ドライブレコーダーは必須アイテム!悪質な危険運転者から因縁をつけられた時の対処法と運転心得とは?

毎日のニュースや情報番組で連日のように取り上げられる危険運転やドライバー同士の諍いによるトラブルと事故。

このような行為を行う彼らは交通ルールを完全に無視したもはや凶器。

いくら自分自身が道路交通法を遵守し安全運転を心掛けていても不運にも危険運転者に遭遇し彼らを刺激してしまう行為によって命にかかわる重大なトラブルに巻き込まれる事も。

彼らは突っかかる理由さえあればなんでも良く極めて自己中心的な人間に筋の通った理屈は通用しません。

そこで悪質ドライバーから身を守りトラブルに巻き込まれない為にはどの様な注意と運転心得が必要なのか検討してみました。

悪質ドライバーから標的にされない為の対応

事故やトラブルが起きやすく車同士が接触する可能性が多いポイントとしては車線変更時や合流時が想定できます。

時には無理な車線変更や割り込みなどで、ヒヤッとした!というような状況は車を運転されるドライバーさんならば誰しも経験がおありでしょう。

こうした無理な割り込みなどで危険な状況に遭遇した場合にどのような対応と行為が出来るでしょうか?

ではここで仮に無理な割り込みを仕掛ける自動車やドライバーに遭遇したとしましょう。あなたは安全運転を遵守するドライバーですがどのような対応を取りますか?

  • 想定1
  • クラクションを鳴らし危険であることを知らせる行為。

  • 想定2
  • 素直に進路を悪質ドライバーに譲り割り込みさせる。

  • 想定3
  • 悪質ドライバーに進路を譲る事なく威嚇するかのようにドライバーを睨みつけクラクションを鳴らすまたは後ろに車両を付け煽る。

    上記の想定の中であなたならどの対応を取りますか?

    もし僕なら想定2の対応を取ります。

    そして本当に悪質な運転行為であったならば悪質運転車の車両ナンバーを確認しすぐさま停止できる場所を探し警察に報告し情報を提供します。

    僕は想定2の対応を取りますが、もし想定1の行為を取ってしまうようなら相手が悪ければ人間凶器を刺激し標的にされかねません。

    奴らを刺激しないことが賢明なドライバーの心得であることは言うまでもありません。

    そして言うまでもなく最低な行為は想定3の行動です。

    もはやこの行為自体が悪質運転です。冷静になりましょう。あるいは二度と車を運転しないでください。

    自分は正しいと思わないことが必要

    誰だって事故は起こしたく無いはずですし、事故を起こす為にクルマを運転しているドライバーは普通ならいない筈です。

    自動車を運転する以上は道路交通法を守った走行を行うことはドライバーとして当然です。

    ですがこの正しい行為をしているという意識が違反者を許せないという気持ちとなり危険運転を行うドライバーを刺激する行為に繋がるのではと考えています。

    ちゃんと交通ルールを守って自動車を運転中、突然に強引な割り込みをされた、あるいはこちらが合流しようとウインカーを示しても進路を譲ってもらえず『カチン』と頭に来た!

    運転中にこのような場面と心理状態に出くわすことは珍しいことでは無いでしょう。

    自分は正しいと言う意識を捨てることで無理な車線変更や割り込みを仕掛けられたとしても彼らを刺激せず受け流すことが得策だと考えますが如何でしょうか?

    もし煽り運転や危険行為などを仕掛けられた場合

    不運にも無謀運転を仕掛けるドライバーに危害を加えられそうになったらどのように対応が出来るでしょうか?

