Shell EasyPayを脊損目線で評価!クレジットカード不要で給油できるメリットを語りたい

本記事ではクレジットカード不要で給油できるIC型キーホルダーツール【シェルイージーペイ(Shell EasyPay)】を車いすユーザーの立場で評価します。

今回のテーマを取り上げる経緯と体験根拠を示します。

  • Pontaポイントの有効活用を狙いauPAYカードを発行
  • 昭和シェルガソリンスタンドでIC型決済キーホルダー【Shell EasyPay】を発行
  • Shell EasyPayの活用メリットでクレジットカード不要となった

シェルイージーペイを車いすユーザーのマイカーライフに活用したメリットを記事にまとめます。

マイカーライフとシェルイージーペイ活用メリット

脊髄損傷の立場ではクルマの移動手段は必須。

マイカーにスズキソリオを所有し脱着式の手動装置(ハンドコントロール)を運転席に取り付け普段使いに活用。

【関連記事】

スズキソリオとトヨタルーミーのエンジン性能比較!パワーウェイトレシオを評価軸にした結果を語りたい

手動装置のニコドライブを車いすユーザーの立場で評価!脱着式構造の利便性とデメリット

しかし脊髄損傷として悩ましい問題がガソリンスタンドの給油。

最近特にフルサービス給油のスタンドが廃業およびセルフスタンドへの切り替えが目立つ。

車いすの環境では危険物のガソリンをスタンドで巻き散らかすワケにはいかないのでサポートをお願いできるスタンドを選びスタッフさまに給油をお願いする状況。

そこで出てくる問題が決済。

これまでキャッシュカードを手渡し決済を行っていた。

けれど怖いのは盗難やスキミングなどの悪用。

いまのところ実害の経験はないがニュースなどが伝える事例では現実のものになっている。

>>【google】クレジットカード スキミング

普段使いのガソリンスタンドなら信頼しているし、悪用などのそんな心配は無用だが長距離のドライブで見知らぬスタンドを立ち寄るケースもある。

やはり用心しておきたいところ。

そんなクレジットカードの悪用に【シェルイージーペイ(Shell EasyPay)】が安全面で効果を発揮する。

▼シェルイージーペイの特徴とメリット

シェルイージーペイ(Shell EasyPay)はキーホルダーのような小さなIC型の決済機能を備えるツール。

シェルイージーペイをガソリンスタンドの給油マシンに配置されるセンサーにシェルイージーペイをかざすだけで代金の支払いが完了。

とても便利。  

1度きりしか利用しない遠方のガソリンスタンドにカード実物を手渡す必要がなくなる。

シェルイージーペイを発行した当日の給油料金はガソリンは1リッターに付き5円の割引となるのも魅力だった。

しかしシェルイージーペイを利用するためには決済に利用するクレジットカードとシェルイージーペイを紐付ける設定登録が必要。

つまりクレジットカードありきでの決済ツールとなる。

今回のシェルイージーペイの導入にはシェルガソリンスタンドと提携する【Pontaポイント】の活用メリットを重視し【UQモバイル】から発行のauPAYクレジットカードを登録。

UQモバイルはただいま全力でiPhone7に活用中。

UQモバイルで通話SIMを発行後提携するauPAYクレジットカードを発行しPontaポイントの特典を獲得。

この組み合わせと環境によってシェルイージーペイでの決済で付与されるポイントは【Ponta
ポイント】に集約される。

溜まったPontaポイントを現金代わりとしてガソリン代の給油決済に充てることができる。

節約面では良いことづくし。

しかしデメリットが全くないワケではない。

あらためてシェルイージーペイのメリット・デメリットを箇条下記でまとめてみる。

シェルイージーペイのメリットとデメリット

▼メリット

  • 給油の際にお財布やクレジットカードをカバンからゴソゴソ取り出さなくても支払いができる
  • 専用アプリと連携しておけば給油の履歴をさかのぼって確認できる
  • 決済がスピーディーになる

▼デメリット

  • 昭和シェルのガソリンスタンドでしか利用できない
  • シェルイージーペイの本体が小さく紛失しやすい

いちばんデメリットの影響が大きいのはシェルガソリンスタンドでしか利用できない事。

つまり給油のタイミングがズレてしまう。

例えば旅行などのロングドライブ中にもうそろそろガソリンを給油したいなーと思うタイミングがあると仮定する。

そんなタイミングでスタンドを発見してもで昭和シェルじゃない場合がほとんど。

このような場面ではよっぽどガソリンがカツカツの状態で無ければスルーして極力、昭和シェルのスタンドが登場するまで給油をガマン。

なぜなら昭和シェルのスタンドならシェルイージーペイも利用できて便利だしし、ポンタポイントが貯まるメリットがある。

このようにどうしても昭和シェルのスタンドに制限される事は多くなる。

対策として長距離ドライブでは早めの給油を心がけている。

ではそのほかのデメリットへの対策を紹介。

▼デメリットへの対策

▽出光昭和シェルサイドの対策  

紛失や盗難で燃料などの決済が万一有った場合は紛失した時期から2ヶ月前にさかのぼって補償される。

シェルイージーペイからクレジットカードの情報を引き出されたりしないのか?というセキュリティ上の問題については心配することはない。

シェルイージーペイを展開する【出光昭和シェル】はEasyPay本体にはカード情報は登録されない仕組みだと説明している。

出光昭和シェルが案内する紛失と盗難への対応

  • 24時間365日体制のコールセンターがサポート
  • 紛失・盗難にあわれても、コールセンターへの届出日を基準として前60日、後3日の間に不正利用があった場合はその金額を補償
  • ただし補償金額の上限はShell EasyPay1個あたり60万円となる
  • 【連絡先】
    ⇒Shell EasyPayコールセンター(24時間年中無休)
    0120-46-1281
    ※盗難、紛失時など等の不正利用による補償制度の適用には、警察への届出が必要

