社会で標的にされかねないアスペルガー症候群の特徴と過去の生きにくい世の中を駆け抜けたヒーロー

これまで出会ってきた、ちょっと変わってて面倒くさい人達。

無神経に人の神経をピリつかせたり自分中心に物事を考える傾向や自慢話が絶えない…

こんなちょっとイタくて空気が読めない、あるいは人間関係で摩擦を抱える人達は少し特殊で何らかの障害を持ってるのでは?

実はこの様な傾向を持つ状況をアスペルガー症候群と呼ばれ大人の発達障害として認識されています。

アスペルガー症候群とは?

ではアスペルガー症候群についてざっくりと確認しておきましょう。

知的レベルに異常がある訳ではない。

もちろん計算や学力、IQなどは正常な結果を示す。

他者や人間関係の中でコミュニケーションが上手くいかず、摩擦や衝突が発生しやすい。

会話や言葉の深い意味が理解しにくく、皮肉が通じない。

急な予定変更に対応できず一つのことに固執する傾向がある。

要するに
不器用
頑固
人の話を聞かない
こだわる
自己中心
饒舌になったり黙り混んだり気分のムラが激しい
悲観的で被害者意識が強い

とまあこのような傾向があるとされていますが、良く言えば人間らしい特徴を持っておられます。

このアスペルガー症候群は知的障害を同時に持つ場合には自閉症スペクトラムとされています。

ですがそんな事は高貴な学者さま達が決めた事でどうでも良い事です。

大事な事は家庭や会社、それぞれの現場の中でアスペ傾向を持つ人と関わりがある、あるいはその当事者さまが人間関係の衝突を避けながら円満に社会生活を送っていく事であると思います。

むやみに敵を作りかねないアスペルガー症候群の弊害

アスペルガー症候群の傾向を持つ人は時に作らなくても良い敵を作ってしまう場合があります。

本人は敵を作るつもりも、相手を刺激するつもりは無いのですが結果的に喧嘩をふっかける様な言動をしている場面があるます。

例えば、アドバイスや助言を受けてるのにいつの間にかその提案に対して批判的な能書きを述べ始めていたりします。

この場面で模範解答的に「では一度検討してみます」と社交辞令的に対処する事が出来ない様です。

こうした結果、良かれと思ってアドバイスをしている方もいい加減に呆れてしまい最後には「お好きに為されよ」とこの方から距離を置くことになります。

もし相手が悪ければ、“なんでお前の眠たい能書きを聞かされなアカンのじゃゴラァ!”となるでしょう。

余計な一言で敵を作り追い込まれ制裁を加えられてもやはり自分の何が悪いのか自覚は持てないようです。

本人はその自分の行為や言動が相手にどう受け止められているかまで考えていません。

本人は言いたい事を言ってるまでで、その事で自分がどんな処遇を受けるのか計算が出来ません。

こうした背景と傾向がもし相手が悪い場合、恰好の標的にされてしまいます。

その結果、精神的に追い詰められうつ病や人間関係が原因で退職に追い込まれます。

要するに職場イジメやパワハラですね。

原因は空気を読めない側に在るのかもしれませんが本人にある程度自覚があるか無いかと言う点で社会生活の対応の仕方が変わってくると思います。

人間誰しもアスペルガー症候群の傾向を持っている

人間なんだものとは良く言ったもので、そもそも皆んな何かしら性格面でややっこしい部分を抱えて生きているものです。

聖人君子のように在りたいのが理想ではありますが中々そうもいかないのも人間です。

ですから大なり小なり程度のこそあれアスペルガー症候群的な要因を皆んな秘めていると考えます。

とは言えやはり職場や家庭などの家庭生活の中で余りにも極端な性格傾向はおそらく何らかの制裁を受けるたり破綻を招くことでしょう。

ここで肝心なのは自分自身にアスペルガー的な要素を抱えていると言う自覚と自分がムキになりやすい行為や行動パターンが顕著に出やすい場面や状況をしっかり把握し客観的に把握して置く事です。

