タラコを焼きたらこにするメリットは?タラコをめぐる考察と「鱈の子」の歴史と背景

あなたは焼きたらこをご存知ですか?

あなたはタラコについてどの程度理解していますか?

あるいは焼きたらことタラコについて説明できますか?

もしかしたら焼きたらことの関係性についてお悩みではありませんか?

今回はそんな焼きたらことタラコについて考察を巡らしてみたいと思います。

ぼくと焼きたらことの出会い

焼きタラコとの出会いは確か中学生の頃だった、でも学年は覚えていない。

それはいつものお昼休みの時間。

そうだ昼飯である。

当時、好きだった女の子の名前は忘れてしまったが焼きタラコとの出会いはその時だったと記憶している。

お母ちゃんが作ってくれたお弁当箱を開けると、赤くて気持ち悪い造形をした物体が目に入った。

それが「焼きタラコ」との出会いだった。

グニョッとしたベロのような形になった焼きタラコはまるで何かの生物の一部のように思えた。

お弁当に配置された焼きタラコ以外のおかず達は皆スタンダードとさえ呼べる具材が他にも並んでいた。

卵焼きやウインナーである。

これらの食材はもはや誰でもがお弁当で入れて欲しい大好きなオカズはではないでしょうか?

しかし焼きタラコである。

熱々のごはんをお茶碗によそい(盛り付けて)生のタラコを乗せればそれだけでご馳走である。

人によってはタラコがあればご飯を何杯だってお替りできるという人もいるだろう。

しかし、である。

そんな生のタラコとご飯の組み合わせはもう確立されこのコンビの地位は不動のモノとさえ言えるタラコをだ。

なぜタラコに火を通してまで弁当に「焼きタラコ」を入れなければならなかったのだろうか?

ぼくはその日から焼きタラコの謎に包まれた人生に突然放りこまれてしまった。

まるで可愛い女の子に心をさらわれてしまったように。

ぼくは焼きタラコの事が頭でいっぱいになってしまった。

焼きタラコをめぐる疑問を解決する物語が始まった瞬間である。

[amazonjs asin=”B00DQGA1GI” locale=”JP” title=”羊をめぐる冒険 文庫 上・下巻 完結セット (講談社文庫)”]

そもそもタラコとは何?

たらこについて先ずは調べてみましょう。

たらこを文字で表現する方法として平仮名で書いても良く、カタカナで「タラコ」としても問題ない。

あるいは漢字で「鱈子」と表示してもオーケー。

「TARAKO」とローマ字で書いた場合でも声優さんのTARAKOさんからクレームが届くことは絶対に無い。(保証はできかねるが)

そして肝心の実態はタラ(鱈)の卵巣を取り出し食品として加工したものである。

要するにお魚さんのタマゴであることから魚卵という扱いとなる。

鱈(タラ)というお魚(フィッシュ)から取り出している卵というワケで鱈子(たらこ)というネーミングになったと考えられる。

このネーミングに関しては紐解こうと試しに「たらこ協会」と検索してみた。

すると個人ユーザさまらしい人が有料情報を販売するnoteというコンテンツで全日本たらこ協会というメディアを運営されていることが分かった。

しかしこのたらこ協会さまは今回求めているような情報を発信する団体さまではないようです。

たらこ協会さまから情報を求めるのは無理だと判断し他の媒体へ情報を求めたがそれらしい情報にはヒットしなかった。

そこでこの情報を探すためにウィキペディアをひらいてみた。

Wikiでは昭和30年ごろまで「鱈の子」という表現をしていたとされ鱈子をたらのこと読めるのでいつしか「たらこ」と呼ばれたと記述されている。

そしていつ頃からそのような読み方となったかはハッキリしないとウィキペディアさまは仰せである。

なお、開高健氏の書籍「青い日曜日」(1965年〜67年)でハッキリとカナでタラコと書かれた記録文献として取り上げられているとも示されている。

ちなみに開高氏の名前は80年代を代表するフジテレビの人気ドラマ「北の国から」でこごみさん(児島みゆきさん)が田中邦衛さん演じる五郎に本読めと薦められていた作家として開高健氏の名前が登場している。

タラコの歴史と生い立ち

では日本人はいつ頃から鱈子を食べていたのか?

