ホンダN-BOXにディーラー販売店の見積もりより9千円も安くタイヤ交換した方法とは?

軽自動車のタイヤ交換は皆さんどうなさっていますか?

マイカーを購入したディーラーさんや販売店でタイヤ交換をする方。

あるいはオートバックス、イエローハットさんなどのカー用品店でのタイヤ交換が主だった方法でしょうか?

実は当サイト管理人はマイカーにホンダN-BOXを所有しています。

購入後から約4年ほど経過した時期にタイヤの交換時期がやってきました。

そこでタイヤのグレードと品質を落とさずに2万円ほどの費用でN-BOXのタイヤ交換を済ませた方法をご紹介したいと思います。

N-BOXのホンダディーラー販売店のタイヤ見積もりの金額

HONDAディーラーさんから新車で購入後、約4万キロを走行してきたころ販売店さんの定期点検の際にタイヤの交換時期ですと純正ノーマルタイヤのお見積もりを頂きました。

しかしお見積もりの金額を確認させて頂くとほぼほぼ3万円のお代金です。

お金持ちではない私は少しでも安く済ませたいので販売店さまにいったん持ち帰ることを告げこの機会に安くタイヤ交換をできる方法とタイヤ販売店を探ってみました。

現在、N-BOXに装着しているタイヤはヨコハマタイヤのブルーアース(BluEarth )AE-01という銘柄でサイズは145/80R13 75Sというもの。

このタイヤとほぼ同等グレードの商品で該当するものはダンロップのエナセーブEC203やブリジストンのエコピアPZ-XCが存在、この中で価格的にも条件の良い販売店で購入/交換を検討したいと考えています。

取り敢えずは点検などで日頃からお世話になっているホンダカーズでのタイヤ見積もり金額は¥29,396というものでタイヤ交換の工賃とタイヤ代金の合計での価格です。

ブルーアース以外にもエナセーブとエコピアの金額を提示してもらい比較してもどれもそれほど変わらない印象です。

そこでディーラーでのタイヤ交換見積もり価格の3万円を基準に他店を比較検討してみることといたしました。

ホンダ正規ディーラー以外でのタイヤ見積もり

ホンダの正規ディーラー以外でどれほどの金額になるのかチェックして見ました。

今回確認したのは下記の店舗です。

  • 近所のフルサービスガソリンスタンド
  • イエローハット
  • ネット通販サイト【アマゾン】

では確認した内容を詳しく説明して参ります。

◆ガソリンスタンドでのタイヤ交換見積もり

ご近所のガソリンスタンドにてクルマの給油ついでに軽自動車のタイヤ交がどれほどの費用がかかるのかざっくりした値段を確認してみたところやはり3万円を切るぐらいの値段で2万8000円前後と言ったところでした。

タイヤのグレードとバリエーションによってもちろん金額は変わってくるとのことで中国などの海外製品を選べば2万8千円よりも安くできる印象でした。

しかし大事な命を預けるタイヤに中国製のタイヤはやはり不安があるのでこの提案は頷けません。

現在のN-BOXに装着される純正品タイヤと同等レベルの商品を選ぶとディーラーよりは幾分か安い程度でガソリンスタンドさんに依頼するほどの大きなメリットは無いと判断しました。

カー用品販売店のイエローハットの見積もり

こちらも近所のイエローハットに出向き値段を確認してみたがやはりそんなに値段は変わりません。

店員さんに詳しく話を伺って見たがタイヤの値段よりも工賃がすごく気になったのです。

イエローハットさんでのタイヤ交換の工賃の内容はタイヤ交換とタイヤ処分料、エアバルブ交換と窒素ガス充填というもので工賃の合計は約¥8,000ですし、実際この金額がそれほど高いわけではありませんよね?

