【マイネオ 】通信速度とメリット・デメリットを評価!実際に使って見た印象を徹底レビュー!

この記事では格安スマホサービスの1つマイネオについて実際に使って見た感想をもとに通信速度やメリット・デメリットについて評価しています。

この記事を最後まで目を通して貰えばマイネオの特徴と導入の不安は解決されます。

スマートフォンの月額料金をもう少し安くできないかなと考えたことはありませんか?

近ごろの携帯端末のハイスペック化とパケット通信の大容量化にともないスマホの月額料金は¥10,000を超える事例も発生してきているようです。

参考までにソフトバンク公式ページでiPhoneXRを24回の分割払いの条件で50ギガのデータ通信契約で見積もりしてみると¥10,358の結果となりました。

もちろん概算の条件なのでプランの内容を調整すればこの金額より低くすることも可能です。

しかしスマホ料金が高額化してきている傾向を示す一つの結果ではないかと思います。

もし仮にスマホ1契約が月額1万円を払うこの条件であれば4人家族なら単純に計算して年間48万円にのぼります。

色々と生活コストがかかる中で固定的な出費になるスマホの月額料金は見直しをかけたいひとつではないでしょうか?

そこで検討したいサービスが格安SIMサービスのマイネオ(mineo)の存在です。

ぼくは実際にマイネオのデーター通信プランのSIMカードを契約しスマホの月額料金を通話分含めて約2000円に抑えることになりました。

もし身近な人からマイネオを使えば携帯料金を安くできる?と質問されれば自信を持って「安くできる!」と答えます。

でも初期設定が大変そう・・・

もしかしたらこんな不安があるかもしれませんね。

ぼくも格安SIMを使うまでは初期設定など難しそうなイメージを持っていましたが、全然問題ありません。

そこで今回はマイネオのSIMカードを契約した経験をもとに導入方法の疑問やメリットやデメリットを含めて評価したいと思います。

マイネオを検討しているけどイマイチ不安という方の一助となれればうれしく思います。

ではよろしくお願いいたします。

マイネオ(mineo)とは?

マイネオは関西電力グループのケイ・オプティコムが運営するMVNOと呼ばれる携帯電話サービスのひとつです。

MVNOとは?

MVNOは正確に仮想移動体通信事業者と呼ばれていてNTTドコモやKDDIなどが保有する携帯会社の通信システムを利用したサービスを言います。

つまり仮想移動体通信事業者は通信設備を持たずに回線を借り受けることで携帯料金のコストダウンを図ったサービスを提供することを目的としています。

マイネオが提供する通信回線はdocomo、ソフトバンク、auの回線に対応していますので、大手携帯ショップで契約したスマホをそのままマイネオでも使うことができます。

マイネオの料金体系と安さの理由

mineo(マイネオ)には大手携帯ショップの契約内容に存在するような基本料金という考え方はなくシンプルで分かりやすい料金体系になっています。

大まかな料金構成は下記のようになります。

データー通信プラン+通話料金+オプション(10分無料通話プランやビデオオンデマンド)

他に発生する費用としてはマイネオでシムカードとセットでスマホ本体を購入していれば分割代金などが発生してきます。

しかしこの場合でも千円程度の通信プランを選択しておけば大手携帯ショップの料金と比較して大幅に月額料金を下げることになります。

もし他社携帯キャリアからの乗り換えで端末代金の割賦払いが終了している端末を使えば発生する費用はデータ通信料金だけになります。

この条件ならシムカードをマイネオに変更するだけで携帯料金を2000円以内に収めることは充分に可能となります。

こんなに安くできる理由はマイネオのデータ通信プランが細かく設定されていることがポイントです。

データ通信のプラン設定は500MB(メガバイト)から用意されています。

では各回線ごとの通信プランと容量をチェックしてみましょう。

「マイネオの料金プランと6段階の容量」

通信容量と料金プランは段階的に設定されていて6つのコースから自分の利用状況にあったプランを選ぶことができます。

しかし上記料金表のようにマイネオの月額料金はデーター通信容量によって大きく変わります。

例えばauブランドのスマホが使えるaプランの3ギガコースでは¥1,510ですが一方のドコモ(Dプラン)では¥1,600になります。

ソフトバンクのSプランだと¥1,950という月額になります。

通信容量が10ギガ以上になれば月額料金は¥3,000を超えてくることにも注意が必要です。

つまりデータ通信容量を大きく消費するようなスマホの使い方であれば格安SIMであるマイネオのメリットが活かせない結果になります。

もし通勤中の電車でHuluやU-NEXTなどのビデオオンデマンドサービスでの映画視聴やスマホゲームを楽しむことが多いのであれば携帯キャリアでの大容量プランがセットになった契約の方が経済的となるケースも考えられます。