遠藤さんという方が残した茶道関係の書物に(1696年の書物)鱈の子は北国からの名物という記述があり江戸時代の前期には食べられていたようである。

では江戸時代の前期とはどんな政権でだれが偉そうにしていた時代か興味が湧いてきた。

江戸時代前期と言うことは徳川家が豊臣家滅亡の1600年ごろからやっと俺の時代がやってきたと家康さまが政権を握り張り切っていた時代となる。

文献の記録である1696年であれば家康さまは既にお亡くなりになり、徳川家当主は第5代将軍「徳川綱吉」さまとなる。

タラコがその時代から食べられていたということであればおそらく庶民の人達が食べられるものでは無かったと想像できる。

おかげさまでこの昭和から平成の平和な時代に生まれましたので貴重な「タラコ」を食べられる機会に恵まれたことには感謝しなければならない。

もし生きる時代が「いま」で無かったら食べることは出来なかった。

(もしかしたら上級武士や代官に生まれイケイケだった可能性だってある)

マダラ不漁の影響がキッカケでタラコ供給が広がる

当初、真鱈(マダラ)を財源てした対象としたタラコであったが明治36年ごろマダラが漁れなくなる。

この影響でスケトウダラに切り替わることで漁が発展、原料を安定的に確保することとなりタラコが全国的に広まったとされる。

1900年を過ぎる頃の真冬の2月〜3月には鱈子は店頭で見かける定番商品となったと文献に記載があるとしている。

当時はタラコにお酢をかけて食べていたとされる。

タラコを食べるメリットとデメリット

タラコを食べることでどんな栄養素を摂れるメリットがあるのか?あるいはデメリットについて考えてみる。

たらこのメリット

栄養価が高いのがたらこの特徴です。

・たらこから得られる主な栄養素

  • ビタミンE
  • がんを発生させる「過酸化脂質」を抑える働きがありホルモンの分泌、代謝を促します。ほかにも多くの女性が悩む冷え症にも働きかけると報告されています。

  • タウリン
  • タウリンはアミノ酸のひとつですが悪玉コレステロールを抑え善玉コレステロールを優位にする特徴を持っています。
    心筋梗塞や脳梗塞の原因に挙げられる動脈硬化を予防し、肝機能を強化してくれる効果があります。

  • パントテン酸
  • パントテン酸は、「抗ストレスビタミン」とも呼ばれています。ストレスに抵抗するという意味どおり疲れやイライラなどのストレスを和らげる「副腎脂質ホルモン」の分泌を促す特徴があります。

  • タンパク質
  • タンパク質は人間の体を作る三大栄養素として脂質・炭水化物に並ぶものです。たんぱく質が臓器や筋肉、エネルギーなどさまざまな機能に役立っています。

    たらこのデメリット

    下記の記事によると塩分濃度が高い食品を食べることで胃がんリスクが高まるとあります。
    胃がん発生率が高まる食材

    ほかにも痛風に関係するプリン体がいくらの3.7mgに対したらこでは120mgも含まれておりコレステロールが高い傾向がある方は注意が必要です。

    ではタラコを食生活に取り入れる事で我々にどんな影響があるのか考えてみたい。

    タラコの存在と食し方をひと言で例えると「諸刃の剣」という表現がぴったりです。

    諸刃の剣と鱈子の関係

    諸刃の剣(もろはのつるぎ)というのは嶺が無い剣のことで刃が2面に存在していることを言います。

    従って相手を攻撃する場合には自分側にも刃が向くので使い方を誤ると大きな損害を招きかねないと言う意味です。

    現代人の方に分かりやすいイメージではアニメ機動戦士ガンダムで主人公のアムロレイが搭乗するモビルスーツ「ガンダム」がジオン軍のシャアと対戦するときなどに使用するビームサーベルもある意味諸刃の剣です。

    このビームサーベルは諸刃の剣どころか全方向がダメージを与える構造になっているのでより扱い方には注意が必要です。

    [amazonjs asin=”B06ZZCF9Z7″ locale=”JP” title=”機動戦士ガンダム Blu-ray Box”] [amazonjs asin=”B00TF9XJD2″ locale=”JP” title=”池田工業社 機動戦士ガンダム ガンダムシールド&ビーム・サーベル”]

    このような意味を踏まえてタラコの栄養価が諸刃の剣となる原因を検討してみましょう。

    タラコはご存知通り栄養価が高く女性の美容にも有効な栄養素が盛りだくさんな食品。

    しかしコレステロールや塩分も高くプリン体と尿酸値も高いので高血圧が気になる方や痛風へまっしぐらというまさに毒にも薬にもなると言う諸刃の剣な食材。

    [amazonjs asin=”4391143313″ locale=”JP” title=”NHKきょうの健康 痛風・高尿酸血症の食事術【ポケット版】 (すぐに役立つ健康レシピ)”]

    病院で処方してもらった何らかの薬も副作用という副産物を生みますので栄養価の高いタラコも注意が必要です。

    タラコの摂取目安としては、おっきいのなら半分で小さいタラコなら1本でおよそ30グラムが適量となります。

    ごはんにぶっといタラコ1本を乗っけて御飯を何杯もお替りというのは自殺行為として認識しておくのが家族を養うお父さんのたしなみであることは言うまでもありません。

    何事も加減が大事ですね。

    タラコの種類と美味いと評判のタラコ商品

    タラコのバリエーションとしては今更ですがシンプルな塩漬けタラコと唐辛子に漬け込んだ明太子が存在する。

    個人的には明太子が好みではあるがプレーンなタラコもなかなか捨て難いのではないでしょうか?

