【脊髄損傷】受傷した部位から感覚がない?麻痺する身体でありがちなトラブルを紹介します!

今から30年ほど前にオートバイ事故で自分は脊髄の7番と8番の部位にあたる胸椎損傷を負いました。

その後、病院での治療とリハビリや職業訓練などを受け社会復帰を果たし、泣きたい事も死にたくなるような思いも味わいながらやっぱり生きてて良かったと思う2018年今を生きるおじさんの日々です。

さてそんな脊髄損傷歴も30年を重ねる僕の症状と脊髄損傷ゆえに起こり得るアクシンデント(事故)の数々を紹介いたします。

この情報がどんな有益さを持つのか判断できませんが、同じような境遇で障害を持つことになってしまった方や関係者さまにお役立てできればうれしく思います。

ではアクシンデントのご紹介の前に脊髄損傷とは?という点に触れたいと思います。

脊髄損傷の説明と僕の状態

脊髄は頚椎(首の骨ね)から順番にうえから順番に1番2番と数えていきます。

背骨のひとつひとつはブロックのような形状をしていてつらなっています。

イメージでいうと浜名湖の特産品で有名なうなぎの骨みたいな感じですかね?

最近浜松に立ち寄る機会がありまして、お土産に「うなぎボーン」といううなぎの骨をフライにしたオヤツを買いました。

とっても美味しいスナックでしたが脊髄という客観的な印象を改めて深めた次第です。

(うなぎが食べられなくなっても責任は持ちません。)

(うなぎとうなぎボーンに脊髄損傷との関係はありません。)

そして自分の場合は胸椎にあたる7、8番目の骨どうしが転倒したときの強い衝撃によって圧迫しあいグチャッとつぶしあうように骨折しました。

このような状態を圧迫骨折とお医者さんから説明をうけました。

だから自分の骨折した部位は通常の背骨のような形状はしていません。

骨どうしがつぶれて粉々になっているからです。

レントゲンの映像もその箇所はひとつの塊りのよになっています。

自分で文章を書いていて気分が悪くなってきました。

お読みになっていてご気分が悪くなるようでしたら止めてくださいね。

ちなみにこのような状態を幻視痛(ファントムペイン)と呼ぶらしいです。

自分の場合、完全不随の状態です。

不随ということは感覚も無く、機能しないことです。

同じような言葉に麻痺(マヒ)という表現があります。

不随という意味を調べてみると・・・

“体が思うように動かないこと”ーとありました。

一方の麻痺という意味はー”神経の障害によって運動機能や知覚機能が働かなること”ーとあります。

このことを僕が負った脊髄損傷の状況にあてはめてみると、背骨の骨折と同時に脊髄を通る神経も損傷することで、運動機能を失い体が思うように動かすことの出来ない、いわゆる”半身不随”の状態ということになります。

そして神経を損傷したことで不随および、皮膚の感覚という”知覚機能”も失い”麻痺”があるという説明になります(間違っていたらごめんなさい)。

ぼくの麻痺の程度は皮膚の感覚で言うと、だいたい乳首のあるところまででその下あたりから感覚はありません。

当然、足の太ももの部分や皮膚をつねっても痛くないのです。

胸や背中の上のほうならこんこんと叩く衝撃が伝わのであくまで「衝撃として」感じることはできますが、皮膚じたいに感覚はないので痛みを感じることができません。

この感覚がないという状態をわかってもらうことが難しく説明してもなかなか理解が得られず苦労することがしばしばあります。

悲しいかな分からない人は本当に分からないようです。

じゃあ一度なってみれば良いと思うのですが、人の不幸を願うわけには参りませんので心の中で毒を留めるのに必死です。

おそらく人は自分の理解している知識の範囲でしか物事を判断できない生き物なのかな?とも思いました。

さてこの感覚がないことがどんな不具合を招くかということを僕のトラブル事例としてご紹介します。

脊髄損傷のトラブル(事故)事例と対策!

では脊髄損傷あるあるとしてフツーなら激痛版をご紹介します。

比較的症状が軽い順番から説明します。全部で4つ紹介します。

足の爪(ツメ)が剥がれる!

