G&Lテレキャスタートリビュートシリーズの購入と印象をへたれが語る

エレキギターの世界では超有名なレオ・フェンダー氏が最後に手がけたギターブランドとして知られるG&L。

このG&Lのテレキャスターが以前から気になっていました。

G&Lエレキギターのlineupと生産体制を独自分析【テレキャスター購入前提のリサーチ】

2016-09-25

ヒマがあればついついヤフオクやメルカリでテレキャスをチェックする日々が続いておりましたが遂にG&Lトリビュートシリーズアサットクラシックモデルを購入してしまいました。

根気強くフリマサイトをチェックしていた甲斐があり割にお手頃な価格で購入できたインドネシア生産モデルのトリビュートシリーズのTelecasterモデルです。

本家フェンダーモデルを筆頭にテレキャスターモデルを含めた2万円前後の廉価版や国内外のハイエンドギターブランドまでさまざまなギターメーカーがそれこそ星の数ほどの「テレキャスターモデル」を製造販売しています。

そんな多くのギターブランドが扱うなかで本家フェンダーを離れた後にレオ・フェンダー氏が立ち上げたG&Lブランドが手掛けるテレキャスターはやはり手にとって見たい1本です。

今回購入したトリビュートモデルはフェンダーでライナップされているエクスクルーシブシリーズが同価格帯に該当すると思われます。

フェンダーのエクスクルーシブシリーズはフェンダージャパンブランド終了後に継承されたメイドインジャパンモデルです。

ですが一方のG&Lトリビュートシリーズはインドネシア生産のギターとなります。

製造コストを抑えたインドネシアモデルの品質を確認しながらG&Lトリビュートシリーズテレキャスターの印象をへたれが語ってみます。

インドネシア製G&Lテレキャスターの印象

G&L製ギターの外観で一番に目を引く特徴はネックのヘッドデザインです。

多くのギターブランドがコピーモデルとしてフェンダーテレキャスターのヘッドを模倣するなかG&Lのテレキャスではこのヘッド形状を加工がしにくそうで面倒なギザギザしたデザインにしています。

フェンダーのオリジナルテレキャスターの小ぶりなヘッド形状に比べるとやや大振りな造形はきっとサウンド面での「鳴り」を追求したデザインと思われます。

もちろん持った感じも重みを感じさせる3.7キロの本体重量です。

ただしボディ材に使用されているアッシュの影響ももちろんあると思いますのでネックだけでの問題ではないでしょう。

好き嫌いが別れるヘッドデザイン形状かもしれませんが創業者が過去に送りだしたモデルとは違う形状にしたかったのは想像が付きます。

フレットはジャンボフレットが実装されており現代的なテイストが盛り込まれています。

ペグの操作感はタッチが軽くチューニングの安定感もあり品質は悪くありません。

サウンドの要「ピックアップ」

G&Lの一番の特徴がこのピックアップだと言えるでしょう。

オリジナルのテレキャスが金属のカバードタイプのピックアップなのですがG&Lではマグネティックフィールドデザイン(略してMFD)というパワーのあるオリジナルデザインのピックアップを搭載しています。

このMFDピックアップは弦振動を拾う役割りのマグネットの棒をレンチを使うことでカンタンに調整が可能です。

G&L「アサットクラシックモデル」のサウンドの印象と詳細

高出力ピックアップマグネティック・フィールド・デザイン(MFD)の印象はイヤミのないサウンドでありながら「芯」のあるしっかりとしたサウンドという印象を持ちました。

じつは以前にフェンダーのテレキャスターで5万円ぐらいのギターを買ったことがありガッカリした覚えがあります。

その5万円のテレキャスはぺらぺらの音で好きにはなれず結局は分解してバラバラになった運命です。

もちろんギターに責任はなくてユーザー側の問題であったことは否めません。

当時ギターのクオリティもよく分からずにただテレキャスが欲しいという気持ちだけで購入したギターでした。

今思えばもっとよく勉強して楽器屋さんに相談しながらギターを選べば失敗せずに済んだのかもしれません。

さて5万円のフェンダーブランドのテレキャスと比較して3万円ほどの価格差の今回のG&Lのトリビュートシリーズのテレキャスターですが印象はやはり違います。

G&Lトリビュートモデルの方が作りはしっかりしてる感じはします。

フロントピックアップは結構なメロウで甘いサウンドが出ますし、リアピックアップもテレキャスらしい硬めの音でアンプ側のセッティングで歪ませてもしっかりしたオーバードライブ感の音で反応します。

ギターブランドG&Lの価格構成

余談的にG&Lの価格構成を整理しておきます。

G&Lのギターラインナップと価格構成は現在大きくわけてアメリカの工房で製作されるアメリカシリーズ(USA Series)とトリビュートシリーズと位置づけされるインドネシア製造モデルで成り立っています。

USAシリーズの価格帯は20万円以上になっているのでもうハイエンドギターモデルの領域です。

カネがあれば買いますと言いたいところですが残念ながらギターテク的にもまだUSAシリーズを選択する領域ではないけどもウンコみたいな品質の安物ギターを買うくらいならしっかりとしたクオリティのギターで音楽と演奏を楽しみましょうよと提案されているのがトリビュートシリーズとなります。

このトリビュートシリーズのメーカー希望価格は現在8万2000円(税抜き)です。

まとめ!やっぱりフェンダー?でもG&Lも捨てがたい!

フェンダーのテレキャスターはやはり魅力的でヘッドにスパゲティロゴが乗った「fender」ロゴはやはり憧れのギターです。

けれどブランドにこだわりが無く、人とは違うギターで音楽を楽しみたいという気持ちならG&Lの低価格帯モデルのトリビュートシリーズは十分なクオリティで「悪くない」1本です。

仮にフェンダージャパンでユーズドのテレキャスターを探すとなればヤフオクなどでも相場価格はかなり高騰しています。

一方のG&Lテレキャスならうまく行けば3万円から4万円でトリビュートモデルなら落札できるので同じクオリティのギターを探すのであればG&Lの方がお得感はあると思います。

ただしオークションなどはお決まりの逃げ口上ノークレームノーリターンがあるので初心者さんにはおすすめ出来ませんが親切な楽器屋さんなどで相談されてG&Lをお探しになってみてはいかがでしょうか?

オリジナルな設計とクラシカルな風貌を守り続けている本家フェンダーのテレキャスターとのオリジナルな設計のG&Lテレキャスのどちらも手に取ってみたい魅力あるギターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


19 − 7 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【yasui】 オートバイ事故で脊髄損傷の障害を負うことになり車いす生活を送っています。 車いすの生活は2020年現在で34年目を迎えました。 このブログはぼくの車いす人生のなかで全力で取り組んできた経験や出来事をまとめています。 どうぞよろしくお願いいたします。 プロフィールページで触れていますがぼくはギターや音楽にも長年親しんできました。 ゴリゴリの昭和世代のためにいまでもレコードプレーヤーで音楽を聴いていますが音楽関連のガジェットにも興味があり気にいったアイテムをブログでレビューしています。 30年間の脊損人生でチャレンジしてきたことをこのブログでお伝えできればと思っています。 >>>プロフィールはこちら