【MotoGP】バレンティーノロッシ選手が見せる足出し走法の意味と本質に迫ってみる。

    バレンティーノロッシが生み出した足だし走法

    オートバイレーシングライダーとして活躍されている青木宣篤さまが世界最高峰バイクレースモトGP(Moto GP)の超人気ライダーのバレンティーノロッシ選手の足だしコーナリングについて言及されています。

    記事の中でリアタイヤを「ケツ」という表現で解説しながら足をだすことでケツ(リア)が出るということに気づいたのがロッシ選手であり広まったという内容です。

    しかしなぜ足をだすことで「ケツ(リヤ)」が出るのか?という疑問が当然出てまいります。

    そこでプロのレーシングライダーさまの見解と記事にケチを付けるつもりは毛頭無いのですが疑問に感じるケツ出し(リア)メカニズムに挑んで見たいと思います。

    よろしくお願い致します。

    まずは記事のポイントとロッシ選手の足だし走法の意図するもの

    ロッシ選手(valentino rossi)の足だし走行はブレーキング時でどのようなことを意図している行為なのか記事で説明されているポイントを以下にまとめてみましたのでご一読ください。

    青木宣篤さまの見解と記事の要点

  • GPマシンが4ストローク化した当初4ストマシンはパワフルなエンジンと強烈に効くエンジンブレーキ(エンブレ)の特性がありアクセルを開けても閉じてもリアが出てしまうという課題を持っていた。
  •  

  • そこでエンジン特性の改良とトラクションコントロールやエンジンブレーキコントロール(エンブレ)などの改善と進化で課題を解決した。
  • しかし改善の結果リアが出にくくなる乗り味となりライダーとしては満足できない点があった。
  • コーナリングで早く向きを変えるためブレーキングで滑らせずにリヤタイヤを外に出す方法として「足だし」に気付いたのがロッシ選手だった。
  • ロッシ選手の走りを見て他のライダーが「マネしてみたらうまく行った」ということで瞬く間に広まった
  • というポイントになります。

    この記事の内容では空力カウルについても言及されていますが、僕があまりにも素人過ぎて理解出来ないのかただ単に理解力が不足しているのか判断付きかねますが足出し走法と空力カウルの関係性があまり読み取ることが出来ません。

    おそらくライダーによって足出し走行と空力カウルを取り入れる選手も居るし採用しない選手も存在しますよという意味と紹介だったのではと解釈しました。

    よってこの記事ではバレンティーノロッシ選手の足出し走行でなぜケツ(リア)が出るのかという疑問点だけにフォーカスいたします。

    バレンティーノロッシ選手のウィキペディアにて足出し走法についての解説がありましたので参考までにご紹介しておきます。

    ウィキペディアでの足出し走行についての言及

    近年、ブレーキング時にコーナー内側の足をステップからわざと外すスタイルが流行している。これに対しロッシは「バイク上でさらに前輪へ荷重がかかるように感じるから」としているが、データロガーの回収情報では何も差が無く、速くなってもいないことも認めている

    青木様の記事とウィキペディアの情報を参考にしながらロッシ選手の行う「足出し」走法の意図を探ってみますとやはりコーナー侵入時のブレーキングにおいてオートバイの向きを替えるための準備動作という結論で間違いはありません。

    要するに旋回性を高める行為と言って良いでしょう。

    なぜリア(ケツ)が出るのか?

    足出し走行がバイクの旋回性を高めるための行為と意図であることは理解出来ました。

    しかしなんで足を出してケツ(リア)が出るのか?

    そこで注意深くロッシ選手のコーナー侵入時からのブレーキング状態の写真を見てみましょう。

    まずはホンダ時代ゼッケン93のレプソルカラーのロッシ選手

    続いてモビスターヤマハでゼッケン46のマシンを駆るロッシ選手

    ロッシ選手のブレーキング時の写真から見えてくるもの

    足出し走行でブレーキングするロッシ選手の写真を見ていただきましたが何か気になるところはなかったでしょうか?

