高畑充希さん主演NHK朝ドラのモチーフとなった暮らしの手帖「おそうざい十二ヶ月」はスゴすぎる!

暮しの手帖 朝ドラ 高畑充希
つい先日終了したばかりのNHK放送の朝ドラ「とと姉ちゃん」。女性の暮らしを取り上げた雑誌「暮らしの手帖」を創刊し関わった編集者などをモチーフにした連続テレビ小説です。主演の小橋常子さんを「ぶちゃくなる」のCMがとても愛らしい高畑充希さんが演じています。

昭和五十二年再版のおそうざい十二ヶ月を手に入れる!

その「とと姉ちゃん」のモチーフとなった雑誌「暮らしの手帖」のおそうざいレシピ集を偶然古本で発見し手に入れました。

厚紙で仕上げられた書籍のカバーと表紙が可愛くもあり、昭和の時代を感じさせます。

再版発行は昭和五十二年。
暮しの手帖 朝ドラ  高畑充希

カバーに本が納まりきらないので気になって奥のほうを覗いて見ると、アンケートはがきがくしゃくしゃになって残っていました。この当時からこのようなより良い書籍づくりに努力されていたことに驚きです。

さておそうざい12ヶ月とタイトルにつけるだけあり一年を通した四季折々の食材を使ったメニューがてんこ盛りにまとめられています。

目次には四季ごとに春の食材を使ったメニューから始まり冬で締めくくられ総レパートリー数201件を全276ページで紹介されています。

それぞれのメニューは具材の切り方や調理の様子を写真入りで解説。昭和という時代背景とコストの問題もあるでしょうか掲載されている写真はモノクロ写真で調理の仕方が解説されています。

20161006-131229.jpg

白黒写真ではあるものの調理の段階ごとに丁寧に写真付きの説明があり、大事なポイントにはたくさんの写真で解説が進みあくまで読書さんのためのレシピ作りを考えていることが伺えます。

20161006-131917.jpg

いまはデジタルカメラが主流になっていて写真はとても簡単で身近なモノになっています。高価な一眼レフカメラが無くても1万円前後で十分な画質の写真を撮影することができます。

デジタル機器が浸透したおかげでiPhoneやスマホなどでもかなりのクォリティの写真が撮れてしまいます。もしかしたらデジタルカメラすら不要と言われる方もいらっしゃるかもしれません。

現在のカラー写真やデジタルカメラに慣れている世代の方にとってはあまりにもカンタンに写真が撮れる環境が写真を撮ることの大変さが理解しにくいかもしれません。

今回ご紹介している暮らしの手帖のおそうざいレシピ集での写真撮影は当時ならフィルムでの一眼レフカメラを使用されています。一眼レフカメラは露出と言われる光を取り込むレンズの絞り調整やシャッタースピードなどを使いこなしある程度の知識と技術が必要なカメラです。

一方現在のデジタル一眼レフカメラはオートフォーカス機能など自動での絞り調整とシャッタースピードで一眼レフカメラであっても知識と技術なしに写真を撮る事が可能です。しかしフィルムカメラでの一眼レフはオートモードなんてなく全てマニュアルで調整しなければなりません。

ましてやフィルムカメラなので現像してからでないと写真の仕上がりを確認できないので写真のやり取りだけでも相当な時間と労力、お金をかけておそうざい十二ヶ月を仕上げたのが分かります。調理を進める様子をカメラに収めながらの料理本づくりは本当に根気と体力が必要な作業だったと思います。

200ページに掲載のレパートリー「豚と大根の角煮ふう」では2ページに渡って6枚もの写真で大根の切り方、調理の様子、出来上がり状態を収められ労力を惜しまない書籍づくりに圧倒されます。この書籍は昭和40年代から現代まで再版され続けているお料理本として支持されています。手間と労力を惜しまず良いものを作れば必要とされ続けることを教えられるような気がいたしました。

20161006-171730.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


8 − 7 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オートバイ事故で脊髄損傷の障害を負うことになり車いす生活を送っています。 車いすの生活は2020年現在で34年目を迎えました。 このブログはぼくの車いす人生のなかで全力で取り組んできた経験や出来事をまとめています。 脊損のぼくが全力で経験してきたことを紹介するという意味でブログのタイトルを【全力脊損】としました。 どうぞよろしくお願いいたします。 プロフィールページで触れていますがぼくはギターや音楽にも長年親しんできました。 ゴリゴリの昭和世代のためにいまでもレコードプレーヤーで音楽を聴いていますが音楽関連のガジェットにも興味があり気にいったアイテムをブログでレビューしています。 30年間の脊損人生でチャレンジしてきたことをこのブログでお伝えできればと思っています。 >>>プロフィールはこちら