 麻痺があるので痛みを感じない
  • 歩くことができないので人工股関節を入れる意味がない

まあこのような理由で折れたままの股関節で過ごしています。しかしいくら脊損で感覚が麻痺していて痛みを感じないといってもさすがに骨が折れたままは気持ちのいいものではなく、時折股関節の奥のほうにいやあな鈍く重い痛みを感じます。

激痛ではないですが、腰右側を下に横向きで体制をとるときは折れた骨の部分が骨盤にあたりゴリゴリとした音が響くのがなんとも気色悪いです。

だいぶんこの状態の身体にも慣れましたが、この事故でひとつの教訓を得ました。

それは車いすの身体になって数十年がすぎ歩くことがなくなり、骨が弱くなってきているのです。従って車椅子の身体になって補そう具を装着して平行棒などで立位を取ることを時折していれば骨の劣化をある程度は防げたのではないかと思ったのです。

もしこの文章をお読みの方で脊損になったばかりの方がいらっしゃったら立位訓練をご検討ください。

ぼくにとっては教訓というより後悔でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


twelve + 6 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人


京都府出身

1986年6月オートバイ事故で脊髄を損傷し下半身不随の障害者となる。
再びオートバイに乗りたい衝動を抑えられず手動装置でギヤチェンジとリヤブレーキを操作できるように改造したサイドカー付きカワサキエリミネーター250に乗り20年以上経過。
走り屋(死語)時代にケニーロバーツや片山敬済選手に憧れたオートバイレース世界GPの夢を車いすフェンシング世界選手権出場で叶えた。
40代を過ぎるまで産業機器生産の会社勤めだったがいつ死ぬのか分からない人生でこのまま社畜として人生終わるのかと思うといてもたってもいられなくなりやりたかった「自家焙煎珈琲の移動カフェ」を開業。
しかし焙煎機の盗難に遭いアルバイト生活に転落。 経済的不安を改善するためにネットビジネスと株式投資に取り組む。
「やりたい」と思ったことは実行に移さなければ気が済まない傾向を持つ。 ちなみに菊池桃子さん、鈴木京香さんと同い年の1968年生まれ。