デジタルガジェットの活用で柴犬とのお散歩を楽しく有意義に過ごす方法!

脊損さん
今回の記事は車いすを使うぼくが安全に配慮しつつ快適に犬の散歩を楽しむために活用するアイテムを紹介します。

ぼくの家では2020年の今年で10歳を迎える柴犬を飼っています。

もちろん室内飼いです。

毎日の日課は一日2回の散歩です。

尿路感染の発熱で体調がどんなに悪くても、犬のお散歩は欠かしたことがないのが僕の誇りです。

しかし毎日のワンコのお散歩での問題は単調になりがちなことです。

つまり日課が義務になり、犬とのお散歩を楽しめなくなってはお犬様に失礼です。

似たような関係性に付き合いの長い恋人や倦怠期の夫婦が思い浮かびます。

そこでですね、単調になりがちなワンコとのお散歩の時間を有意義に過ごすために活用しているアイテムやガジェットを紹介します。

ウンチの回収アイテム

▽エチケットふくろはワンコのお散歩に欠かせない必需品!

まずは犬の散歩での必需品はウンチの回収袋です。

この袋なくして犬のお散歩は成立しません。

ぼくは100円ショップで見かけたエチケット袋と専用の収納アイテムを使っています。

実物はコレです。

購入しているのは【セリア】です。

セリアに立ち寄るたびに交換用の袋をまとめ買いしています。

しかしこのエチケット袋には使い勝手で問題があります。

ロール状に巻き取られているこの袋は切り目からちぎり取って使います。

ですが切り目が非常に見つけにくいのです。

特に陽が暮れてきた夕刻や雨の日はすぐに袋を切り取ることができないのでイライラすることも。

なので犬がウンチをしてパッと袋を切り取りたい時にまごつきます。

そこでこの問題を解決できるアイテムを探して見ました。


で、便利だと思ったエチケット袋がこのアイテムです。
↓↓↓

レビューしている購入者さんが動画で紹介してる映像を見るとディスペンサーである容器から袋をつまんで引っ張って行くと切れ目の箇所でちぎれるようになっています。

これなら暗い夜でも探しにくい切れ目に手間取ることもなくパッと袋を取り出せるようになります。

つぎに夜の犬のお散歩で足元を照らす照明アイテムを紹介します。

LEDライトで安全を確保

できれば日が明るい内に犬のお散歩は行っておきたいものですが、12月前後は日が暮れるのも早く真っ暗の中でお散歩に行くしかありません。

最近の夏は酷暑の影響で夕方の日暮れでも気温は下がらないのでアスファルトはちゅんちゅんの熱さです。

そんな真夏の熱さと地面の照り返しは犬にとっても負担になるのでできるだけ時間の遅い夜に行くしかありません。

そこで必要となるのがLEDライトです。

近ごろでは充電式の便利なLEDライトが安くで買えるようになりました。

これまで夜間の犬のお散歩には頭に装着するLEDライトをアマゾンから購入し役立てていました。

ぼくは車いすを漕ぐために一般的に懐中電灯を手で持って移動することはできないのでこのタイプのLEDライトを選びました。

このライトをアタマに着けると気分はまるで川口宏探検隊です。

しかし頭に装着して車いすを漕いでいるうちにだんだんとズレてくるストレスも感じるようになってきたので新しいアイテムを探しました。

ソイツが下記の商品です。

このLEDライトは2つのバリエーションがあり単体のバージョンとテールランプがセットになったものから選べます。

自転車用のアイテムでハンドルにLEDライト本体を固定できるように専用部品がセットになっています。

僕が購入したのはLEDライト単体のカラーはゴールドを選べるズーム機能付きのヘッドライトです。

もう一つのバリエーションはテールランプがセットになったズーム機能がないヘッドライトです。

僕は車いすの足元を照らす機能だけを求めたのでゴールドのズーム機能付きを選びました。

早速ぼくは2019年7月に新調したマツナガ製作所の車いすS-MAXのフレームにLEDライトを装着し、期待どうり夜の犬のお散歩で役立っています。

【関連記事】マツナガ製車椅子S-MAXの購入レビュー!OX製SXとの比較

しかし充電容量はあまり余裕はなく1時間くらいの点灯で使用すると1週間も持ちませんが、悪くはありません。