ですが日ごろスマホでネット接続したサービスを使うこともそれほど多くなく、自宅での光回線を使ったwifi環境が中心であればマイネオを検討する余地は十分にあります。

ぼくは現在マイネオで3ギガのプランを契約していますが、ひと月に使うデータ通信量は1ギガ程度しか使わないので毎月ほとんどの容量が残ります。

マイネオではデータの繰り越し機能がありますから3ギガコースを契約するぼくの条件ではいつも月初めに6ギガを利用できる状態です。

これぐらいのデータ通信の使用状況なら大手携帯キャリアから格安スマホに乗り換えた方が絶対にお得になります(断言できます!)

マイネオの料金体系ポイント

・データー容量が多いプランだと月額料金は高額になり大手携帯キャリアのスマホ代とさほど変わらないことに注意。

・大容量のデータ通信を必要するなら大手携帯キャリアの契約の方が経済的となる可能性もあり。

・データ通信容量をそれほど必要しないならマイネオで月額¥2000代にするのは十分可能。

・データ繰り越し機能があるので容量をたっぷり使うことができる。

マイネオの通信速度を評価!

データ通信をそれほど必要としない状況ならマイネオのメリットがでてくるということがお分かりいただけたのではないでしょうか?

でもそれほどデータ容量を必要としない条件であっても、やはりネットにつなげたときの速度や通信スペックが気になりますよね。

格安SIM/スマホの評価が良くない理由としていちばんの問題がピークタイムなど通信が集中する時間帯での速度低下です。

実際にぼくのまわりでも「ある格安シム会社」の契約プランに乗り換えたけれどピークタイムでは使い物にならないと聞きます。

そこで実際にマイネオの通信速度をスピード測定ツールとユーチューブ映像をキャプチャーしたもので評価してみます。

まずは通信速度から見てまいりましょう。

「グーグルのスピードテストを使ってチェック」

今回のグーグルスピードテストの結果では2.49Mbpsの数値です。

測定結果の解説には低速とあるので良い結果ではない印象を持ちますよね?

ではこの数値にてストレスなくネット接続できるのかを評価するためにユーチューブ動画映像をキャプチャーした画像を下記に掲載します。

女性ギタリストで人気アーティスト「Rei」さんの演奏動画を実際にスマホで流した映像となります。

動画の読み込みもスピードも問題なく快適に閲覧が可能でした。

ぼくが使用する端末は今では型遅れのiPhone6なので最新型の端末であればもっと快適に視聴できる条件だと思います。

ユーチューブ以外にもアマゾンのビデオオンデマンド「プライムビデオ」でも映画作品が問題なく再生できるかチェックしました。

残念ながらプライムビデオでのアプリ制限機能が働き映像画面をキャプチャーできなくなっています。

実際の画像を掲載できなくて申し訳ないですが、再生ボタンをクリックしたあとスムーズ読み込みが始まり作品を観ることが可能です。

画面がカクカクしたり、映像がボヤけるという状況は見られません。

こちらの記事でもマイネオの動画クオリティを詳しくチェックしています。

【関連記事】マイネオ の通信速度と動画クオアリティ

マイネオの開通方法とAPN初期設定

格安スマホに興味はあるけれど初期設定などが不安でマイネオに変更するのをためらう場合もあるかもしれませんね。

でもそれほど複雑な設定を行うワケではありません。

ネットワーク設定あるいはプロファイルと呼ばれる手順を済ませるだけです。

このネットアーク設定はアイフォンとアンドロイド端末によって操作が若干違いますがガイドブックの内容に沿って進めるだけのものです。

時間でいえば数分程度の作業となります。

説明書はマイネオの契約後に郵送されるSIMカードと一緒にガイドブックが同封されています。

マイネオ公式サイトにもユーザーサポートページが用意されているのでSIMカードを契約前に初期設定方法など確認しておくこともできます。

>>>mineoユーザーサポートページは公式サイトからアクセスできます!

