ネットショップの構築方法と選択肢!ランニングコストを抑えた運用方法の検討

ギモンくん
  • ネットショップを展開したいけどランニングコストが結構かかるのでは・・・
  • ネットショップの展開にはどんな方法があるのか知りたい・・・

こんな疑問に過去、自家焙煎珈琲のネットショップを構築した経験者の僕がお答えします。

まず今回の提案の内容として下記の3つの選択肢をピックアップし見解と解説を進めます。

ネットショップの構築で提案する方法
  • 無料ショップとツール【ベイス】
  • 比較的リーズナブルな費用で運用できる【カラーミーショップ】
  • 専門知識が必要となるワードプレスとWelcart機能の運用で構築するネットショップ
  • では順に説明して行きます。

    ■無料で利用できる高機能なツールが満載【ベイス】

    【ベイス】
    無料ショップ開設「BASE」
    BASEの詳細をチェックする!
    BASEの特徴

    • 無料でネットショップをスタートできる。
    • 様々な機能がコンポーネントされているので専門的な知識がなくてもすぐに活用できる特徴がある。

    ▽メリット

    • 独自ドメインでオリジナルサイトの運用が可能(無料)。
    • BASE機能内でさまざまなAPPを備えており、便利な機能なツールを利用できる。

    ▽デメリット

    • 多くの機能は無料を基本にはしているが、高機能やデザイン性の高いテンプレートを求めると課金が必要になり結局はコストが発生する。
    • 最悪のケースでサービスの終了でサイトが強制的に閉鎖となることも想定される。


    ■【カラーミーショップ】比較的リーズナブルな費用で運用できる

    カラーミーショップの特徴

    • リーズナブルなプランでは月額1000円程度でネットショップを展開できるところがカラーミーショップの特徴。

    【カラーミーショップ】
    カラーミーショップの詳細をチェックする!
    ▽メリット

    • 独自ドメインでオリジナルサイトの運用が可能。
    • 機能がコンポーネントされており専門的な知識不要でショッピングサイトを展開できる。

    ▽デメリット

    • 高機能やデザイン性の高いテンプレートを求めると課金が必要になり結局はコストが発生する。
    • 最安の料金プランはリーズナブルな反面、機能制限が多い。

    ▽カラーミーショップを利用する現存ショップさまの紹介

    【藤田コーヒー】さま
    藤田珈琲のショッピングサイトをチェックする!

    ■【ワードプレスとWelcart機能で構築】専門知識が必要となるがコストをかけずにネットショップを展開できる

    ワードプレスとWelcart機能の特徴

    • ワードプレスにショッピングサイト機能を持つ【Welcart】を実装し、構築さえすればコストを抑えながら運用できる特徴がある。
    • ただし自身で構築するにはそれなりの時間と知識が必要となりハードルが高い印象がある。

    【ワードプレステンプレート】

    このブログで使用中のワードプレステンプレート【STORK】をチェックする!

    ▽メリット

    • 自身で構築すればコストをあまりかけずに独自ドメインでオリジナルサイトの運用が可能。
    • レンタルサーバーと独自ドメインの契約が必要となるがランニングコストは実質サーバ代だけ。

    (このサイトではさくらサーバーを契約、月額約500円)

    【さくらサーバー】
    sakuraサーバーの詳細をチェックする!

    • 無料のテンプレートをネットからダウンロードできるのでカスタマイズが比較的自由。
    • デザイン性と機能を高めるテンプレートが多数存在し購入できる。
    • ショッピングサイトをプラグイン機能の【Welcart】で構築し、集客目的の記事をワードプレスで投稿しSEOを狙うことができる。

    ▽デメリット

    • レンタルサーバーと独自ドメインの契約が別途必要。
    • 決済機能とサービスを別途契約する必要あり。
    • 自分で構築するにはある程度の専門知識と時間が必要。
    • 制作業者に依頼するならそれなりの費用を覚悟せねばならない(高額な費用を吹っかけられる事例もあるようだ)


    ■ネットショップ構築の結論とまとめ

    判断ポイントと見解

    • ■無料ショップとツール【ベイス】

    ・あくまで無料の範囲で割り切って使う。
    ・高い売り上げは求めず、店舗としてネットショップが存在するだけでヨシとする。

    上記の観点で満足できなければコストをかけて【カラーミーショップ】を検討することになる。

    • ■比較的リーズナブルな費用で運用できる【カラーミーショップ】

    ・【BASE】のような無料ツールでは結局コストがかかるし、無料の範囲では機能制限もあり満足できないならカラーミーショップを検討できる。

    しかし機能の充実を求めるとやはり運用コストが高くなってくる。

    このような考えが出てくるとワードプレスにチャレンジする選択肢もある。

    • ■専門知識が必要となるワードプレスとWelcart機能の運用で構築するネットショップ

    ・ワードプレス&Welcartでネットショップを構築するためにはまとまった時間と専門知識が必要。

    ・知識と時間をお金で買うか?自分で頑張るか?どちらかを選択。

    ・構築さえすればランニングコストはさほどかからないメリットがある。

    以上の見解をご提案します。

    よきご判断をお導きください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    3 × one =

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人




    オートバイ事故で脊髄を損傷し下半身不随の身体で50歳という年齢を迎えることができました。 交通事故で車いす人生を送ることになってしまいましたが30年間の中で色々とチャレンジしてきたことをこのブログでお伝えできればと思っています。 主なテーマはつぎのようなカテゴリーです。 ・障害や脊髄損傷に関すること ・オートバイとサイドカーに関すること ・エレキギターに関すること ・柴犬に関すること ・その他 取り留めない内容をお届けするかと思いますが、よろしくお願いいたします。