フリマアプリのメルカリでオモト【万年青】を購入!ヤフオクとメルカリのメリットとデメリット

メルカリとヤフオクのメリットとデメリット

先日知人からオモト【万年青】をネットで購入して欲しいと依頼を受けた。ホームセンターなどで物色しているがあまり見かけることがなく在庫がないらしい。年齢的にもネットの決済方法がよくわからないのでアンタなら購入できるやろとのことで引き受けた。

フリマアプリメルカリで購入

近頃は何か欲しいモノがあった場合はまずアマゾンで商品を探してみる。次にヤフオク、メルカリで商品を探してみて同じような商品があれば、フリマの方が安く購入できたりするので今回もメルカリで購入することにした。

オモトは縁起の良い植物と知られており災難を防いでくれると言われています!まったく知りませんでした!興味が沸いてきたので調べてみると歴史は古く400年前もの江戸時代よりオモトは園芸に親しまれてきたようです。逸話は記故事にも残されるほどで、かの徳川家康が、家臣から献上された3本の万年青を携えて江戸城に入城したと伝わっています。

長く続いた江戸徳川時代にあやかり、そういった背景から家が栄えるという縁起ものとして好まれるようになったとされています。いまちょうどNHK放送の大河ドラマ「真田丸」が楽しみで毎週欠かさずに観ていますが、戦国時代のころからオモトは愛されてきと思うとやはり長寿の恩恵をもたらす植物かもしれませんね。

メルカリはヤフオクと比べてどう違う?

以前はヤフオクで購入することが多かったのですが、スマホやタブレットなどのデバイスが充実してきたことでメルカリが登場しヤフオクよりも購入しやすいのでこちらを使うことが多くなった、ヤフオクは出品者が終了した日程まで購入することが出来ないので時間がかかります。終了時刻間際から入札が活発になりドンドン値が釣り上がっていき買いたい値段で落札できない。

出品者によっては即決の値段が設定されている場合があるがやや値段が割高に設定されているのであまり安くは購入できません。だいたいの相場価格での値段設定なら終了まで競り合うのが面倒なので何度かは即決価格で購入したことはあります。

ヤフオクはこのようなシステムなので少々わずらわしさを感じます。しかしメルカリの方では、即買いが可能です。出品者さんによっては購入する前にコメントを要求される方はいらっしゃいますが、ほぼほぼ直ぐに購入ができヤフオクのように終了時刻までにらめっこする必要がありません。

商品によっては表示価格からお値引きに応じていただけるモノもあるので価格が釣り上がっていくヤフーオークションに対してメルカリの方は購入者側に立っているような気がします。

商品数は圧倒的にヤフオクに軍配があがりますが、購入のしやすさで言えば自分は即答でメルカリですね。価格設定もメルカリとヤフオク見比べてきてもメルカリの方がお安く設定されていることが多い印象です。何か欲しい商品が出てきたら次のような流れで調べています。

欲しいモノがあったらすべきこと!

  • まずアマゾンや商品販売サイトで定価を確認
  • ヤフオクで該当商品を確認ウォッチリストで落札相場を観察
  • メルカリで該当商品を確認
  • ヤフオクとメルカリで比較し安くて状態の良い方を購入!

このような流れが最近のパターンです。本や書籍の場合などは近隣の図書館のデータベースを確認してみます。もし読みたい本が図書館に無ければ上記のような流れで購入します。本なんてそうそう手元に置いておきたいモノなんてほとんど無いです、何度も読み返す本なんてほとんどないので新品で購入するのはもったいなく思っています。そういう意味ではメルカリはとても安く読んでみたいけど高いなあって思う書籍が安く購入できるので気に入っています。

メルカリは送料も出品者側負担にされていることも多いのでコスト的には断然メルカリですね!つい先日はこんな本を買ってしまいました!ぜひメルカリで探してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


14 − 6 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オートバイ事故で脊髄損傷の障害を負うことになり車いす生活を送っています。 車いすの生活は2020年現在で34年目を迎えました。 このブログはぼくの車いす人生のなかで全力で取り組んできた経験や出来事をまとめています。 脊損のぼくが全力で経験してきたことを紹介するという意味でブログのタイトルを【全力脊損】としました。 どうぞよろしくお願いいたします。 プロフィールページで触れていますがぼくはギターや音楽にも長年親しんできました。 ゴリゴリの昭和世代のためにいまでもレコードプレーヤーで音楽を聴いていますが音楽関連のガジェットにも興味があり気にいったアイテムをブログでレビューしています。 30年間の脊損人生でチャレンジしてきたことをこのブログでお伝えできればと思っています。 >>>azuhikoのプロフィールはこちら