点滅モードもあり、明るさの強度も2段階で調整可能です。

乾電池式の重く、電池が切れるたびに交換しなければならない手間から考えるとはるかに便利です。

レンズは望遠機能で遠くを照らすことも可能です。

このLEDライトのおかげで車いすを漕ぎながらでも暗い夜道の足元を照らすことができています。

【ziyue LEDライト】のサポート対応と製品保証

ziyue LEDライトを購入しもうすぐ3ヶ月が経過する直前のタイミングで故障しました。

症状は充電ができなくなり、LEDも点灯できません。

アマゾンのziyue LEDライト商品ページを確認して見ると3ヶ月保証を案内しています。

ダメもとで販売者に問い合わせのメールを送って見ると翌日には返事が届き保証期間内での対応を行うとの連絡です。

商品の情報と購入の履歴を送り返すことですぐに新品を送っていただけてziyueさんの対応と購入したLEDライトには満足しています。

犬に装着するLEDライト

夜道で犬の存在を知らせるためにLEDを使った靴ひもを購入しました。

イヌの首に巻き付けようと考えたのですが結果は大失敗です。

首に巻きつけると靴紐がたるんでしまいイヌにとってストレスになっているようです。

ボタン型の電池式であることもイマイチなところです。

こんなことなら犬専用のLEDライトを買えば良かったと後悔しています。

そこで犬の首にワンタッチで取り付けることができる使い勝手の良さそうなLEDライトを探してみたところ良さそうだと思ったのが下記の充電式タイプのLED首輪です。

この商品なら飼い犬の首周りに合わせてちょうど良い長さにカットして使えるようです。

スマホとサブスクを活用した音楽視聴方法

毎日の犬のお散歩を快適に過ごすために欠かせないのが音楽です。

ぼくがお散歩中にスマホから音楽を聴くために役立てているガジェットとサービスは下記の3つです。

▽iPhone7
▽ウェアラブルネックスピーカー
▽アマゾンミュージックアンリミテッド

ではそれぞれの特徴と利用方法を解説します。

iPhone7で音楽を聴く

いまさら説明する必要のないアイフォーンですが、お散歩で音楽を聴くためのツールとしては欠かせません。

iPhoneだとiTunesでCDから取り込んだ音源を聴くことも出来ますし、近頃話題のサブスクでも音楽を楽しめます。

義務になりがちなワンコのお散歩を単調にさせないためにも音楽とスマホは活用すべしです。

しかしiPhoneはアンドロイド端末に比べるとちょっと高いのがネックです。

僕はスティーブ・ジョブズを崇拝するほどの熱狂的なアップルユーザーではありませんが、自宅で使うPCとタブレットは全てアップル製品で統一しているのでやはりスマホもiPhoneにしておいた方が何かと便利です。

そこでリーズナブルな価格でiPhone7を提供している格安スマホサービスを探し出したところ見つけ出したのがOCNモバイルONEです。

僕がOCNモバイルONEを契約してからしばらく経った頃に新料金プランが登場し、今では毎月のスマホ代は1300円代です。

ただでさえ安い格安SIMの料金プランが、新料金プランのおかげでさらに通信費を抑えることに貢献してくれました。

今後auやソフトバンクの大手携帯キャリアでスマホを契約しようなんて考えることは絶対にあり得ません。

OCNモバイルONEは下記の記事で詳しく紹介しています。

【関連記事】OCNモバイルONEの格安SIMで開通したアイフォンでアップルペイは可能?

ウェアラブルネックスピーカー

毎日犬の散歩をしていて感じるのは往来するクルマのムチャな運転です。

特に朝と夕の通勤時間に差し掛かる時間帯は出勤と帰宅を急ぐドライバーが大通りの渋滞を迂回して生活道路を通り抜けます。

狭い道幅の路地を帰宅を急ぐクソドライバーがスピードも落とさずに走り回るので油断できません。

そんな状況ですから散歩中にスマホで音楽を聴くとき場合にカナル型のインナーイヤホンを使うのは危険極まりなく、外部の音の情報をイヤホンで遮ってしまうと接近するクルマの存在をキャッチできません。

