ワイマックス回線から光回線の乗り換えで解決できたストレスと問題

自宅のネット回線をワイマックスから光回線に変更しました。

乗り換えに選んだ回線はソニーが大々的に広告を打ち出している【NURO光】です。

NURO光へ乗り換えてから半年ほど経過しましたが、ワイマックスで抱えていた不満と問題はほぼ解決です。

今回の記事は光回線によって解決できたことをまとめておきます。

Wimaxから光回線の乗り換えで実現したこと

ワイマックス回線から光に切り替えて実現した項目をざっとまとめます。

  • 動画をがんがん観れるようになった
  • ブログの更新がはかどるようになった
  • いつでもネットが使えるようになった

つまり光回線にしたことでストレスのない通信環境が整いました。

じゃあそもそもなぜワイマックス回線を使っていたのか?

ワイマックスを契約した理由

じつはワイマックス回線は光回線からの乗り換えでした。

光回線を解約してワイマックスに乗り換え、そして再び光回線に戻ってきています。

ワイマックスを選んだのはネットの通信費を改善できないかと考えたからです。

当時加入していた光回線は光電話のプランも含めて月額5500円を切るぐらいでした。

加入してすぐにキャンペーンのメリットがありましたが、2年を超える契約更新にはメリットがありません。

そこでワイマックスを扱うプロバイダのなかからリーズナブルな料金プランを打ち出している【カシモワイマックス】を検討し使い放題プランに加入しました。

【関連記事】>>カシモワイマックスを契約

選択した端末は持ち運びできるモバイル端末ではなく常時コンセントに差しておけるホームルーター【L01s】です。

目標とする月額料金は4000円台を切る数字を目指しました。

カシモワイマックスの乗り換えで通信費の改善という目的は果たせましたが、じつは不満と問題もありました。

ワイマックスの利点と問題点

ワイマックスは光回線のようなケーブルを引き込む工事が不要です。

ルーター本体だけで完結するのでフットワークの軽い使い方ができます。

ぼくが加入したのはコンセントに差して使うホームルーターですが、電源が利用できるオートキャンプ場なら屋外にだって持ち出せます。

ケーブルと端末がごちゃごちゃすることも無いのでパソコン周辺はスッキリします。

お掃除もカンタンです。

ワイマックスは3日間で10ギガの通信容量を超過すると速度制限を受けると案内されているがほとんど影響がないことも使ってみて分かりました。

インターネットラジオの【http://radiko.jp/】をワイマックスで聴いてみると普通なら接続できない他府県のチャンネルを楽しめたのも発見でした。

(ですが2020年5月現在ではもう他府県チャンネルにチューニングできません、残念!。)

利点もあったワイマックスの問題点

ワイマックスは時間帯によってつながりにくいです(個人的な印象)。

とくに夕方16:00ごろの時刻になるとつながりにくい印象です(ぼくの住宅環境では)。

で、急ぎの作業がある場合やがっつりネット接続してブログを更新したいときにストレスを感じます。

こんな経験から常時快適に通信できる環境を求める場合には不満を感じます。

そこで通信環境を快適にするためにまた光回線を選んだという結果です。

光回線【NURO光】の貢献度

ネット回線をNURO光に変更して快適な環境になりました。

月額料金は数字では5200円ほどの金額になります。

しかしキャッシュバック特典を活用すればカシモの月額料金とほぼ同じ条件で考えることができました。

気のせいか接続にモタつく感じがたまありますが、フリーズするような現象はまったくありません。

ワイマックス回線のときはつながりにくい状況では動画のストリーミングにストレスがありましたが、もうガンガン観れます。

いま新型コロナウイルスの影響でテレビ番組がコロナ一色の状況です。

情報を集めておくのは必要ですが、さすがにうんざりしますし、滅入ってます。

この状況の逃げ道にアマゾンファイアTVスティックをテレビに装着してアマゾンプライムビデオやTver,アメバTVが大活躍しています。

緊急事態宣言のなか、ワイマックス回線だったら外出自粛で自宅で過ごすしかない状況をマジで乗り切れなかったです。

【関連記事】>>アマゾンfireTVstickの活用

まとめと紹介特典のご案内

最後にワイマックス回線から光回線への乗り換えで解決できた問題をまとめておきます。

  • ブログの更新が快適になった
  • 動画のストリーミングにストレスを感じなくなった
  • 結果的に緊急事態宣言の外出自粛で快適に自宅で過ごす対策になった

ワイマックスに加入した2年前はNURO光のようなデカい金額の特典を付ける光回線サービスの情報をキャッチできなかったのが残念です。

日々新しいサービスが登場しているので定期的な契約の見直しや乗り換えを検討するべきだと考えています。

ワイマックスのスペックを全て否定する意図ではないですが、動画配信のサブスク環境が整ってきているのでこうしたサービスを積極的に活用するにはそれなりの対応が必要だと感じます。

今回はNURO光の乗り換えで通信環境の問題を解決することができました。

契約期間は工事費の分割終了のタイミングでほぼ3年契約の扱いです。

(解約じたいは2年で可能)

最後にNURO光ご紹介特典を掲載しておきます。

ぼくがNURO光に加入契約した経緯で下記の紹介リンクからNURO光に申し込むと通常のキャッシュバック金額に加えて5000円の上乗せ特典をゲットしていただけます。

もちろんノーリスクです。

この機会に快適なネット環境の構築に役立ててください。

>>【NURO光】ご紹介特典のご案内

今回の全力評価

ネット回線のストレスを全力で解決した方法をまとめました。

コロナ自粛が続くくいまでは快適なネット環境なくして外出自粛はあり得ません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


15 + 6 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オートバイ事故で脊髄損傷の障害を負うことになり車いす生活を送っています。 車いすの生活は2020年現在で34年目を迎えました。 このブログはぼくの車いす人生のなかで全力で取り組んできた経験や出来事をまとめています。 脊損のぼくが全力で経験してきたことを紹介するという意味でブログのタイトルを【全力脊損】としました。 どうぞよろしくお願いいたします。 プロフィールページで触れていますがぼくはギターや音楽にも長年親しんできました。 ゴリゴリの昭和世代のためにいまでもレコードプレーヤーで音楽を聴いていますが音楽関連のガジェットにも興味があり気にいったアイテムをブログでレビューしています。 30年間の脊損人生でチャレンジしてきたことをこのブログでお伝えできればと思っています。 >>>azuhikoのプロフィールはこちら