アップルペイでキャッシュレス化の方法は?クレジットカードをウォレット登録でリスクやデメリットは?


【このページではアイフォンでキャッシュレス決済を行うためにクレジットカードやプリペイドをアップルウオレットに登録しアップルペイを導入する手順をまとめています。】

2019年10月に運用される10パーセントの消費税率を前にキャッシュレスでの決済には5パーの消費者還元が得られるメリットもあり世間では現金離れの動きが加速しているようです。

スマホも爆発的な普及を見せている背景と各種電子マネーの存在もあり政府としても、そろそろもう小銭でジャラジャラやるのは止めましょうよ国民の皆さん!という安部さん手動の実行計画ソサエティ5.0からの提案です。

実際には僕も大きな金額の支払いはクレジットカードを利用していますが、生活面の全てにおいてキャッシュレスの環境ではないのです。

政府主導のキャッシュレス化の流れに乗るのはなんだか「シャクな」ような気もしますが、やはりコンビニのレジで小銭をジャラジャラするのも確かに面倒なものです。

せっかくアイフォンも持っている事ですし、Apple Payで「ピコーン!」と決済できるのは魅力的です。

生活を便利にするためのスマホ活用方法としてキャッシュレス化は取り組むべき事案だとも感じます。

そこでアップルペイでキャッシュレスを導入するにはどんな方法があるのか?

単純にクレジットカードを設定するだけで済む問題なのか?これら詳細を確認してみました。

その結果ぼくは端末をアイフォン7に買い替えながらキャッシュレス化の対応を行いました。

たた単純にキャッシュレス化しただけでは面白くないので生活環境でメリットがあるように日々のお買い物の決済場面でもポイントができるだけ貯まる方法を検討しました。

では詳細を記事でご確認いただければと思います。

Apple Payで始めるキャッシュレス化と方法

アップルペイでキャッシュレス化を導入するには何らかの電子マネーが必要です。

電子マネーにはクレジットカードとチャージする方法で使うプリペイドタイプのカードに分かれます。

いずれかの電子マネーをアイフォーンにデフォルトでインストールされているアプリ【アップルウオレット】にカードを設定します。

iPhoneに電子マネーの情報を設定できればあとは実際のお買い物の場面で決済するカードでの支払い対応している店舗のレジで読み取りリーダーにかざすだけとなります。

導入ハードルとしてはそれほど難しくはないイメージです。

とりあえずは現在使っているクレジットカードをApple Walletに設定すればキャッシュレス化はスタートできます。

Apple Walletにクレジットカードを登録するリスクは?

次の問題は安易にクレジットカードをアップルペイに設定してトラブルなどは無いのか?というところです。

クレジットカードをアイフォンに設定することにいささか不安を感じてしまうのは僕が古い人間だからでしょうか?

カード情報を読み取られるのでは?うっかりアイフォンを落として悪用されたら!と根拠のない心配がよぎります。

こうした安全性への懸念はApple公式サイトで次のような回答をしています。

決済に対してプライバシーとセキュリティ

  • クレジットカードの番号は端末本体にもアップルのサーバーにも保存されない仕組み。
  • アイフォンやアップルウオッチを盗難される紛失するトラブルが万一発生しても端末を早急に紛失モードに対応することで悪用を防止できる。
  • Apple IDのアカウントにログインしてカード情報を削除することも可能。

>>>アップルペイアナウンスページはこちらからどうぞ!

