iPhoneで手軽に聴く音響機器は?コスパ抜群のデジタルアンプ4機種をピックアップ!BOSSサウンドリンクⅢのレビューも

iPhoneで手軽に安価な音響環境を構築したいと思いコスパに優れたデジタルアンプを探すことになりました。

キッカケはブルートゥーススピーカーのBOSSサウンドリンクⅢを試す機会が発端です。

ぼくはアマゾンプライムに加入後、プライムミュージックをアイフォン端末から音楽を流す環境で楽しんでいましたがそんなに音質が良くありません。

当然スマホのスピーカーから流れる音質では物足りなくなってきたのです。

手軽にスマホから音楽を流すブルートゥーススピーカーに興味があったので、たまたま知り合いがボーズのサウンドリンクIIIを持っている事もあり試しに自分のiPhoneを接続させてみたらかなり音質です。

そこで安価でスマホ端末で聴くよりも良い環境で音楽を流す音響機器を用意したいと考えるようになりました。

こんなタイミングで発見したのがデジタルアンプの存在です。

この記事ではコスパ的にも音質的にも評価のあるデジタルアンプを4機種、ピックアップしてみました。

参考にしていただけたらと思います。

ではまずそんなデジタルアンプを探すことになったそもそものキッカケとなったボーズサウンドリンクⅢの簡単なレビューからどうぞ!

BOSSサウンドリンクⅢの印象!

BOSSサウンドリンクⅢは低音が効いた音質でさすがBOSEと思わせるサウンドでびっくりです。

しかしボーズのスピーカーだけあって結構なお値段がするシロモノでカネがあったら欲しいけれどスピーカーだけの機能でまさか¥30000以上もする商品を買う気にはなれない。

なぜなら同じぐらいの金額を出すならオンキョーなどでブルートゥース機能が付きCDも聴く事が出来るネットワークCDコンポが余裕で買えてしまうからだ。

ではBOSEサウンドリンク以外のメーカーで発売されているブルートゥーススピーカーは¥5000前後の価格帯で存在しているがレビューなどを読んで行くとアタリ、ハズレも多く本家?サウンドリンクの品質にはかなわないと言う評価も見られる。

1度サウンドリンクの良さを試して知っているだけに品質の下がるブルートゥーススピーカーを買う気にもなれず他にスマホからの音楽を良い品質で聴く方法は無いものかと思案しているところデジタルアンプの存在を知ったのです。

iPhoneで手軽に音楽を聴くコスパ抜群のデジタルアンプは?

  • デジタルアンプとは?

デジタルアンプに知識がなく調べてみると「ゼロ」、「イチ」のデジタル信号を使う事で効率良くデータの増幅を実現したアンプの事とある。

さらにアナログアンプと比べるとデジタル信号のメリットで高い効率でデータを増幅する事から消費電力や発熱を抑えるられる点が大きな特徴とメリット。

このようなデジタルアンプの存在をはじめて知りアマゾンのレビューなどを確認してみると何十万円もする高価なオーディオアンプと比較しても変わりがない程の音質との評価を確認できる。

大きさはだいたいどれも小説などの文庫本程度のサイズでかなりコンパクトな形状で電力を取らないだけでなくスペースも取らない形状になっている。

品質については品物次第という印象を感じるもののデジタルアンプ自体の価格は安いもので¥3000台で購入できる。

もし本当に数千円のデジタルアンプが品質に問題無いのなら家で遊休品として眠っているオンキョーのスピーカーを使えばアンプと接続する為のオーディオケーブルやスピーカーケーブルなど必要な付属品を揃えても1万円ほどの予算でiPhoneを使った音響システムが実現することになる。

ここまでデジタルアンプについて調べてみたメリットと特徴をまとめると……

  • 本格的なオーディオコンポより消費電力も発熱も少ない。
  • 設置場所も取らずにコンパクトな形状
  • 音質についても高価なオーディオアンプと変わりがない
  • 価格は安い物で数千円から

価格的にも数千円程度で購入できるのでももし失敗しても損失も少ないのではと思います。

わざわざ高くてデカイオーディオコンポやスピーカーだけの機能のサウンドリンクを買わなくても安価、手軽で品質の良いデジタルアンプのほうに魅力を感じる。

接続機器を工夫すれば音楽を流す機器/デバイスなどはiPhoneだけでなくレコードプレーヤーも接続し拡張出来る可能性もある。

デジタルアンプのデメリットは?

  • 中国製であるため品質と耐久性に不安
  • イコライザーなどの音質調整機能が無い
  • 店舗で実物を確認できない

大きなデメリットとしては中国製である以上、品質と耐久性が一番になると思います。しかし今更中国製品が不安だなって言ってたら街中にある商品なんてほとんが中国製ですからね。そんなの言ってたらモノなんて買えませんよ。

製品自体の良し悪しはレビューを書いて頂いている投稿者さんの内容を頼りに丁寧に確認していけばハズレを極力減らすことが出来るんでは無いでしょうか?

デメリットをしのぐデジタルアンプのメリットの魅力に惹かれ気がつけばもうその気になり始めレビューで評価の良いデジタルアンプを探してみる事にした。

評価の良いデジタルアンプは?

