EMS腹筋ベルトの品質とデメリット!便秘対策ガジェットにオムロン低周波治療器の活用を考える

脊損として全力で生きるぼくは安価な価格帯のEMSベルトを便秘対策のガジェットとして活用してきました。

【関連記事】>>【脊損のトイレ事情】腹筋EMSベルトの活用

ですがいろいろと問題を感じ始めました。

ハッキリ言ってぼくが使っているEMS腹筋ベルトは大手有名ブランド【シックスパッド】のパチもんです。

けれど安価なパチモンくんの性能は意外にも高くコスパ的にも評価できるので気に入って使い続けてきました。

ですが、いろいろと問題を感じることがあり今回はこの経緯と新たな対策を記事にまとめます。

今回まとめる記事の内容は下記の出来事がベースになっています。

  • 便秘対処にEMSベルトを活用していたが故障の頻度が多くここ1年にも満たない期間で3回くらい買いなおしている。
  • コントローラーから電極につながるプリント配線がすぐに断線する。
  • 断線の影響で肌がプリント配線に触れる箇所に軽い火傷をしてしまうことがある。
  • すでに家には使えなくなった腹筋ベルトに付属する本体コントローラーだけがムダに増えて処分に困る事態になってきた。
  • さすがに火傷するようなシロモノはいくら安くても使い続けられない、早急に代替え品を検討する必要がある。
  • 便秘対策ガジェットにオムロン低周波治療器の活用を考える。

ではご興味をいだだけたら続きをどうぞ!

