教員になるハズが大卒1年目から借金まみれの社会人生活!あなたの進学と奨学金は本当に夢を叶えるものですか?

管理人の知り合いに奨学金を借りて大学を卒業し借金を抱えるマイナスのスタートから社会人生活を送る方がいらっしゃいます。

お仕事も頑張っておられる様子ですし応援したい気持ちで一杯ですがやはり社会人生活1年目からいきなりの借金返済生活は経済的にも精神面でも負担は大きいご様子でよく愚痴をこぼしておられるのを耳に致します。

そんな借金ありの社会人さまを見て不思議でもあり理解できない部分があります。

なぜ高級車を購入できるほとの金額を社会人1年目から借り入れするのか?

借りたお金は返すのが経済社会のルールで有りますし、ご本人も重々ご承知です。

ですが、いざ返済が開始した時点で返済が生活を圧迫し経済的に苦しい状態に追い込まれる事に気付いていたのでは貴方さまの見通しが甘かった、あるいは身の丈に合ってないご進学とお借り入れだったのでは?と感じざる得ません。

もし借金のタイミングが大学進学ではなくて大学卒業時なら如何でしょう。

もし仮に就職も決まってない段階で仮にトヨタプリウスが欲しいと思っても返済能力が無い状態で数百万円の大金を借りて高級車の購入なんて普通出来るでしょうか?考えるでしょうか?

狂ってるとしか思えない

こんな正気の沙汰では無い金額の借り入れが出来る理由はおそらく学業進学の為や目指したい職業のためと言う真っ当すぎる理由が判断を曇らせ無理をさせているのではないかと思います。

実際に管理人の知り合いに教師を目指し奨学金をガッツリ借り入れて大学を卒業したものの教師採用試験で合格出来ず仕方なく大手スーパーのレジ打ちアルバイトで数万円を稼ぎながら返済に苦しむ方がいらっしゃいます。

現在の日本では少子化が進み学校閉鎖で廃校になり教師に採用されることはかなり難しい状況です。

教師になりたい人と教師に採用される枠取りに明らかな差がありモロで露骨な買い手市場の影響でふるいにかけられ良い人材(成績の良い人しか)しか採用されません。

聞いた話によるとめでたく教師採用されれば徳政令により借金は棒引きになるとの事。

関連記事⇒徳政令とは?

では教師採用を目指し頑張れば良いのかと言えば大学卒業した後、今更採用試験と面接を頑張ったところでもう能力と成績は大学卒業時点で確定されてるので努力のしようがないのです。

結果的に教師としての就職先は決まらず残ったのは20年間の長きに渡る返済生活だけになりました。

お気づきですか?

意地悪な表現になって申し訳ないのですがボロ儲けしているのは学校(大学)なんです。

教師として採用される極々小さな枠取りは優秀な人達に持っていかれあぶれた教師には成れないであろう方達が大学というビジネスのカモにされているのです。

小さな枠取りとは?

今現在教師として勤めておられる先生さまが順繰り定年で退職されるのを待っているだけに過ぎません。

従って本気で教師になるつもりなら進学する学校選びの時点で勝負は決まってくるのではと思うのです。

さらに在学中の成績も飛抜けて良くないと採用される可能性も低いでしょう。

その分野の成功者は5%しかいない

お金持ちでもスポーツでも人気や成績、実力の高い人達は全体の中の5%と言われています。

努力で5%に入れる可能性もあるでしょうしテーマや分野にもよりけりですがどんなカテゴリーであっても並大抵の努力と才能なくしては5%に入れる事が出来ないのは馬鹿の私でも分かります。

おそらくですがこの教師になりたい問題はこの5%に入れるかどうかまで今来ているのではないかと思います。

では最終的に教師採用試験に選ばれる5%の中に入るためには少なくとも中学から成績が上位5%に入っている事を目指し。

さらに高校でも同じように成績は上位5%以内。

もしかしたら上位5%の人達しか入学できない高校を目指す必要も出てくるかもしれません。

さらに大学も上位5%の人達しか目指せない大学に入学し、その中で成績も5%の順位を維持した中で卒業するという過酷な勉学耐久レースで入賞を勝ち取った人が成れる職業が教師なのかもしれません。

ここまで来たらもう超エリートの実力を持っておられるので果たして教師を目指されるのか疑問です。

いささか脱線してしまいましたがここまでの学業成績が本当に必要なのかは判断しかねますが買い手市場である事は間違いありません。

もし採用されなかったらと言う可能性は考えなかった?

