視聴率が悪いとされるおんな城主直虎の原因は女優柴咲コウさんが一因?

ひつとつのクライマックスになってきたなと思えるNHK大河ドラマのおんな城主直虎。

視聴率がイマイチ良くない数字だそうですが、なんでですかね?

ずっと観てたら結構面白いなあと思うのですが。

視聴率低迷の要因は?

おそらく、ここ最近の戦国武将をテーマにした大河ドラマで軍師官兵衛や真田丸がありましたがどちらもイケイケドンドンの戦国時代ならではの戦闘シーンが描かれていました。

それに対しておんな城主直虎のほうではあまり血生臭い戦闘も描かれることなく、酷い時はまるでションベン臭い恋愛ドラマか?あるいは熱血学園ドラマか?と言う筋立てが多く見受けられ(これはこれで面白く観る事が出来ると思うのですが。)、ゴリゴリの武将が血気盛んにエイエイオーと勝鬨を上げまくり、鍔迫り合いの無い直虎はこれまでの戦国武将をテーマにした作品からするといささか物足りなく感じられているのではと思う向きがあるのでは?と思う。

さて、その原因はここまでで述べた戦国時代の血生臭い戦闘がないとかも要因として十分考えられます。

しかし、決定的なドラマの印象付けに貢献している城主直虎さんを演じる柴咲コウさんのキャラクターあるいはドラマで指示されている演出に要因があると僕は見立てました。

柴咲コウさんのキャラクターあるいは演出がもたらす要因

なぜなら、城主直虎は(柴咲コウさんは)戦国時代という背景のドラマでありながらガチャガチャ暴れています。

時には、自ら行動したことが失敗に終わり、反省しながらウェンウェンと泣き出したり。

あるいは対立する家臣団や自分を理解しない人物にキャンキャンと噛み付いたりと難しくて、重々しいイメージを持ちがちな戦国武将をポップなものに印象づける事に一役かっています。

これは柴咲コウさんを起用した最大の特徴と効果であると思うのですが、逆に言うとここら辺りがガッチガチの戦さを好む大河ドラマファンからはなんかガチャガチャぴーぴー言っててつまんねーな。

と、この様な印象をゴリゴリの歴史ファンあるいは武将ファンに初めの段階で植え付けてしまった可能性があります。

まとめ

なんせ一年間の大河ドラマですからね面白くなってきたみたいだしもう一度観てみるか?

と、そんな風に思えばいつだってやり直せる(見始める事が)出来るのですが、もうおもんないと思えば観なくなるのも事実です。

いまや、俳優高橋一生さん演じる小野政次が今川氏真と徳川家康、武田信玄との戦さに乗じ井伊谷を乗っ取という事態にまで物語は進んでいます。

全てが上記で述べましたガチャガチャ全開で物語は進む訳ではなく、時折しっかりと戦国時代ならではの場面も出て参りますので、つまんねーなと思うのもご判断ですし、再度見始めるのも良きお考えかと存じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


two + fifteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人




オートバイ事故で脊髄を損傷し下半身不随の身体で50歳という年齢を迎えることができました。 交通事故で車いす人生を送ることになってしまいましたが30年間の中で色々とチャレンジしてきたことをこのブログでお伝えできればと思っています。 主なテーマはつぎのようなカテゴリーです。 ・障害や脊髄損傷に関すること ・オートバイとサイドカーに関すること ・エレキギターに関すること ・柴犬に関すること ・その他 取り留めない内容をお届けするかと思いますが、よろしくお願いいたします。