Appleのこうした対策によってクレジットカードを端末に設定しても安全に利用できると確認できます。

でもよく考えて見ると最近の多くのスマホは指紋認証のセキュリティ装備を備えている様にアイフォン5s以降の端末ならタッチIDを利用していれば本人しか操作できません。

ですからクレジットカードを単体で店舗で決済に利用するよりは遥かに安全性があると言えます。

実際に発生した不正利用の事件ではレジで店員さんにクレジットカードを手渡しカード番号などを瞬時に暗記し悪用する事例も発生してます。

スキミングなどの方法でカード情報を抜き取られるという事件も過去にあったのでアップルペイを使った決済方法が安全面でも確実と言える印象を持ちますね。

少なくとも先日世間を賑わせたセブンペイのように入金している資金が不正に引き出されてしまうというシステムではないということになります。

決済に利用するクレジットカード会社のセキュリティシステムでも対策されていますし、不正利用に対してはカード会社の保険が適用されます。

Apple WalletとApple Payのシステムは安全性が確立されていて問題はないと判断します。

さて次はどんなクレジットカードをアップルウォレットに設定できるのか?という疑問です。

アップル公式サイトではほとんどのクレジットカードをアップルウォレットに登録しアップルペイに利用できると回答しています。

ぼくは最近、メインカードとして作ったばかりのマスターカードブランドで発行した【シェルPontaクレジットカード】をメインカードとして決済に利用します。

  • シェルPontaクレジットカードのメリット

シェルPontaクレジットカードはガソリンスタンドのシェルで給油することでポイント還元のメリットがあります。

ショッピングなど通常のカード決済の場面でもポイントの発生率は1%なので悪くはありません。

ぼくはホンダN-BOXからスズキソリオへとクルマを乗り換えたことでキャンプや旅行に車を活用する予定です。

そこでガソリン代をお得にできるクレジットカードとして【シェルPontaクレジットカード】を選んでいます。

>>>ガソリンがお得になるシェルPontaクレジットカードはこちらからどうぞ!

クレジットカードをアップルウォレットに登録するいくつかの方法

クレジットカードをアップルペイあるいはアイフォンに設定しキャッシュレス決済する場合にはいくつかの方法でアプローチできます。

ぼくが確認できた方法を紹介します。

  • カードをアップルウォレットに設定
  • QUICPayでアップルウォレットに設定
  • d払い(ドコモアカウント)アプリにクレジットカードを登録

現段階でクレジットカードをアイフォン上に設定するキャッシュレス決済方法として上記のアプローチが可能だと確認できました。

では詳しく説明します。

  • クレジットカードをアップルウォレットに設定

シンプルに利用しているクレジットカードをアップルウォレットに設定するだけなので別途にアプリケーションをダウンロードする必要もありません。

手順もきわめて簡単です。

ですが発行しているクレジットカードのブランドによって若干の方法の違いが出てきます。

QUICPayをアップルウォレットに設定

クレジットカードをアップルウォレットに登録する上でQUICPay(クイックペイ)を利用できます。

クイックペイ対応のカードならアップルウオレットへの設定で自動的にクイックペイの登録になります。

ぼくはシェルPontaクレジットカードを【MasterCard(マスターカード)】ブランドで発行しているのでQUICPay(クイックペイ)を活用できます。

クイックペイはマスターカード以外に【JCB】のカードブランドが対応しています。

クイックペイ導入のお店でアップルペイでの決済が可能になります。

クイックペイのメリットはカード会社のセキュリティ対策に併せてクイックペイ側でのセキュリティ対策も働くのでより安全にアップルペイを活用できます。

クイックペイをアップルウォレットに設定しておけば決済に利用するカード会社でのポイントが還元されるだけでなくQUICPayを利用することでの割引特典も受けるメリットもあります。

ぼくが発行したマスターカードブランドではQUICPayでの利用でキャンペーン特典はない様子ですがJCBブランドではキャッシュバックキャンペーンも展開されています。

クイックペイで対応しているカードはJCBとMasterCardブランドだけではありません。

ぜひ安全にアップルペイを活用するためにもお持ちのカードがクイックペイ対応のブランドなのかチェックしておきましょう。

対応ブランドならQUICPayで設定は必須です。

>>>クイックペイはこちらからどうぞ!