そこでぼくは首からかけて音楽を聴くウェアラブルタイプのネックスピーカを使うことにしました。

ブルートゥースの機能でスマホとペアリングすれば首元から音楽が流れ耳を塞ぐことなくお散歩を楽しめます。

これなら生活道路を徐行もぜずに走り抜けるクルマの存在に注意しながら犬の散歩が可能です。

音質は期待どうりのしょぼいサウンドですが、鳴ってくれているだけで十分です。

余談ですがぼくは1980年代初めごろ、中学生の時に買ってもらったラジカセはスピーカーが1個だけのモノラル音声だったことを考えるとこのネックスピーカーはステレオサウンドで音楽を楽しめます。

コスパには十分満足しています。

ウェアラブルネックスピーカーのデメリット

しかしデメリットは車いすを漕いでいると首からズレてくるのが弱点です。

そこそこのサイズ感のネックスピーカーはストレスにもなり、見た目もスマートではありません。

このデメリットと快適性を改善するために今後の展開として開放型のスポーツイヤホンの利用を考えています。

似たような機能のイヤホンに骨伝導タイプのイヤホンがありますが、骨伝導ゆえに頭にピッタリと密着させる必要がありストレスを感じるとのレビューが目に留まります。

つまり孫悟空のアタマを締め付ける【緊箍児(きんこじ)】のような状態です。

幸いぼくは犬のお散歩の場面でイヤホンから音楽を聴きたいだけなので開放型のスポーツイヤホンで少々音が漏れても問題はありません。

この開放型イヤホンに興味がわいてきたので色々とチェックした結果、ぼくが気になったのはこの商品です。

レビューの内容もチェックして良さそうですし、タイミングを見てタイムセールで購入するのが良き作戦と考えています。




▼ヘッドフォンでガッツリと歩きスマホを楽しむ無防備なアナタに

スマホの登場で便利な環境になってきたと思います。

けれど自分本位の行動や節度のない振る舞いで本来なら便利なツールを台無しにしてしまうような残念な使い方も多く見られます。

つまり歩きスマホや、車のながら運転です。

ガッツリとヘッドフォンで音楽を聴きながら、前も見ずにスマホの画面を注視し歩く姿はもはや病的です。

車いすをゆっくりと漕ぎながら犬を散歩させていて数十センチ直前までぼくらの存在に気づかない人は本当に多いです。

バナナの皮とか落ちていたら面白いのになーと思っています。

自分の不注意で使うご本人さまがお怪我をなされたり、お星さまになるのならどうぞお自由にと言いたいところですが、他人さまの命を巻き込む事態にもなっています。

我々はあまりにも便利で楽しいものに囲まれ過ぎて【バカ】になってきているようです。

便利なガジェットを間違った使い方によって他人さまに危害を加えないよう今一度肝に命じて置きたいと今回の記事をまとめながら考えた次第です。

アマゾンミュージックアンリミテッド

柴犬とのお散歩で音楽を楽しむガジェットを活用するには豊富な楽曲が楽しめるサブスクサービスが不可欠です。

ぼくはアマゾンプライムに加入し、付帯するプライムミュージックを使ってきてそれなりに満足していました。

けれど2020年3月にベンハーパー&クリミナルズの来日公演が決定したニュースをキャッチしたぼくは速攻でチケットを購入し、過去のアルバムを聴く方法に上位サービスの【アマゾンミュージックアンリミテッド】の利用を始めました。

【アマゾンミュージックアンリミテッド】のおかげで音楽を楽しむ環境が格段に変わります。

プライムミュージックの範囲で聴けるバンドや楽曲でそこそこ満足していましたがアンリミテッドで配信するコンテンツは桁違いのスケールです。

ベンハーパーの過去アルバムはほとんど全て聴くことができますし、ダニーハサウェイみたいなクラシックソウルのカテゴリーもばっちりラインナップしています。

それほど豊富な楽曲を網羅しているアマゾンミュージックアンリミテッドと安全面に配慮したイヤホンの活用でワンコの散歩がグレードアップします。

アマゾンミュージックアンリミテッドはこちらの記事でも解説しています。

【関連記事】スズキソリオのカーステを無線化!Amazon Music Unlimitedでマイカーライフがグッと快適に!