    ▽ユーザーサイドの対策

    • 紛失し難いようにキーホルダーの取り付け  
    • 専用容器に保管
    • 個別番号をスマホに保存
    • 給油の履歴をさかのぼって確認できるように専用アプリと連携している。

    シェルイージーペイの発行時に個別番号が振りあてられる。  

    万一の紛失にはこの個別番号をもとに利用中止の照会が行われる。

    シェルイージーペイを発行した際に個別番号が記入されたカードも一緒に発行され、トラブル時の対応に重要なアカウント情報となる。

    シェルイージーペイの発行方法とカーライフで得られるメリット

    ▼Shell Easy Payの作り方と利用登録方法

    シェルイージーペイはセルフ式の昭和シェルガソリンスタンドで発行できる。

    残念ながらフルサービスの昭和シェルではシェルイージーペイの発行はできないとされる。

    シェルイージーペイを発行さえしてしておけばフルサービスの昭和シェルで給油可能。

    シェルイージーペイの利用登録には免許証とクレジットカードが必要。

    この二つでシェルイージーペイは即日発行される。

    実際の体験では発行にかかった所要時間は約10分ほど。

    ▼シェルイージーペイの魅力で得られるカーライフのメリット

    • ガソリン以外の灯油も含めた燃料購入やオイル交換などのメンテナンスサービスにも利用できる
    • キャンプや旅行で荷物満載の車内からカバンを探し出す必要が無くなる 
    • 地方に出かけた時に普段利用しないガソリンスタンドでクレジットカードを見知らぬ店員に渡さなくても良い  
    • クレジットカードを取り出す頻度が減るので紛失リスクを軽減できる

    シェルイージーペイのメリットを最大化する方法

    シェルイージーペイのメリットを最大化するためにはPonta系のクレジットカードとauPAYの利用がメリットを最大化する。

    繰り返しになるがこの方針を優先した結果、シェルイージーペイに登録する決済カードはUQモバイルから発行した【auPAYカード】を選択。

    【auPAYカード】を利用する根拠はauPAYを運営するKDDIの仕様変更によって決済で発生するポイントはPontaポイントに変更された。

    もちろんPonta系以外のクレジットカードでもシェルイージーペイを利用できる。

    けれどPonta系クレジットカードにしておけばポンタポイントに加盟する昭和シェルでポイントを活用できる。

    貯まったポンタポイントはガソリンの給油で使うこともできるので車を経済的に維持できる。

    まとめ!シェルイージーペイが脊損に役立つ理由

    最後にまとめとしてシェルイージーペイの特徴とメリットの情報を整理します。

    • シェルイージーペイ(Shell Easy Pay)はキーホルダーのような小さなIC型の決済ツール
    • 給油マシンに配置されるセンサーにシェルイージーペイをかざすだけで代金の支払いが完了
    • シェルイージーペイはセルフ式の昭和シェルガソリンスタンドで発行
    • Shell Easy Pay本体にはカード情報は登録されない仕組みでセキュリティ面で安全
    • 給油の際にお財布やクレジットカードをカバンからゴソゴソ取り出す面倒から解放される
    • 特に移動を急ぎたいドライブ中はタイムロスを防ぐことができる
    • 専用アプリとの連携が便利
    • シェルイージーペイを発行するならPontaポイントが貯まるクレジットカードとの組み合わせが経済的メリットあり
    • iPhoneにポンタカードを設定しておけばコンビニの決済でもポイントが貯まる


    結論としてはシェルイージーペイの導入をキッカケにキャシュレス決済の環境が加速することになった。

    スマホ決済ではUQモバイルの通話SIMを設定したiPhone7に決済ツールの【auPAY】アプリをアップルペイ・アップルウオレットに設定。

    決済環境をずべてauPAYに統一したことでPontaポイントが貯まるスピードが早くなった。

    コロナ禍での環境で店員さんとの接触を極力減らしお金の受け渡しの必要がないスマホ決済は脊髄損傷の立場にとってありがたいツール。

    なぜなら脊髄損傷はコロナ感染者となった場合に重症化リスクが高いとされる。

    今回は以上です。

    今回の全力評価

    全力で【Shell EasyPay】を日々のカーライフに活用しています。

    灯油もイージーペイで決済できるのでめちゃ便利!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    2 × 1 =

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    オートバイ事故で脊髄損傷の障害を負うことになり車いす生活を送っています。 車いすの生活は2020年現在で34年目を迎えました。 このブログはぼくの車いす人生のなかで全力で取り組んできた経験や出来事をまとめています。 脊損のぼくが全力で経験してきたことを紹介するという意味でブログのタイトルを【全力脊損】としました。 どうぞよろしくお願いいたします。 プロフィールページで触れていますがぼくはギターや音楽にも長年親しんできました。 ゴリゴリの昭和世代のためにいまでもレコードプレーヤーで音楽を聴いていますが音楽関連のガジェットにも興味があり気にいったアイテムをブログでレビューしています。 30年間の脊損人生でチャレンジしてきたことをこのブログでお伝えできればと思っています。 >>>プロフィールはこちら