    この時絶対にしてはいけない対応は無茶なスピードで走行し逃走することではないかと考えられます。

    因縁をつけられたとしても無茶なスピードで彼らから逃走し事故を招いてしまっては本末転倒です。

    悪質車両が幅寄せや追走してくるような気配が確認出来たら逃げるようなことはせずに速やかにハザードあるいは方向指示器を操作し路肩へと停車した方が無難だと思います。

    相手が車両を停車させてこちらのクルマへと近づいてきても落ち着きましょう。

    間違っても車外へでてはなりません。

    落ち着いて彼らが乗る車両のナンバープレートを確認してメモを控えましょう。

    またはスマートフォンあるいは携帯電話を取り出しビデオ撮影の準備を始めましょう。

    もし同乗者さまが存在する場合なら警察に110番通報する役割とビデオ撮影を分担出来ますので落ち着いて対応しましょう。

    仮にドライバーさん一人であっても危険運転者の顔と車両を映像に抑えられたらスグに警察への通報に取り掛かれば良いだけです。

    彼らは大概の場合、逆上しやすく短気で攻撃性の傾向があるようですが、こちらのクルマを蹴り上げるなど危害を加えることは容易に想像できます。

    けれどよっぽどの場合でない限りフロントガラスを叩き割ったりなどの強引なことは出来ないでしょう。

    もし車をガンガンと叩きだしパニックになり車外に出てしまった場合でも安全なスペースまで移動し座りこむのも一つの方法です。

    万一相手が手を出して来るようであればある意味こちらの勝ちです。

    遠慮なく警察に突き出すことが可能になり傷害罪などが発生します。

    よっぽの真夜中やひと気の無い田舎道でなければ誰かしら目撃者があるはずです。

    悪質ドライバーと言えどもおそらく殆んどの人間はごくごく普通の生活を送る人達と考えて良いと思います。

    ただ少し普通の人よりも性格が偏り気味であり短気で熟慮に欠ける傾向があるだけです。

    おそらくよっぽどの精神異常でない限り車にナイフや包丁など危害を加える武器や凶器は備えていないと思われます。

    従って危険運転ドライバーに因縁をつけられた所でこちらが速やかに安全な場所へ自動車を停車させ冷静に対処さえすればやり過ごす事は可能だと考えています。

    悪くてもクルマが凹むぐらいでは無いでしょうか?

    キチンと冷静に証拠映像と記録を取り警察に通報すれば良いだけです。

    自動車保険に加入していれば修理も可能でしょう。

    命まで取られる事はありません。

    こちらの出来る方法で逆に社会的制裁を加え懲らしめてやりましょう。

    ドライブレコーダーやアイフォンで映像を録画していればその映像をユーチューブで世間に晒してやることも可能になります。

    口説いようですがパニックになり猛スピードで逃走するような事だけは絶対に避けましょう。

    もし走行中に前方に回られてしまいクルマの進路を塞ぐような形で車両を停車させられると立ち往生となり安全なスペースに移動させることも不可能になります。

    高速道路でこうした状況にまで追い込まれると重大な事故を招き本当に命さえ落としかねません。

    クドイようですが危険行為に及んでしまうような彼らはすぐに逆上しやすく確かに危ない存在です。

    刺激するような事は絶対に避けましょう。

    まとめ|もうドライブレコーダーは必須の状況!

    近頃の悪質運転はキレやすいと言われるような人たちだけの問題ではなく、高齢者が運転する危険運転など運転適正にそぐわない人たちの問題が発生しマイカーでのドライブやお出かけはかなり危険なものになって来たように思います。

    もうこのような状況では安全運転を遵守しているから自分は大丈夫とは言えずトラブルになった場合の身を守る手段としてドライブレコーダーなどの準備が必須の状況になって来たと思います。

    トラブルに発生する状況ではなかったが危険運転や悪質運転の様子を捉えた映像を収めていればその記録を元に警察へ情報を提供することも可能になります。

    安全運転を心がけることは絶対ですが自衛的な方法を取りながらトラブルに巻き込まれないよう行動して参りましょう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    1 × three =

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人




    オートバイ事故で脊髄を損傷し下半身不随の身体で50歳という年齢を迎えることができました。 交通事故で車いす人生を送ることになってしまいましたが30年間の中で色々とチャレンジしてきたことをこのブログでお伝えできればと思っています。 主なテーマはつぎのようなカテゴリーです。 ・障害や脊髄損傷に関すること ・オートバイとサイドカーに関すること ・エレキギターに関すること ・柴犬に関すること ・その他 取り留めない内容をお届けするかと思いますが、よろしくお願いいたします。