ですが窒素ガス充填の代金が4本で2000円とあり、こんだけの値段をとるほどのものならさぞかしメリットが満載なのだろうと思い、嫌な客と思われようが御構い無しに店員さんに確認してみた。

以下は僕と(某)イエローハット店員さんとのやりとりです。しばらくお付き合いください

イエローハットさんの窒素ガス充填のメリットは?


窒素ガスって燃費良うなるん?

店員さん
いやあんま変わんないです。


ほなどんなメリットあんの?

店員さん
空気が抜けにくいです。


空気なんか給油の時にガソリンスタンドでタダで入れてくれんで?

店員さん
そうなんですよね〜


ほな窒素ガスの意味なんかほとんど無いやん。

店員さん
そうなんですよね〜


ほな窒素ガスを入れるメリットが無いんやったら工賃で窒素ガス充填は省いて安くしてくれへんの?

店員さん
セットにしているので出来ません。


ほなええわ。よそいくし。

以上小劇場ここまで。

イエローハット店舗で店員さんとこのような会話と確認を交わして出来れば2万円台でタイヤ交換したいけどやっぱ無理かなあと思い取り敢えずこの日は帰宅。

ぼんやりと全力12回分割払いで購入したアップルのiMacの電源を入れここでは詳しく言えないような大人のアイテムをアマゾンで物色しているところに何げクルマのタイヤが目に入った。

アマゾンさんってタイヤも売ってる!

いままで日用品やCDなどそれぐらいしかアマゾンで購入しようと考えなかったがちゃんと商品カテゴリーにはカー用品とありますもんね。

さっそく自分のN-BOXに適合する商品を探してみました。

残念ながらブルーアースとエコピアの13インチタイヤはあまり値段が安いとは言えずホンダディーラーや実店舗で確認した数字と変わらないものだった。

だがエナセーブについてはエヌボックスに装着できるタイヤサイズのものでなんと1本¥3360で販売されておりディーラーさんで提示していただいた価格より¥2,000近くも安い値段だった。(価格は相場に応じて変動しています)

そしてタイヤの販売ページにはアマゾンと提携しているタイヤショップやガソリンスタンドでのタイヤ交換が可能になっている。

その提携店での取り付け工賃は安い店舗さんでは¥4000台で交換が可能になっていて、しかもアマゾンで注文したタイヤは取り付け作業を依頼する店舗さんへ直接配送しておくことも出来るというもの。

しかもアマゾンプライムに加入しているならプライム商品であれば当然送料も無料です。

これはもう価格的にもメリット満載でアマゾンに決まりと判断。

結果的にはダンロップのエナセーブを僕は1本¥3,360で購入いたしましたので4本の合計金額は13440円となります。

問題はタイヤを購入した後のタイヤ取り付け作業です。

この点については幸いにも自宅に近い取り付け提携店に宇佐美石油のサービスステーションを確認出来たので早速取り付け依頼できる木津川市の山城SSさんへアマゾンでのタイヤ購入と取付作業の旨をタイヤ購入前に電話で確認してみた。

対応いただいた店員さんの了解を得て安心してタイヤ購入の手続きを行いました。

そしてタイヤの注文の際の注文番号をタイヤの取付作業依頼を行う予約画面で注文情報を入力し送信することでタイヤ購入→取り付け予約の手続きが完了。

注文後の翌日には作業予約をした山城SSさんからタイヤ到着の確認の電話が入り、タイヤ交換を行う日程の希望日を伝えることで調整は完了します。

まだ作業自体は終了していませんがアマゾンで注文したタイヤの購入代金と取付工賃の合計とホンダディーラーさんとのお見積もりの比較では10,000円以上も安くタイヤ交換が可能になる計算です。

