車いすで利用できる日帰り温泉のご紹介【三重県伊賀市さるびの温泉】

%e7%a6%8f%e7%a5%89%e9%a2%a8%e5%91%82
クルマいすを利用する体であったり、障害を持っているからと言って温泉施設を利用できないと諦めていませんか?
ぼくは一種一級の重度身体障害者になってから日帰り温泉を利用するようになりました。

もちろん階段がある施設や何段も続く段差があるような日帰り温泉は利用そのものが出来ませんが、そういった物理的な制限がなければ車いすでも利用できる温泉施設はあります。

でもまれに建物の制限がなくても温泉施設の「事故があったらたまらん」、「前例がない」などの抗弁があり利用を断ってくる態度を見せる施設もなかにはあります。

いくら世間がバリアフリーだ、ノーマイラゼーションだ、思いやりだやさしさだ、愛は地球を救うと声高に叫んだところでまだまだ障害者を取り巻く環境は冷たいものです。

しかし拗ねてたって現実は変わりません。

利用できるところを探し、楽しめる場所を求め行動してゆくだけでございます。

そんな中、数少ない車椅子で利用できる三重県伊賀市の温泉施設「さるびの温泉」をご紹介しましょう。

こちらの施設は障害者手帳を保有する者なら利用できる福祉風呂がございます。手帳での割り引き制度もあり良心的な価格設定がありがたいです。

具体的な利用方法はお電話にて福祉風呂の利用予約が必要です。やはりクルマいすで利用できるところが少ないのが現状のため結構予約は詰まっています。予定を決めて早めの予約をオススメします。

そして福祉風呂の設備ですが、浴槽に安全にラクに入るための電動リフトがあるので体力的にしんどい方でも比較的楽に湯船に入ることが出来るでしょう。

リフトがあることで介護する方にとってもかなり負担を軽減できますしね。浴槽から上がった後リフトの上でお体を洗ってもよいような構造になっているので車いすの者にとっては本当に楽に温泉を楽しむことができるパラダイスです。

アクセスは少々山深いところに立地しており、不便なところではありますが、ゆっくり一日使ってドライブするつもりで出かけましょう。

大阪からなら名阪国道を使えば楽にアクセスできると思います。

できればお尻を保護するためのマットを持参したほうが安心してお風呂を利用できるでしょう。もしロホクッションをお持ちならお尻を保護することができるので安心してお風呂を利用できるでしょう。

温泉のフロアタイルはすべり止めを想定しているので表面がざらざらしていることが多いのでお尻の皮膚を傷つけないように注意が必要です。くれぐれも大事なお尻がタイルに直接接触しないようにしましょう。

<お読みいただきありがとうございます!この記事がお気に召しましたら【シェア・いいね】をお願いします>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


4 × five =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人




オートバイ事故で脊髄を損傷し下半身不随の身体で50歳という年齢を迎えることができました。 交通事故で車いす人生を送ることになってしまいましたが30年間の中で色々とチャレンジしてきたことをこのブログでお伝えできればと思っています。 主なテーマはつぎのようなカテゴリーです。 ・障害や脊髄損傷に関すること ・オートバイとサイドカーに関すること ・エレキギターに関すること ・柴犬に関すること ・その他 取り留めない内容をお届けするかと思いますが、よろしくお願いいたします。