脊損関連

脊損関連

脊損ズの就寝と褥瘡対策!クッションやマットレスで発赤予防できる?福祉事務所で利用できる制度は?

脊髄損傷にとって褥瘡は恐ろしいものです。 この恐ろしさはオカンを凌駕する存在ではないでしょうか? もしかしたら褥瘡はオカンなのかもしれません。 褥瘡予防への対応としては車いすに乗っている場合ならプッシュアップなどを思いつ…

脊損関連

脊髄損傷にとって辛いトイレの問題を解決する方法は?盲腸ポートの存在を発見!関西で手術できる病院は?

この記事では脊髄損傷の排便のしんどさを軽減する解決策として人工肛門と盲腸ポートを取り上げています。 トイレがスッキリしない。 摘便がツライ。 トイレの時間を短縮したい。 脊髄損傷にとってこんなトイレの問題を解決する方法を…

脊損関連

スズキソリオで車中泊キャンプを体験!荷物を減らす工夫とキャンプ旅行を快適にするアイテムは?

こんな疑問に能登半島へ柴犬を含めた大人3人でソリオの車中泊キャンプを実現した体験を元に解説してみます。 (犬は成犬なので大人1にカウントしています。つまり人間2人、犬1匹です。) 今回ソリオで3人での車中泊ドライブにおい…

脊損関連

電動車いすで電車の踏切りを横断する時のコツと注意事項!車いす初心者と介護者は絶対にこの記事を読んで!

自転車を乗りながら踏切りを渡る時にうっかりレールにタイヤを取られて転倒したとか、コケそうになって「ヒヤッ」としたという体験を持つ人は意外に多いのではないでしょうか? 自転車のハンドル操作が悪ければ転倒してしまいそうになる…

脊損関連

身体障害や病気を抱えることで結婚と将来への不安にどう向き合うのか?社会から必要とされるために心がけて置きたい事

32年前の昭和61年6月2日にオートバイ事故で脊髄を損傷し緊急搬送された僕は入院中の病院で障害者認定を受けました。(じっさいオッサン) 入院中は車いすなしでは生きていけない身体となってこれからどうやって仕事を見つけ生きて…

脊損関連

【情報発信】近鉄特急で感じたバリアフリーの問題と訪問した三重県桑名駅で体感する昭和ノスタルジーをレポートいたします!

三重県で有名な場所や観光地といえば伊勢神宮がある鳥羽市や松阪牛で有名な松坂市が思い浮かぶかもしれません。 個人的にはオートバイレースのモトGP(moto gp)や世界最高峰の自動者レースF1などが開催される鈴鹿サーキット…

脊損関連

知ってます?ロホクッションの画期的なパンク修理方法と褥瘡予防に効果的な車椅子用クッションの選び方

障害者やお年寄りの日常生活に無くてはならない車いす。 しかし毎日の乗り物であるには腰痛や褥瘡の心配が付き物であまり快適な乗り物ではありません。 今回は車いす用のクッションとして快適で褥瘡になりにくいアイテムを実際に使用し…

脊損関連

脊髄損傷の障害者が健常者のお嬢様と結婚!?親御さんの障害者に対する偏見と戦うには開き直るメンタルが必要って知ってる?

人間誰もが幸せを求めていらっしゃると思います。 その幸せの方法として代表が結婚というシステム。 (結婚だけが幸せの方法だろうか?) 脊髄損傷の障害者であっても想いを寄せるお嬢様と出逢えば結婚を考えるのもごくごく自然な事で…