このような状況になってくるとますます実店舗とネットを介在したビジネスの展開を採用する企業や販売店での売り上げが変化してくるようになると感じました。

アマゾンでのタイヤ購入と交換予約のまとめ

◆ユーザーのメリットとデメリット

  • メリット
  • 何より実店舗より遥かに安い価格でタイヤ交換が可能になる。

  • デメリット
  • 注文前にタイヤ取り付け店舗にあらかじめ連絡をいれて段取りをつけておく調整が必要な事ぐらい。ネットに馴染みのある比較的若いユーザーやクレジットカードでの決済ができないとアマゾンでのタイヤ購入と交換は難しい。

    タイヤ取付作業店舗のメリットとデメリット

    余計なお世話ですが店舗さんのメリットとデメリットを考えて見ました。

  • メリット
  • タイヤ購入ユーザーがアマゾンで発注作業を行うので店舗は在庫を置かなくてもよくなり発注作業や商品の在庫管理などを行う必要が無い。

  • デメリット
  • タイヤの売り上げが無くなる。アマゾンでタイヤ購入し交換予約を入れるユーザーが発注したタイヤの受け取り対応と作業予約の電話対応と日程管理。

    以上アマゾンでのタイヤ購入と取付予約でした、ご参考になれば幸いでございます。

    加筆情報2017年9・24日タイヤ交換後の報告を追記

    タイヤをアマゾンで注文後、3日後には送り先のガソリンスタンドから商品が届いたとの電話連絡が入りました。

    タイヤ交換の日程を再度電話にてスケジュールを確認し当日ガソリンスタンドへ出向きます。

    スタンドへの来店の時に依頼主であることの証明のためスタンドとアマゾンのタイヤ注文の折り返しメールを印刷し持参していきましたが全く必要はありませんでした。

    店員さんに名前と車種を告げすぐに確認していただき作業はスムーズに始めていただきました。



    まとめ!交換代金の内訳

    ちなみに領収書を紛失してしまいこの記事を作成するために宇佐見サービスステーションのホームページでそれぞれの金額を確認しました。
    (すべて4本での税込み価格です)

    タイヤ交換工賃¥4,320

    タイヤ処分料金¥1080

    タイヤバルブ¥2160

    タイヤの交換の代金合計は¥7,560税込みとなりました。

    そしてタイヤ自体の値段が合計で¥13,440(4本税込み)となったのでトータルでのタイヤと工賃の合計が¥2,1000となりました。

    交換したダンロップエナセーブの走行時に発生するノイズなど乗り心地は問題無く以前のブルーアースとほとんど変化はないです。

    燃費についても影響と変化はございません。

    アマゾンから届いた現物のタイヤは製造年月日はほとんど最新のものと言って良いロットでした。

    ガソリンスタンドやタイヤ販売店で直射日光にされされまくったタイヤを購入するよりよっぽど状態は良いのではとも思いました。

    今回ネットで購入したタイヤの交換作業に関わる情報がこれですべてですが、ネットでのタイヤ購入がこんなにも安くスムーズにできるとは発見でした。

    タイヤ交換を少しでも安く仕上げたいけど中華タイヤなどグレードの低いタイヤに変更するのはやっぱり不安という問題をこの方法で解決出来ます。

    少しでも金額を抑えてタイヤ交換したい方にはオススメできる安心な方法です。

    ぜひご検討ください。



    【関連記事】【脊髄損傷】障害者のクルマ購入の流れと手続き|商談ポイントと消費税非課税の方法

    【関連記事】下肢障害者向け手動装置のニコドライブを使ってみた利便性とデメリットをお伝えします。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    5 × three =

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人




    オートバイ事故で脊髄を損傷し下半身不随の身体で50歳という年齢を迎えることができました。 交通事故で車いす人生を送ることになってしまいましたが30年間の中で色々とチャレンジしてきたことをこのブログでお伝えできればと思っています。 主なテーマはつぎのようなカテゴリーです。 ・障害や脊髄損傷に関すること ・オートバイとサイドカーに関すること ・エレキギターに関すること ・柴犬に関すること ・その他 取り留めない内容をお届けするかと思いますが、よろしくお願いいたします。