アマゾンのレビューを確認して評価の良いデジタルアンプから次の4点を選んだ。

  • Lepy 新モデル LP-2024A+ (シルバー)デジタルアンプ(本体+RCAオーディオコード+ACアダプタ 12V5A +バナナプラグ) LP-2020A バージョンアップ版
  • ELEGIANT Bluetooth 2チャンネル パワーアンプ ステレオ スピーカー HI-FI アンプ ゴールド
  • SMSL SA-50 デジタルアンプ 50Wx2 T-AMP 高品質HIFI (ゴールド)
  • FX-AUDIO- FX202J【シルバー】TA2020搭載D級小型デジタルアンプ

FX-AUDIO- FX202Jは販売終了のため「FX-AUDIO-FX1002J」などの後継機種がリリースされています。

Lepy LP-2024A新モデル

レビューの評価は良いとう好意的な投稿もあって購入したいモデルのひとつ。アンプに接続するケーブルなども最初から付属している中で低価格が魅力のデジタルアンプ。

しかし電源が入らなくなった等の不良品の評価も見られるので買うとなると若干の不安を感じる。

そして同じような型番の商品があちこちにあり価格もバラバラで一体どれがマトモな物なのか?はっきりしないし迷ってしまう。

ひと通り見て廻った結果下記の商品ページの物が電源アダプターも付いており価格も最安値に近くてバージョンアップの新型とあったので買うなら下記から購入するのが無難な様子。

ELEGIANT Bluetooth 2チャンネル パワーアンプ

つぎにELEGIANTのアンプはブルートゥース機能が付いていることが大きなメリット。

電源アダプターは付いていると言うレビューがあれば付いてなかった場合もあり詳細ページを確認してもはっきりしない。価格は¥3000台でかなり購入のハードルも低い。

入力端子にケーブルを差している場合はブルートゥースは認識されない構造になっているとのレビューもあることからブルートゥース接続で音楽を聴く方法がメインならこちらのデジタルアンプが活躍すると思う。

SMSL SA-50 デジタルアンプ

SMSL SA-50のほうは50Wでパワーもあり大きな部屋で聴きたい場合など申し分のないスペック。

レビューの内容も1番多く70件ほどのレビューが投稿されているので実績としては問題の無い印象を受ける。

その内容もほとんどが満足されている投稿ばかりで安心できる商品の様子である。ちなみに投稿が多いのはゴールドの商品ページになる。

電源アダプターは付属していると商品ページで確認できる。どのアダプターを買えば良いのか迷わなくて済む。

本体前面のアルミ削り出しパーツが高級感を醸し出している。ブラック、シルバーとゴールドの3色が存在する。個人的にはゴールドがいいかなあ〜。

最後にFX-AUDIO-FX202J(FX-AUDIO-FX1002J)

こちらのアンプも本体前面はアルミ削り出しパネルの構造で見た目も素晴らしい。

商品ページはどのデジタルアンプよりも詳細な内容で内部に装備されているデジタル部品の確認が出来る。

残念ながら自分には知識が無いのでそれらのパーツ群がどれほど良い品質の物なのか理解が出来ないが詳細に書かれている姿勢が信頼性高い印象を受けます。

残念なのは電源アダプターが別売な点ではあるが商品ページに推奨条件が書かれているので適合するアダプターを調べる事は問題ない。

アダプターを購入すれば前述のSA-50とほとんど価格は変わらない感じです。

どのデジタルアンプも1万円以下の価格が魅力的で買うとなると実際迷ってしまいますがレビューを頼りにしながら価格的な信頼性を考えるとSA-50かFX202Jが良さそうな気が致します。

  • 2018年9月追記情報

FX202Jは残念ながら販売終了のためか在庫切れの状態が続いています。

現在FX202Jに変わってバージョンアップされたFX1002Jというモデルが登場し、出力もFX202Jを遙かに上回るハイパワー(160w+160w)のスペックです。

こうした状況ですからFX-AUDIOブランドから選ぶとなると新機種であるFX1002Jが有力なモデルとなります。

下記の関連記事でも紹介していますが、さらに比較検討を行い絞り込みを進めてまいります。

関連記事
>>>FX-AUDIO FX202J高評価レビューのデジタルアンプをついに購入!

>>>【コスパ抜群】ELEGIANTのデジタルアンプのポテンシャルを100倍引き出す方法と使い方!

>>>【レコードプレーヤーの選び方と導入方法】デジタル音源にどっぷりのアナタに届けるアナログレコードの魅力!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2 + 14 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人




オートバイ事故で脊髄を損傷し下半身不随の身体で50歳という年齢を迎えることができました。 交通事故で車いす人生を送ることになってしまいましたが30年間の中で色々とチャレンジしてきたことをこのブログでお伝えできればと思っています。 主なテーマはつぎのようなカテゴリーです。 ・障害や脊髄損傷に関すること ・オートバイとサイドカーに関すること ・エレキギターに関すること ・柴犬に関すること ・その他 取り留めない内容をお届けするかと思いますが、よろしくお願いいたします。