アマゾンミュージックアンリミテッドに加入しておけばパソコンにCDを取り込む手間からも解放されます。

この快適さを経験すると今さらツタヤなんかのレンタルCDを利用する気もおきません。

借りてきたCD音源をパソコンに取り込んで、その音源を次はアイフォーンに同期させてなんてもうやってられないです。

iTunesの登場で1曲単位での楽曲購入が可能になり、ミュージシャンからは「CDが売れない!」という嘆きを聞くようになりました。

今度はサブスクの登場でますますCDを購入する機会は減る事でしょう。

ミュージシャンサイドとしては悲しい事態ですが音楽ファンとしてはうれしい環境であることは間違いありません。

>>iPhoneにAmazon Musicアプリをダウンロードする!!!

EMS腹筋ベルトで便秘にも配慮

ぼくが飼っている柴犬ちゃんのお散歩時間は長いときで小一時間ほどかかります。

そこでぼくはこの時間を有効活用するために下記の記事で取り上げた腹筋EMSベルトをお腹に装着してお散歩に出かけています。

【関連記事】【脊損のトイレ事情】腹筋EMSベルトの活用でコンニチハがやや改善!スッキリ~

この腹筋EMSベルトをぼくが使う目的は便秘の解消です。

EMSベルト本来の利用用途ではありません。

ぼくは脊髄損傷の障害持ちのために便秘に悩んでいます。

そこで思いついたのが以前にポッコリお腹を少しでもスッキリさせたくて購入したEMSベルトの利用です。

詳しくは上記の記事で解説していますが、この腹筋EMSベルトでぶるぶるやっておくとうんちくんのコンニチハが少しだけ活発になる気がしています。

いま使っているENSベルトはアマゾンから購入したアイテムでいわゆるシックスパッドのぱちもんです。

けれど意外にスペックは悪くなく弱点はありますが、コスパとしては高く評価しています。

一回のトレーニングでおよそ20分間の設定です。

犬のお散歩が約1時間なのでだいたい3セットくらいEMSで便秘ケアができています。

自宅でもテレビを観ながらやブログの記事を編集しながらももちろんトレーニングできますが意外と家にいるときは忘れがちです。

なので犬の散歩でEMSベルトトレーニングをセットにしておけばぼくの便秘ケアを忘れることも少なくなると考えました。

たまに忘れたりもありますが、犬のお散歩の有効活用ができています。

もはやEMS腹筋ベルトはぼくにとって便秘事情に欠かせないアイテムとなったので急な故障にも対応できるよう予備を買っておいたたところです。

今回サブとして購入したEMSベルトはバイブレーション本体が3個にアップデートされていてさらにコスパ度が上がっていました。

価格も以前に買った商品よりも1000円ほど安くなっていてお得感は満載です。

まとめ!デジタルガジェットの活用で柴犬とのお散歩を有意義に!

柴犬を飼うようになり、生活習慣と環境はかなり変わりました。

毎日のお散歩でご近所さんと顔を合わせる機会も増えましたし、あまり言葉を交わさない人ともおしゃべりするようになりました。

お天気が悪い日のお散歩は確かに気持ちの負担にもなりますが、朝の早い時間帯に行く犬とのお散歩は健康的です。

自分一人でただ歩くだけの移動は、本当にただの移動に過ぎず、早く目的地に着くことだけが目的になります。

けれど犬とのお散歩だと不思議とそんな感覚は持たなくなり移動行為を楽しむことができるようになりました。

そんな毎日の日課をもっと楽しめるようにしてくれるアイテムとツールが今回取り上げた内容となります。

インターネットの登場とそれに伴う環境変化で色々と便利なガジェットが生活に彩りを加えてくれるようになってきました。

今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


seven + four =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人




オートバイ事故で脊髄を損傷し下半身不随の身体で50歳という年齢を迎えることができました。 交通事故で車いす人生を送ることになってしまいましたが30年間の中で色々とチャレンジしてきたことをこのブログでお伝えできればと思っています。 主なテーマはつぎのようなカテゴリーです。 ・障害や脊髄損傷に関すること ・オートバイとサイドカーに関すること ・エレキギターに関すること ・柴犬に関すること ・その他 取り留めない内容をお届けするかと思いますが、よろしくお願いいたします。