    この感覚に近いのがポテトチップスかもしれない。

    [amazonjs asin=”B0036Y0B7E” locale=”JP” title=”カルビー ポテトチップス うすしお味 60g × 12袋”]

    たまに辛いものが欲しい時はカラムーチョのポテトチップスを買ってしまいそうになる。

    [amazonjs asin=”B01LFA9AO0″ locale=”JP” title=”湖池屋 カラムーチョチップス ホットチリ味 55g×12袋”]

    しかし、さんざん悩んだ挙句に結局はシンプルな塩味のポテトチップスがやっぱり美味しかったりするのに似ているのではないかと思います。

    その様な観点から考えるとやはりシンプルなプレーンタラコはまだまだ根強い人気を集める食材だと言えます。

    と、言うわけでシンプルタラコと明太子から評価の高いものを探してみた。

    やはりお買い得な商品は「訳あり」などで崩れたものや色の規格外のたらこ商品がコスパに優れて選ばれているようである。

    [amazonjs asin=”B007BK6T2A” locale=”JP” title=”博多食材工房 焼鱈子用のたらこ2Kg入 わけあり 加工用 (色の規格落) 067-341 YT-K鱈子2k 訳あり”] [amazonjs asin=”B005OEK31S” locale=”JP” title=”博多食材工房 番外品 無着色 一本物(Sサイズ) 明太子 人気No.1 特上 辛子明太子 1Kg(250g×4袋)067-221 上明1000N(P)”] [amazonjs asin=”B01N13UJXM” locale=”JP” title=”うまみ堂 無着色 辛子明太子 1kg ( 小切れ ) 業務用 訳あり めんたいこ 切れ子”]

    鱈子を焼きタラコにするメリットとお弁当に入れる必要性

    さていよいよ本題の「焼きタラコ」について言及するときがやって来ました。

    ではタラコを焼くことで得られるメリットとは何なのでしょう?

    幾つか考えられるので箇条書きに致します。

  • 彩りが綺麗な赤色になりお弁当に入れたとき華やかになる。
  • 生タラコだったら特に夏場は弁当に入れることができない。
  • 生のヌメッとした食感が無くなるので食べ易くなる。
  • 焼くことで塩分が凝縮され塩味の効いたパンチのある味わいになりゴハンが進む。
  • タラコを焼く楽しみが得られる。
  • タラコに過去、苦渋を飲まされた苦い経験があり焼くことで復讐が叶えられる。
  • じつはタラコは生で食べられるよりも焼いて食べてあげるほうが好みの味になる。
  • まとめ!タラコと健康について

    摂りすぎは健康面での影響も心配されるたらこであるが、やはり栄養価が高く魅力的な食材であることに変わりはありません。

    そのような意味では、中学生である我が子に栄養のあるおかずを食べさせてやりたいというお母ちゃんの「愛情」が焼きタラコが弁当に実装された大きな理由だと大人になったぼくが辿り着いた答えです。

    栄養価の高い食材はいろいろとあるものですが、バランスの摂れた食生活を送ることが大切なのは言うまでもありません。

    しかし好物のタラコなどはやっぱりたくさん食べたくなるものですし、不規則な生活習慣のために栄養バランスや野菜がちゃんと摂れない食事を送る方も少なくないようです。

    そこで好きな物を食べながら健康を維持するために取り入れたいものが青汁やサプリなどの健康食品です。

    最近ではドラッグユタカやマツキヨさんなどでも買い求めやすい価格の青汁が販売されていますので、体調が気になるという方はぜひお試しください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    3 × one =

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    オートバイ事故で脊髄損傷の障害を負うことになり車いす生活を送っています。 車いすの生活は2020年現在で34年目を迎えました。 このブログはぼくの車いす人生のなかで全力で取り組んできた経験や出来事をまとめています。 脊損のぼくが全力で経験してきたことを紹介するという意味でブログのタイトルを【全力脊損】としました。 どうぞよろしくお願いいたします。 プロフィールページで触れていますがぼくはギターや音楽にも長年親しんできました。 ゴリゴリの昭和世代のためにいまでもレコードプレーヤーで音楽を聴いていますが音楽関連のガジェットにも興味があり気にいったアイテムをブログでレビューしています。 30年間の脊損人生でチャレンジしてきたことをこのブログでお伝えできればと思っています。 >>>azuhikoのプロフィールはこちら