  • QUICPayをアップルウォレットに設定する方法

利用するクレジットカードを手元に用意しアップルウォレットアプリを立ち上げガイダンスに沿って手順を追えば問題なく設定を完了できます。

ではざっくりと手順を解説します。

  1. 手順を進めると自動的にカメラモードで立ち上がるのでカード番号が記載された面を読み取ります。
  2. カード裏面のセキュリティコードを入力。
  3. SMSに認証コードが送信されるのでこの番号を入力。

これで設定作業は終了しアクティベートは完了します、お疲れ様でした!

d払い(ドコモアカウント)アプリにクレジットカードを登録

アップルウォレットアプリ以外のキャッシュレス払いの方法としてNTTドコモが運営するd払いの活用を思いつきました。

d払いは専用アプリをアイフォンにダウンロードしクレジットカードを登録し表示されるバーコードをどちらかの端末で読み取ることで決済が可能です。

調べてみるとぼくのシェルPontaクレジットカードで利用できることを確認できました。

少額の支払いには利用せずに千円以上の支払に利用すればドコモのdポイントもシェルPontaクレジットカードでの利用ポイントも貯まります。

つまりポイントを二重取りできるワケです。

別途に同じドコモで発行しているdカードプリペイドカードも活用すればポイントも上手に利用できます。

設定さえしておけばd払いが可能な店舗で利用することができますので活用することにしました。

手順としてはカンタンな内容ですし、説明するほどのボリュームではないのでここでは省略します。

セキュリティ上での対策ももちろん問題なくタッチIDでしかアプリが起動しない仕組みですから安全です。

クレジットカードをApple Payに設定するデメリット

安全面とセキュリティの対応を確認できましたが、クレジットカードをアップルペイに設定しで数百円ていどの少額決済に利用することへのデメリットがあるのではと思います。

そう感じる理由としてはクレジットカードの利用履歴が数百円の決済も増えてしまうことでごちゃごちゃして確認がしにくくなるのではと思います。

たしかにすべての支払いをクレジットカードで利用しておけばポイントも発生しムダがありません。

けれど利用履歴でいつ?何にどれだけの金額を使ったのか確認するときの履歴が細かく大変になるので全ての決済をクレジットカードで対応するのは問題がありそうです。

ですのでクレジットカードをアップルペイに設定し決済に利用するのは数千円単位の金額になる支払いに活用すれば利用履歴も確認しやすくなる状態を維持できるのではと思ってます。

問題は面倒な少額の支払いをどんな方法で対応するかということになります。

この問題の解決としてはプリペイドカードとの併用で対応できそうです。

プリペイドカードをApple Payに活用

現金をチャージし読み取りリーダーなどに通すことでキャシュレス機能を果たすプリペイド式カードがあります。

ICOCAやSuicaなどの交通系ICカードと呼ばれる電子マネーも同じ機能です。

ぼくは日常的に電車で移動しないのでSuicaなどの交通ICカードはメリットが無く所有していません。

ですから交通系ICカードでは無く、ぼくの利用環境に合ったプリペイドカードを選ぶことでメリットも生まれ少額決済のキャッシュレスにApple Payを利用できます。

もし毎日の通勤で交通機関を利用するのであれば持っているSuicaなどをアップルウオレットに登録することで簡単にアップルペイをスタートできますね。

さて問題はぼくの生活環境にマッチしてポイントもじゃばじゃば貯まるメリットがある電子マネーを選ぶことです。

そこで色々と情報を集めたまたますでに所有しているプリペイドカードを含めていくつかの候補を挙げてみました。

メリットがあるプリペイドカード4選

現金をチャージして利用するプリペイドカードは多くの会社が発行し選択に迷います。

生活環境によっても得るメリットがまったく変わるのでニーズに対応したプリペイドカードが多く存在するのも納得できます。

そこでぼくの生活環境でメリットが得られ利便性が高いと期待できるプリペイドカードを4つピックアップしました。

  • au wallet(auのスマホを契約していた関係ですでに所有していた。)
  • おさいふPontaカード
  • dカードプリペイド
  • Line Payプリペイドカード