家の中で車椅子に乗っているので廊下や曲がり角で足のつま先を柱などの角でぶつけてしまう事がたびたびあります。

お風呂に入るときや靴下をみると足の爪先付近から血が出ているのが分かります。

おや?何だろう?よく見ると爪がベロンと剥がれています。

普通なら激痛ですね。

でも感覚が無いので、痛みを感じることはありません。

でも、キズ口からばい菌も入って化膿することだってありますから、痛くないから平気とは言ってられません。

というワケで何らかの対策は必要です。

家の中で履くための靴も用意しましたが、足を圧迫するのであまり良い方法ではありません。

そこでふんわりした素材で出来ていて、シンプルなスリッパのように脱げやすくない形状おしたモコモコスリッパなどを履いておくことで対応しています。

お風呂で足首の踝(くるぶし)をケガ|突然の発熱と入院

旅行先のホテルでバリアフリー対応ではない部屋に泊まりお風呂で足をケガしてしまいました。

旅行先で車椅子の人間が過ごしやすいホテルを探し出すのはいつも苦労するテーマでアタマの痛い問題です。

車椅子で気軽に宿泊できる施設はまだまだ少ないのが現状ですから、バリアフリー対応のないホテルで脊髄損傷の人間が湯船に浸かるのはひと苦労です。

この時は浴槽の縁(フチ)から足が落っこちてしまい、足首の外側に骨が出っ張っているくるぶしの部分をタイル貼りの床に打ち付け皮膚が破れるケガを負いました。

ケガ自体はそれほど大したものではありません。

しかしくるぶし(踝)という場所が悪かった。

場所の悪さに加えて足が浮腫みやすい一日中車椅子で座りっぱなしの足首のキズ口はなかなか塞がってくれません。

そうこうしている内にケガ自体を負った日から半年以上経ったある日、足首から太ももまでパンパンに腫れて真っ赤になりました。

もちろん高熱で朦朧とする状態です。

そうなのです。菌が入ってしまったのです。

で、フラフラの状態で総合病院で数時間待って診察してもらったところ即入院となり抗生物質と点滴投与になりました。

足首の浮腫みを抑えなければ傷口が塞がらないのでたかだか擦り傷の治療のためにずっと安静状態です。

ちなみにこの時にはすでに傷口は広がり褥瘡になっていました。

ですから、脊髄損傷や頸損の人間にとってたとえ擦り傷と言え、放置したり治癒が長引くとこのような事態にもなりますから十分注意して下さいね。

気づいたらフライパンで大火傷(やけど)!

いまこの記事お読みの読者さんは自分でお料理は作ったりしますか?

ぼくもね一人暮らし時代はパスタとか作ってました。

でもねフライパンで太ももを大やけどしたんです。

何でって?

自分でフライパンを自分の太ももの上に置いたからです。

しかもちゅんちゅんのアツアツの出来たばかりのパスタが乗ったフライパンを。

普通は熱いどころか絶叫ですよね?

でも感覚が無いから、ガスコンロから降ろしたばかりのフライパンが太ももの上に乗ってもしばらく気づきませんでした。

で、なんか横っ腹が変な感じで突っ張るなあと思ったときに太ももの上にお皿を乗せていたつもりが実はフライパンだったというオチです。

なぜフライパンを置いたのか?

車椅子の人間は車輪を両手で漕いで移動しますよね?

だから両手で物を持ったまま移動が出来ません。

なので物を少し離れた場所まで運ぶときは膝の上に(太もも)置いて移動して運搬しますから、この行為がクセになってしまいます。

だからこのときも出来上がったパスタをお皿に盛りつけるために膝の上にお皿を置いて準備していたつもりが実はフライパンを膝に置いてしまったという超恐ろしいアクシンデントでした。

ついつい膝の上に何かを置いてしまうそこのアナタ!.お料理のときはフライパンを持つ手にくれぐれも注意して下さいね!

車椅子で転倒したら股関節骨折

さあクライマックスの事例がやってきましたね。

いま元気に文章をしたためているぼくの右股関節は折れたままです。

車椅子を必死のスピードで走らせていて歩道の段差に前輪のキャスターが引っかかり横倒しになりながら転倒しました。

運良く通りすがりの自転車に乗ったお兄さんが車椅子を起こしてぼくを乗せてくれました。

帰宅して念のためお尻や足に傷が出来ていないかチェックして問題がなかったので一安心でしたが異常に気づいたのは翌朝でした。

朝目覚めてズボンを履こうとするとなんか横っ腹からまた変な違和感と汗がじんわりと感じます。

これはマズイと感じたぼくは早速近くの総合病院へ向かいました。

整形外科を受診してレントゲンを撮ってもらうと案の定股関節が骨折です。

で、普通は痛いでしょう?