シムカードが届く前にネットワーク設定の手順と方法をあらかじめ把握しておけば実際の作業もスムーズに進めることができます。

でももし本当に不安ならマイネオの実店舗でスタッフさんのサポートを受けることも可能ですから安心できる体制をとっています。

マイネオの特徴と便利な機能

マイネオのデータ通信プランを使っている1人のユーザーとして便利だと感じた機能があり紹介します。

マイネオの便利な機能と特徴
  • データ繰り越し
  • フリータンク機能とパケットシェア
  • 契約プラン変更
  • 節約モード
  • データ繰り越し

    データ繰り越し機能については当月分のデータ容量を翌月に繰り越して使えます。

    繰り越した容量分は使い切れなかった場合、月末で消滅してしまいます。

    フリータンクとパケットシェア

    パケットシェア機能は使い切れないデータ容量をフリータンクへ提供したりデータ容量が足りないピンチの時にパケットを活用できるサービスです。

    月末に消滅してしまうデータ容量をフリータンクに送ることでマイネオユーザーであれば引き出して利用できる機能がパケットシェア機能と呼ばれるものです。

    マイネオ以外の格安SIMをいくつか契約しましたがパケットシェア機能があるのはマイネオだけです。

    繰越しパケット分が消えちゃう前にタンクに入れるもヨシ。

    データ容量を使い過ぎたピンチの時の助けてもらうことができるのもマイネオの魅力です。

    契約プラン変更

    マイネオでは月単位でデータプランを変えることができます。

    年間を通して3ギガ程度の通信プランで充分な利用状況でも例外的に通信容量がたくさん必要な場合もありますよね?

    例えば家族旅行で数日間、自宅から離れてしまう時などはスマホでまとまった容量を使うケースも発生します。

    そんな時などは月末までに料金プランを変更しておけばイベント予定のある翌月の容量不足に対応する事ができます。

    ただし月末の25日までに手続きしなければ翌月のプラン変更に反映されませんので注意が必要です。

    この条件だけ押さえていれば柔軟に対応できるマイネオは使い勝手が良い格安SIMサービスだと思います。

    マイネオの節約モードとは?

    少ないデータプランを選ぶことでスマホ料金を抑えることができるのがマイネオのメリットになりますので逆に言えばデータ容量に余裕がないのが格安シムのデメリットです。

    いざという場合にはパケットシェアの機能も利用できますが、さすがに使い放題ということではありません。

    なので消費するデータ通信量はできるだけ抑えておきたいですよね?

    そこでマイネオでは節約モードの活用でデータ通信容量をあまり消費させずに通信状態にできる仕組みを作っています。

    例えば仕事中でスマホを操作しない状態のときは節約モードに切り替えて待機状態にしておくことでデータ容量を温存できます。

    ぼくは高速道路を運転中の時は節約モードに切り替え、グーグルマップのナビ機能を使ってデータ容量を消耗させずに長距離ドライブに役立てています。

    こんな使い方ができるので3ギガ程度の容量でも工夫次第で充分に活用できるのではないでしょうか?

    マイネオの契約方法と解約

    マイネオを契約する場合の流れを大まかに説明いたします。

    マイネオ契約の流れ
  • 利用するスマホの準備あるいは対応機種の確認
  • シムカードサイズの確認
  • 利用したい通信回線を選ぶ
  • データ容量プランを選ぶ
  • オプションサービスを検討する
  • SIMカードの契約と支払い
  • このような流れになります。

    契約の時に特に注意して置きたい項目がシム(SIM)カードサイズだと思います。

    アイフォンの場合はnano(ナノ)シムサイズを選択しますが、利用する端末のキャリアや回線によって同じサイズでもそれぞれ種類が違います。

    なのでお使いになるスマホ本体に適合するシムカードをしっかりと把握して置きましょう。

    契約手順の最後に料金決済をクレジットカードで行います。

    もしクレジットカードをお持ちでなければお早めに作って置くことをおすすめします。

    マイネオを契約する場合に用意するもの
  • メールアドレス
  • 契約情報がと手続き完了の通知がメールアドレスに届きます。

  • IDとパスワード
  • マイページへのログインに必要となります、任意の英数字を組み合わせたアカウント情報となります。

  • クレジットカード
  • 料金の支払いはクレジットカードでの決済となります。

    マイネオの解約で違約金は発生する?

