【株式投資】超初心者だったころの取り組み方法と参考にした書籍

投資初心者

これから株式投資を始めてみようと思ってもどんな知識と勉強が必要かさっぱり検討がつきませんね。自分が超初心者だったころを振り返ってみて、こんな本を読んだ!ためになった!無駄だった!ってことをご紹介いたします。

とにかく株本に目を通してみた

株式投資にチャレンジするにあたって、はじめのころはとにかく株と名のつく書籍を見つけては手にとって目を通していました。

なにしろ知識が無い状態なのでその書籍のよしあしが全くわかりません、手当たり次第に読んでいたように思います。書店で実際に購入した本もあるのですが、やはりお金の問題もあるので、なにからなにまで買うわけには参りません。

そこで図書館をうまく活用して、初心者向けて株式投資の入門書を読み漁っていました。初心者むけの本ならそんなにボリュームもないのでさらっと読めてしまうものも多く、「株式投資とはなんぞや?」みたいなだいたいの概要をつかんでおくことが重要です。

初心者向けの超入門書で良かったのは?

細野真宏の世界一わかりやすい株の本

自分が知識ゼロだったころに株式投資の概要をこの本のシリーズを読んで頭にいれました。読みやすく理解しやすい内容で本当に何もわからない状態の方ならおすすめの本です。

ただしこの本で株トレードで収益を上げられるかどうかは別のハナシです。投機トレードについて書かれた内容ではなく良い銘柄を見つけていくことに重点を置いた内容です。

めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版

細野さんの書籍が株式投資とはなんぞや?と投資の基本について書かれた本なら、こちらのザイ編集の「株入門」はもう少し株トレードの内容に近寄った書籍になっています。しかしあくまで知識ゼロの初心者のための内容です。くれぐれもこの本だけで勝てるなんて思っちゃいけません。この本一冊で株式投資で大もうけできるなら世の名みんな大金持ちです。

株とチャートの達人

こちらもザイ編集部の書籍ですが、移動平均線やテクニカルチャートを株式チャートを初心者にも分かりやすく伝えている内容です。基本的なチャートの種類とパターンをしっかりと解説しているのでこれ一冊でチャートの基本形は把握できると思います。もしチャートの見方がと種類がよく分からない段階の方にはオススメできる本です。

読んで無駄だった株本は?

三村雄太さんの平凡な大学生のボクがネット株で3億円稼いだ秘術教えます!

デイトレードをメインに収益を上げている著者の投資法を解説していますが、初心者にはなんら参考にできる部分はまったくなく「へえーそうなんだ」ぐらいの感想しか抱くことはできません。もし評価するなら株式投資で3億円もの資産を作ることが出来るんだという刺激(モチベーション)を得られることができるかもしれません。

お近くの図書館にも投資関連の書籍はあるはずです。初心者のうちは実際の売買・取引までにはあるていど知っておいて損はない基礎的な知識を書籍に触れることで資金を失うリスクを軽減できることが可能になるでしょう。いくら資金力があっても何も知らないままで勝たせてくれるほどマーケットは甘くないことを嫌というほど思い知らされました。

出来るだけ時間をかけて良書に触れトレードの知識を深めましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


two + 12 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人




オートバイ事故で脊髄を損傷し下半身不随の身体で50歳という年齢を迎えることができました。 交通事故で車いす人生を送ることになってしまいましたが30年間の中で色々とチャレンジしてきたことをこのブログでお伝えできればと思っています。 主なテーマはつぎのようなカテゴリーです。 ・障害や脊髄損傷に関すること ・オートバイとサイドカーに関すること ・エレキギターに関すること ・柴犬に関すること ・その他 取り留めない内容をお届けするかと思いますが、よろしくお願いいたします。