テレビニュースや新聞を見ていたら少子化や廃校になり学校が減ってきていると言うことを知り得たハズ。

では自ずと教師に採用される間口は狭くなり試験に合格するのは難しくなるかもしれないしおそらくその様な状況になるだろう。

進学前に奨学金の借り入れ前にこのような見立てをしっかりとしていたなら無茶な借金をする事も回避出来たかもしれません。

まさか学校の先生さまを目指される方が「まあなんとかなるだろう」そんな甘い見立てで数百万円もの借金をするとは思えませんが、成績も学業も自信がお有りで決心されているのでしょう。

でも実際に自信がお有りの方が教師に採用されずあぶれておられるのならそれこそ5%の中に入る事を目指さなければなりません。

良いですか?本当にちゃんと考えないと人生台無しですよ!

前述の奨学金をガッツリ借り入れた挙句に教員採用試験で受からずバイト生活を送っていらっしゃる方は支払いが全て終わるのは40歳を過ぎる頃と伺いました。

奨学金の返済を抱えた状態ではご伴侶となる良いお相手さまと出逢われても奨学金の存在が足枷となるでしょう。

大卒給与の相場ほどが頂ける職業に就いたとして手取り20万円前後でしょうか。

そのお給料から奨学金の返済を充てて残りは15万円前後ですか?

実家暮らしなら不自由ない暮らしですが自立し一人暮らしとなると経済的にはかなり厳しくなるでしょう。

まあギリギリやっていけなくはないですが生活が苦しい事には変わりありません。

こんな生活していくだけの経済状況で自動車の購入など大きな買い物はかなり厳しくなります。

近頃では若者の車離れが進んでいると言う事態は興味が無いとの要因もあるでしょう。

しかしおそらく奨学金や経済的な問題でクルマを持ちたくても持てない維持できない事情があるのではと思います。

奨学金を借りて年収は300万円?

何らかの職業に就いものの採用されてからお給料が上がらず年収300万円の状況がおそらく何年も続くような職業に就くつもりなら絶対借りない方が良いでしょう。

結局、奨学金や大学を卒業するための投資ですがリターンを得たお給料が月20万円程度なら返済に苦しくなるのは当然のこと。

しかし就職して実力次第で年収400万や500万、40歳代に差し掛かるころには年収1千万だって不可能ではないご職業を目指されるのならこれは間違いなく奨学金は先行投資です。

夢があります。

従ってご進学される時にご自分の奨学金や学費がただ大学を卒業するためだけの資金となるのか、先行投資として投資額以上にリターンを得ることができる投資行為なのかをしっかりと検討しましょう。

負のスパイラルを生む

無茶な借り入れで経済的に喘ぐ生活を送れば結婚すら難しくなります。

お互い相思相愛でも同じ奨学金を借りた境遇なら二人合わせてイキナリ住宅ローンの返済額を抱えることになるでしょう。

例え結婚されたとしても子供さんの出産や養育費などお金がかかります。

夢のマイホームなんて言いますけど夢すら持てません。

こんな状況がさらに将来の不安を誘発しさらに少子化が進んでいる可能性はあります。

まとめ

なんだかネガティヴな内容ばかりになってしまいました。

申し訳ありません。

しかし先生さまに成りたい夢を持っておられるけど奨学金を借りてまで教師を目指す必要があるのかと無責任ですが思います。

人様の何かの役に立ちたい、子供さんに何かを通して成長の手助けをしたい!

このようなお気持ちを叶える方法は他にいくらでもあります。

手前どもの話しで誠に恐縮ですが脊髄損傷の障害を持つ障害者として小学校さま中学校さまから人権学習として授業の講師を賜った事がございます。

その中には全校生徒さま400人の前にして講演をさせて頂いた経験もありました。

人権学習や障害者といういささか特殊な事例ではありますが自分の持っている経験や能力を人さまにお役立出来ることは可能なのだと思いました。

ぜひご自分の趣味や経験などを活かした方法で子供さまと触れ合う機会をご検討されてみてはと思います。

中学しか出ていない馬鹿が偉そうに申し上げるのは気がひけますがこれから奨学金で大学進学を目指そうとしているお若い方達はどうか採用情勢とご自分の能力を良く良く考えた上でご進学とお借り入れを検討し良きご判断をお導きくださることを切に願います。

関連記事⇒いま生きるのがツラい人に!しんどい環境で頑張らなくても視野を広げれば自分らしく生きる方法はある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


20 + fifteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人




オートバイ事故で脊髄を損傷し下半身不随の身体で50歳という年齢を迎えることができました。 交通事故で車いす人生を送ることになってしまいましたが30年間の中で色々とチャレンジしてきたことをこのブログでお伝えできればと思っています。 主なテーマはつぎのようなカテゴリーです。 ・障害や脊髄損傷に関すること ・オートバイとサイドカーに関すること ・エレキギターに関すること ・柴犬に関すること ・その他 取り留めない内容をお届けするかと思いますが、よろしくお願いいたします。