    マイネオの解約はマイネオマイページにログインして手続きを行います。

    解約後のシムカードの扱いは下記のようにアナウンスされています。

    それぞれの回線ごとに扱いが違いますので注意してください。

    データ通信だけのシムカード契約であれば、解約時に違約金は発生しません。

    ですが!MNP制度を利用した電話番号を以前の携帯会社から引き継いだ乗り換えであれば12ヶ月以内の解約ならかなりの金額の違約金が発生します。

    上記の説明ではマイネオ開通から12ヶ月の期間で解約する場合は¥15,660が携帯電話番号ポータビリティ(mnp)の解約時にかかる諸費用とありますのでくれぐれもご注意ください。

    マイネオ解約の注意事項
  • 解約ページ
  • マイネオユーザーサポート解約方法

  • SIMカードの扱い
  • ・返却不要(auプラン・ソフトバンクプラン)

    ・返却が必要(ドコモプラン)

    郵送先
    〒530-8780
    日本郵便株式会社 大阪北郵便局 私書箱75号
    株式会社ケイ・オプティコム お客さまサポートセンター mineo係
  • MNP乗り換えなら違約金が発生
  • 12ヶ月未満の解約は¥15,660の違約金

    マイネオのメリット・デメリットまとめ

    マイネオのシムカードを使うユーザーとしてデメリット・メリットがどれほどのものか評価したいと思います。

    マイネオのデメリット

  • データ容量に余裕が無い
  • スマホの月額料金を下げるにはデータ容量の少ないプランを選ぶ必要がありますので通信容量に余裕がないのがマイネオのデメリットにあたる部分かと思います。

    しかしデータ繰り越し機能や節約モードを上手に活用しておくことで、少ないデータ容量でも充分対応できます。

    実際、ぼくの使用環境のなかでは3ギガの契約容量分を使い切ってしまったことはありません。

    6ギガのプランまでなら¥2000代の料金ですから、スマホの端末代金が発生しても通信料金と合わせて月額4000円代に収まるのではないでしょうか?

    6ギガの容量なら余裕もありますし、月額料金もまだまだ安いと思える金額です。

    なので結論的にはデータ容量でのデメリットは無いということになります。

  • 契約を自分で完結しなければならない
  • 携帯ショップなら店員さんにほぼ丸投げで契約できますがマイネオではインターネットから自分で全て手続きしなければなりません。

    でもマイネオの公式ページにアクセスしてもらうとチャット機能やユーザーサポート の存在を確認できますよね?

    マイネオではこれらのサポート機能で疑問を解決できるように工夫されています。

    さらにネットでの契約やご自身での初期設定が不安ならマイネオ実店舗でのショップサポートを受けることも可能です。

    これらのサポートを活用すれば不安なくスマホ料金の節約にマイネオを役立てることができます。

    マイネオのメリット

  • マイネオの料金体系
  • 通信容量を必要としない環境なら最安の500メガプランを選ぶことができる。

    たくさんのネット接続が必要なら通信容量を変更し、状況に合わせた柔軟な契約変更ができるのはとても便利です。

  • マイネオの便利な機能
  • データ繰り越し
  • フリータンク機能とパケットシェア
  • 契約プラン変更
  • 節約モード
  • 上記4つの特徴と機能がいくつかの格安シムを使ってきてマイネオがいちばん使い勝手が良くできてるのではと思っています。

    データ繰越し機能のおかげで3ギガプランの通信契約が実質、6ギガのコースを選んでいるのと同じ条件になっています。

    6ギガあればプライムビデオで映画を十分楽しめる通信容量ですから使い勝手が良いのは間違いないです。

    結論としては機能と通信スペックを含めてデメリットは今のところ感じていません。

    マイネオを使うユーザーとして自信を持って「良いですよ!」とおすすめできる格安SIMサービスだと思っています。

    携帯料金を見直したいと考えておられるならマイネオ公式ページから料金シュミレーションができるので一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

    マイネオ料金シュミレーションはこちら!
    >>>あなたのスマホそのままで使える!mineo

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    20 − three =

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人




    オートバイ事故で脊髄を損傷し下半身不随の身体で50歳という年齢を迎えることができました。 交通事故で車いす人生を送ることになってしまいましたが30年間の中で色々とチャレンジしてきたことをこのブログでお伝えできればと思っています。 主なテーマはつぎのようなカテゴリーです。 ・障害や脊髄損傷に関すること ・オートバイとサイドカーに関すること ・エレキギターに関すること ・柴犬に関すること ・その他 取り留めない内容をお届けするかと思いますが、よろしくお願いいたします。