なぜこれらのカードを選んだのかという理由はやはりコンビニやドラッグストアなどでドリンクや食べ物、日用品を購入する機会が多いと考えたからです。

つまりここでピックアップしたカードはコンビニなどの決済に利用することを想定しメリットがあるように仕組みが作られているからです。

もちろんカードごとにそれぞれ特徴や得られるメリットも細かな点で違いますので詳しく調べ確認する必要があります。

【関連記事】消費者還元制度のメリットあるプリペイドカードは?auWallet.おさいふPontaカード. LinePay.ドコモdカードプリペイドをピックアップ

まずぼくはここでピックアップしたカードを手配しメリットや使い勝手をチェックした結果、メインで活用するプリペイドカードは先ほども触れたdカードプリペイドが便利だと感じました。

dカードプリペイドの特長を簡単に触れておくとコンビニのローソンでの支払いにメリットがありポンタカードのポイントとも連携が図れます。

dカードを支払いに利用すればdポイントも貯まりポンタポイントに相互移動することができるのです。

アップルペイで決済に利用するクレジットカードはポンタポイントが貯まるシェルPontaクレジットカードであることも大きなポイントです。

じつはdカードプリペイドを実際に活用する時点で利用していたアイフォン6ではアップルペイに対応していないことが判明しました。

当然ぼくは悩みました。

しかしキャッシュレス化の時代にもなってきているし、実際問題コンビニのレジで1円2円をじゃらじゃら探すのも面倒です。

使っていたアイフォン6も快適に動作していますがチップのスペックも古くなってきているのは反応の遅さと端末からの発熱でしみじみ感じてます。

なのでもう思い切ってアイフォン7に端末を買い替えることにして対応しました。

ちょうど格安スマホ・SIMサービスのOCNモバイルがキャンペーン展開でアイフォン7を安く買えるチャンスでもあったのがタイミング的にもラッキーでした。

>>>月額972円(税込)からの格安SIM「OCN モバイル ONE」はこちらからどうぞ!

OCNモバイルとdカードプリペイドのメリットや特長などもっと詳しい内容はまた別の記事でまとめさせていただく予定とします。

まとめ!

アップルペイを導入するための情報をまとめてみました。

クレジットカードをアップルウオレットに登録するうえでの安全性とセキュリティ対策についても確認し安心して利用できると分かりました。

クレジットカードを設定したアップルペイで決済すると利用履歴が細かくなるデメリットが発生するので個人的な運用ではプリペイドカードとの併用で対応する方法を考えてみました。

ぼくはシェルPontaクレジットカードを使っているのでポイントの移動ができるdカードプリペイドにメリットがあると感じましたが環境が変わるとまた判断も違ってくるのではと思います。

そんな意味ではプリペイドカードはいくつか持っていても良いのではと思いました。

プリペイドカードはクレジット機能を備えてないので万一紛失しても悪用される危険性はありません。

ただデメリットとしては現金チャージが前提なので複数のカードを利用すると大切なお金が分散してしまうので注意が必要です。

そんな管理をしっかりしておけばポイントカードとしての機能も果たすプリペイドカードは現金でお買い物をするよりもムダがなくキャッシュレス化を導入できる手軽で便利な電子マネーだと感じます。

今回はアップルペイを展開するためにぼくはスマホをアイフォン7に買い替える初期投資まで必要になりましたがシェルPontaクレジットカードとdカードプリペイドの併用でポイントもムダなく貯まりレジでスムーズに支払いができるのは個人的にはとても快適です。

キャッシュレスの便利さは客側の視点として快適なのはもちろん、店舗さんや店員さんの立場でもかなり作業量が減って快適なのではと思います。

アイフォンでのキャッシュレス化ぜひご検討ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


12 + 20 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人




オートバイ事故で脊髄を損傷し下半身不随の身体で50歳という年齢を迎えることができました。 交通事故で車いす人生を送ることになってしまいましたが30年間の中で色々とチャレンジしてきたことをこのブログでお伝えできればと思っています。 主なテーマはつぎのようなカテゴリーです。 ・障害や脊髄損傷に関すること ・オートバイとサイドカーに関すること ・エレキギターに関すること ・柴犬に関すること ・その他 取り留めない内容をお届けするかと思いますが、よろしくお願いいたします。