EMSベルトの活用と品質的な限界

EMS腹筋ベルトをお通じケアのガジェットとして使いだし約1年ほどが経過しました。

使いだしたきっかけは何かのテレビで便秘の対策として腸もみを行うことで腸のぜん動を促すことができるということを知ったからです。

そこでポッコリお腹の筋トレに使うつもりで買っておいたパチもんのEMSベルトを放置していたことを思い出しました。

試しに使ってみると気のせいかうんちくんの降りてくる具合が好調な感じがします。

それからは週2回のトイレ日の前日と当日には必ずEMSベルトをお腹に当ててぶるぶるさせています。

そんな生活が現時点で9か月ほど経過していますがもうすでにEMSベルトを3回も買いなおしています。

なぜならすぐに壊れて使えなくなるからです。

直近で購入したEMSベルトは使いだして一か月もたたない内に2枚のパッドがダメになっています。

腹筋用のパッドがまだ異常なく動作していますが、断線するのは時間の問題です。

下記にいままで買った中国製EMSベルトの3点を写真に収めました。

中央のブルーのラインが入ったEMSが先月の2020年4月に買ったばかりのアイテムです。

現在かろうじて動いていますが、すでに2枚の腕用パッドは断線で使えません。

故障の頻度が多い安物EMSベルト

ぼくが気に入って使うEMSベルトは表面にコントローラー本体が金属ボタンで取り付けできるようになっています。

金属ボタンは裏面の電極につながるプリント配線部分がすぐに断線し通電しなくなります。

気が付くと3回もEMSベルトを買い直し、家には余ったコントローラーがムダにごろごろしてます。

しかし問題はこれだけではありません。

軽ーい火傷もあったりします。

肌がプリント配線に触れる箇所で軽い火傷

ぼくは脊損の7-8番の損傷なので胸から下はマヒがあり、おへそあたりのお腹は感覚がありません。

EMSベルトで腹筋トレーニングしていてもちりちりとかピリピリする感触は感じません。

で、一通りの回数をこなしてベルトを剥がしてみると小さな水ぶくれができたりします。

水ぶくれの大きさは軽いできものほどの大きさで、すぐに治るような状態です。

けれど原因が火傷なので皮膚に跡が残り気持ちの良いものではありません。

火傷の対策にぼくはプリント配線部分に養生テープでコーティングして使うことにしました。

人間というものは知恵を働かせるものです。

しかしフレキシブル素材がEMSベルトの特徴であり弱点です。

養生テープで火傷の水ぶくれを防止できても断線でスグに壊れます。

買っているEMSベルトには腕・足用のパッドが2枚とお腹用パッド1枚の合計3枚のセットです。

しかし3枚のパッドを大事に使っても早ければ一か月くらいで全部だめになります。

その結果、本体コントローラーだけがムダに残り処分に困る事態です。

もう他に良いモノを見つけなきゃ対応できなくなりました。

EMSパチもんベルトからの卒業

安くてそこそこ性能も良くて気に入ってたのですが火傷するシロモノはさすがにもう使えません。

そこで代わりになるEMSベルトを探すことになります。

選択肢としては正規品のシックスパッドを検討できます。

ネックは3万円近い価格です。

シックスパッドの分析と懸念

シックスパッドは確かに高額ですが、もし故障せずに10年間使い続けられる品質ならシックスパッドは絶対に買いです。

けれどおそらく3年も持たないと思います。

コントローラーのバッテリー寿命の問題もあります。

そういう意味では2年持てば良いほうでしょう。

正規品シックスパッドだとしても、きっと裏面の電極部分の構造は模倣品と同じ方法で作られているはずです。

シックスパッド自体がパチもんEMS同様にフレキシブル素材なのでプリント配線が断線する可能性は捨てきれません。

シックスパッドを否定するつもりはありませんが長く快適に使うのはちょっと難しいイメージです。

そう考えると数千円程度で手にはいる模倣品EMSは性能的とコスパを兼ね備えています。

火傷と耐用性の問題さえなければですが。

さてどうしたものかと思案しながらアマゾンの関連商品から見つけ出したEMSベルトに興味を持ちました。

注文したのは明らかなシックスパッドの模倣品

これまで買ったEMSより5倍ほどの価格とアプリも開発しているところを評価のよりどころとして注文しました。


レビューの件数は少ないものの期待できるのはアプリも開発されている商品体制です。

これまでのパチもんよりはるかに高い値段でしたが、期待度で注文しました。

不安もありますが、半年でも持ってくればコスパ的にもオーケーです。

しかし偶然、オムロンの低周波治療器が目にとまりました。

オムロンの低周波治療器をお通じケアガジェットに

アマゾンで目にとまったオムロンの低周波治療器の価格は安い物で4000円ほどです。

用途は治療器ですが、電流を流す仕組みで筋肉に刺激を与えるのでこれまでのEMS腹筋ベルトと構造は同じはずです。

価格的にもリーズナブルです。

大手企業の商品ですからメーカー保証も対応されます。

もちろんアマゾンの返品保証も機能します。

EMSベルトと違うのは有線ケーブルでの使用とパッドが2つでの構造です。

ダメもとで試してみる価値はあると考えました。

仮にお腹に振動を加える効果が期待できなくても肩こりや腰痛ケアに使えるのでハッキリ言ってムダにはならないと思います。

早速、先に注文を入れていたシックスパッドの模倣品をキャンセルしオムロンの低周波治療器を購入しなおしました。

まだ手元には届いてませんが、追って評価したいと思います。

オムロンの低周波治療器を便秘対策のガジェットとなることを期待しています。

今回の全力評価

約一年ほどお世話になってきた中国製ぱちもんのEMSベルトをお通じ対策のガジェットとして全力で活用してきました。

しかしそろそろお別れのときがやってきました。

模倣品EMSベルトにはずいぶん助けていただきました。

全力でお礼を述べたいと思っています。

今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


11 + 9 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オートバイ事故で脊髄損傷の障害を負うことになり車いす生活を送っています。 車いすの生活は2020年現在で34年目を迎えました。 このブログはぼくの車いす人生のなかで全力で取り組んできた経験や出来事をまとめています。 脊損のぼくが全力で経験してきたことを紹介するという意味でブログのタイトルを【全力脊損】としました。 どうぞよろしくお願いいたします。 プロフィールページで触れていますがぼくはギターや音楽にも長年親しんできました。 ゴリゴリの昭和世代のためにいまでもレコードプレーヤーで音楽を聴いていますが音楽関連のガジェットにも興味があり気にいったアイテムをブログでレビューしています。 30年間の脊損人生でチャレンジしてきたことをこのブログでお伝えできればと思っています。 >>>azuhikoのプロフィールはこちら