逆説的ではありますが、おそらく全く客観的に自分の行動を観察出来ず暴走してしまう状態をアスペルガー症候群として診断されてしまうのだと思われます。

ですからある程度、自分自身をコントロール出来る状態に持って行くことが出来ればイジメの標的にもされないしうつ病に追い込まれることも避けられるでしょう。

社会生活や人間集団なんて所詮アスペルガーの集まり

ここからやや短絡的で乱暴な表現と見解になります。

ご機嫌を損ねるようなら申し訳ございません。

さて

ある程度アスペルガー的な性格要素を持ちながら自制出来る状態の人達の集まりの中で常識だ!良識だ!普通だったら!とかそんな事を言い合ってるのが社会です。

言い合ってる当事者はギリギリセーフなだけです。

要するにアッチとコッチは紙一重でギリギリのところでお互いの事を罵り合ってるのかもしれません。

皆んなお利口さんばかりならクソ面白くないヤツばかり

ちょっと面倒クサいなと思われてしまうのも確かなアスペルガー的な要素。

けれど皆んな模範解答的な発言や態度ばかりで本音を言わないヤツばかりになり面白くもなんともない世の中になってしまいます。

そうです、アスペルガー的な要素の魅力は本音でぶつかって来てくれる所です。

ネガティヴな感情もポジティブな感情も抑えることが出来ず全てさらけ出してしまう為に標的にされてしまうのかもしれません。

アスぺではないが生きにくさを抱えながら死んで行ったヒーローとアーティスト

個人的に好きだ、ファンだ!カッコいい!でも生きにくさを抱えながら今はもうこの世にいないヒーローを取り上げたいとおもいます。

ジャニス・ジョップリンさん

1960年代から70年代にかけて活動した女性ロック/ブルースシンガー。
Helloインの大量摂取により死亡。

1980年代に彼女をモデルにした映画「ローズ」でかなりエキセントリックな性格と行動が物語の中で描かれており、観ていて胸が苦しくなった。ちなみにジャニス役を演じたのはベッド・ミドラーでこの映画主題歌「ローズ」を見事に歌い上げている。

ディスコグラフィーとしては、アルバム数枚しかリリースしていないが、ビッグブラザー&ザ・ホールディングカンパニー名義のチープスリルとジャニスの死後、発売された「パール」は、やはり名作。

歌うことで生きることを確認しているかのようなジャニスの激しくてヘビーな歌声は時に優しく、悲しくて切ない。しかし現代のショービジネスにはない本物のロックやブルース、そして人間の生き様がこの名盤に収められている。

70年代が詰まったこの名作をロックやブルースを目指すものなら絶対聴くべし。
この文章をジャニス・ジョップリンさんに捧げます。

カート・コバーンさん

グランジやオルタナと呼ばれる音楽ジャンルで1990年代に爆発的人気のバンド「ニルヴァーナ」のボーカルとギター、ソングライティングを担当した。

しかし1994年3月に自ら頭部をショットガンで打ち抜きこの世から亡くなる。

ディスコグラフィーとしてはファーストアルバムをリリースしてから約4年ほどしかなく、オリジナルアルバムはわずか3枚のみ。しかし大ヒットプラチナアルバムとなったネバーマインドは現在でも売れ続け約4,000枚以上を販売している。

カート・コベーンは時差津未遂や奇行などを度々繰り返す行動やトラックに走り、バンドは思うような活動ができない中、コベーンはあの世に行ってしまわれた。

奇行やトラックにのめり込むだけに、きっと押しつぶされそうなモノを抱えていたに違いないと思うが、もう知る由もない。

名作スメルズライクティーンスピリットを残してくれた彼の才能と存在に感謝したい。

やすしきよしの横山やすし師匠

吉本の漫才コンビで昭和世代ならご存知のやすきよ。そしてボケ担当の横山やすし師匠も愛されながらも理解されにくく、時には攻撃の対象になってしまった方ではないでしょうか?

漫才師の肩書きを持ちながらボートレースに取り組んだやすし師匠は、自身が起こした不祥事や息子の木村一八さんが起こした不祥事で吉本興行から解雇され、ここでやすきよ漫才は完全消滅したことになる。

晩年のやすし師匠は1992年参議院選挙に打って出るなど、精力的に活動するが結果は落選。選挙後の挨拶まわりの帰りに何者かに暴行を受け病院へ運ばれる重症となる。

その後、1996年長年の印朱が祟り、アルコール肝硬変により帰らぬ人となった。

記事を書きながらこんなこともあったなあと懐かしいところであるが、今思えばムチャクチャな人であるのは間違いない。しかしこの無鉄砲さが多くの人を魅了したのではないかと思う。

しかしながら平成29年のこの現代にやっさんのような人はもう絶対に出てこないと思う。なぜなら今や反社会的な行為や行動をするものはもう直ちに制裁を加えられ攻撃の対象にされてしまう。

たとえ有名人であれ、芸人であれ風鈴行為が世間にバレてしまうと、昭和時代のようなおおらかさはもうない。人の揚げ足とりにみんな必死なのだ。

タレントであってもなくても生きにくい世の中、皆様足元をすくわれないようにお気をつけください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


19 − seventeen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人




オートバイ事故で脊髄を損傷し下半身不随の身体で50歳という年齢を迎えることができました。 交通事故で車いす人生を送ることになってしまいましたが30年間の中で色々とチャレンジしてきたことをこのブログでお伝えできればと思っています。 主なテーマはつぎのようなカテゴリーです。 ・障害や脊髄損傷に関すること ・オートバイとサイドカーに関すること ・エレキギターに関すること ・柴犬に関すること ・その他 取り留めない内容をお届けするかと思いますが、よろしくお願いいたします。