    たった2枚のサンプルだけですが共通する興味深い挙動を発見いたしました。

    ぼくがロッシ選手の写真を見て気付いた点

  • フロントタイヤに加重がかかりリヤタイヤが完璧に路面から浮いている。
  • イン側の足だしでブーツの底あるいはつま先が路面に接地させているようだ。
  • では上記の動作条件下でどのような挙動と効果が得られるのか仮説を立てて見ました。

    ぼくが考えた仮説

                      

  • マシンのリアタイアが浮いているタイミングでイン側の足を出すことで空気抵抗が生まれる。その結果、旋回性が働きリヤが外に出るチカラが生まれるのではないか?
  • イン側の足で路面を擦ることで足を支点に回転力(旋回力)が発生する。
  • イン側の足出しはオフロードレースでのモトクロスと同じようなコーナリングフォームとなって旋回性と前輪のグリップ力を高める行為に繋がっているのではないか。
  • このような見立てをいたしました。

    参考までにモトクロスでのコーナリングフォームがどのようなものか確認しましょう。

    写真でカッコよくコーナリングをキメるモトクロスライダーさまはホンダでのワークスライダーを勤める成田亮選手(2018年4月現在)。

    ぼくの話で恐縮ですが健常者の頃に若干ではありますがモトクロス経験があり、その体験からモトクロスのうんぬんカンヌンを少しだけ言わせて頂きます。

    オートバイの転倒事故で背骨を骨折!?不安だらけの脊損人生がスタートした頃の心境と今

    2016-09-11

    この写真にあるようなオフロードでのコーナリング。じつは前輪側にグッと体重移動しイン側の足をギュッと前方へ伸ばすと意外にもバランスが取れて安定します。

    グリップの悪いオフロードの路面でフロントに加重を掛けて前輪タイヤの接地感を増すことでリヤのスライドを誘導し旋回性を高めることを狙ったコーナリングフォームだと言えます。

    ロッシ選手の足出し走法の分析まとめ

    では足出し行為の意図と疑問について見解を述べて参りましたが結論をまとめて見ます。

    足出し行為の結論

  • 足出し走法の意図と本質は旋回性を高める行為である
  • 足出し行為のポイント

  • ブレーキング前にイン側の足を出しておき空気抵抗を利用。
  • ブレーキングでリヤタイヤが浮くようにコントロール。
  • リヤタイヤが浮いたタイミングに合わせるようにイン側のブーツを路面に擦りつけ旋回力を発生させる。
  •                

  • この結果リヤタイヤがコーナーのアウト側に出る。
  • このような素人のしかも脊髄損傷の身体障害者の見立てですがいかがでしょうか?

    この分析に対してロッシ選手ご本人にインタビューして見たいと思いますがぼくの立場ではどうしようもありません。

    もしロッシ選手と関わりのあるレース関係者さまがこの記事と見解を何らかの偶然で目に止まりこの内容を本人様にインタビューしていただける機会があることを祈ります。

    そしてオートバイとバレンティーノロッシ選手を愛好する一般ライダー様はくれぐれも公道やツーリング走行でロッシ選手のようなレースまがいの走り方を真似しないようにお願いいたします。

    もし万一危険なライディングで転倒し事故を起こしても何も得られるものはありません。

    バイク事故で車いす人生を送ることになった人間の忠告と進言です。

    オートバイは安全に楽しく乗ってくださいね。

    そもそもバレンティーノロッシって何者だ?

    1979年2月16日にイタリアウルビーノにて誕生。

    オートバイレース世界GP500ライダーだった「グラツィアーノ(Graziano Rossi)」を父に持ち幼き頃からモータースポーツに触れる機会に恵まれた。

    父親グラツィアーノと家族からのサポートを受け幼少期はカートレースとポケバイレースに参戦し17歳から本格的にグランプリレースに出場、世界選手権125ccクラスにてキャリアをスタートさせる。

87年式カワサキエリミネーター250サイドカー仕様に乗っています

2016-09-19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


1 × 4 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人




オートバイ事故で脊髄を損傷し下半身不随の身体で50歳という年齢を迎えることができました。 交通事故で車いす人生を送ることになってしまいましたが30年間の中で色々とチャレンジしてきたことをこのブログでお伝えできればと思っています。 主なテーマはつぎのようなカテゴリーです。 ・障害や脊髄損傷に関すること ・オートバイとサイドカーに関すること ・エレキギターに関すること ・柴犬に関すること ・その他 取り留めない内容をお届けするかと思いますが、よろしくお願いいたします。