でもこのケースでも麻痺があるので痛みはありません。

(また違う意味でに痛さを感じることがありますが…)

でも、骨折なんだったら手術で治るでしょう?

残念ですが手術では治せないと担当医師は仰せです。

なぜなら骨折している部分が股関節の付け根の箇所であることから、人工股関節の方法となる。

だが脊髄損傷の場合は筋肉の緊張がなく人工股関節が脱臼を起こしやすいということ、さらに脱臼した先端が肉を突き破る危険性があることから手術は難しいという結論でした。

それに現在歩くことも痛みを感じない半身不随の状態であることも手術の必要性がないという理由でもありました。

こんな結論ですからさすがに1日だけ入院しましたが治療することもなく翌日には退院していました。

でも,やっぱり折れたままって気持ち悪いし嫌ですよね?

なのでぼくは脊髄損傷になったばかり頃から通院している京都市身体障害者リハビリテーションセンター付属病院を受診しいわゆるセカンドオピニオンを求めました。

異なる医療機関と医師から同じ見解と診察結果がでれば治療難しいという結果を出せるのではと思いました。

結果はやはり入院した病院でに診察結果とおなじです。

というワケで現在も右股関節が折れたままの人生を生きています。

なぜ股関節が折れたのか?

股関節が折れた原因はおそらく骨密度の低下と考えています。

脊髄損傷の身体となって数十年が経過すると負荷のかからない生活習慣が原因で骨が弱くなるようです。

入院していたころは両足に補装具を装着して両松葉で歩行訓練を受けていましたのでこの歩行習慣や立位を取る姿勢を毎日の生活で継続していればこの事態は避けられたかも知れません。

でも、退院した後はこのような訓練は現実的には難しく時間も必要です。

そもそもこうなった今だからこのように思うけれど、退院した当時にそんな発想はありませんでした。

もし、今脊髄損傷になったばかりならこのような想定と可能性を踏まえて骨の強度を保つための歩行訓練を受け続けるかも知れません。

でも継続は難しいだろうなと思います。

まとめ!30年以上の脊髄損傷生活の経験からのアドバイス

小さいアクシンデントやケガなどを入れると沢山の事例が有りますが今回取り上げたベスト5 が最強でダメージがいちばん大きいものだと思います。

障害を持つものにとって健常者以上にアクシンデントや突然の出来事に出くわします。

カスリ傷程度で済めば良いですが、ぼくのようにカスリ傷であっても入院にまで発展するケースは十分に起こり得るものです。

こうしたリスクを想定してぼくは念のためケガの補償を受けることができる保険に加入しています。

保険の補償内容は日常生活面で発生したケガに関係する通院や入院の費用を補償してくれます。

実際に股関節を骨折した時の補償を受けることが出来ましたのでやはり加入しておいて良かったと思います。

それ以外にも、コーヒーやお茶を淹れようとしてお湯を足にこぼしてヤケドしてしまった!なんてことはしょっちゅうです。

オッチョコチョイのぼくが悪いのですが、健常者の人よりもケガやアクシンデントがつきまとう環境であることは間違いありませんのでやはり加入は必要だと考えています。

幸いにもケガの保険などは生命保険に比べて脊髄損傷の障害者は加入しやすいものです。

実際にかんぽの生命保険は脊髄損傷の場合だと契約させてもらえません。

なのでせめてケガの補償だけでもキッチリ対応しておきたいと思っています。

大怪我を負ってからでは遅いですからね早めの加入をオススメします。

もしケガの保険加入がまだだったら下記の相談サービスを利用すれば予算と補償内容に合ったプランを提案してくれるので難しい保険選びがスムーズに進められますよ!
>>>たくさんある保険からぴったりの商品をピックアップする【保険見直しラボ】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


eighteen + fifteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人




オートバイ事故で脊髄を損傷し下半身不随の身体で50歳という年齢を迎えることができました。 交通事故で車いす人生を送ることになってしまいましたが30年間の中で色々とチャレンジしてきたことをこのブログでお伝えできればと思っています。 主なテーマはつぎのようなカテゴリーです。 ・障害や脊髄損傷に関すること ・オートバイとサイドカーに関すること ・エレキギターに関すること ・柴犬に関すること ・その他 取り留めない内容をお届けするかと思いますが、よろしくお願いいたします。