FX-AUDIO FX202Jの購入レビュー!アマゾンで高評価のデジタルアンプの活用方法

脊損さん
今回の記事では小型で安価なデジタルアンプ【FX-AUDIO FX202J】の購入レビューとして品質や使用感などの体験をまとめます。

僕はiPhoneを使って低予算で手軽に音楽を聴くためのツールとしてデジタルアンプの活用を思い立ちました。

【関連記事】iPhoneでアマゾンミュージックを聴く音響機器に最適なデジタルアンプ4機種!!!

デジタルアンプならスペースも取らず、大型で置き場所に困るようなオーディオアンプを購入しなくても良いのではと考えたのです。

そこで評価の良い4機種のデジタルアンプをピックアップしました。

その結果、【SMSL SA-50】【FX-AUDIO- FX202J】の2つのデジタルアンプに絞り込みを行い最終的にFX-AUDIO-FX202Jの中華製デジタルアンプを購入しました。

2020年2月現在ではFX-AUDIO-FX202Jはすで型遅れの機種となってしまい、最新型が登場していますが、僕のリスニング環境では十分に活躍しています。

FX-AUDIO製のデジタルアンプのスペックや音質が気になっている方に向けてFX202Jをこのページでレビューします。

コストをかけずに手頃なオーディオを検討されている方やデジタルアンプに興味がある人に参考にしていただければと思います。

では先ずFX-AUDIO-FX202Jに決めた理由からまとめます。

FX-AUDIO-FX202Jを購入した理由

デジタルアンプの検討にあたって最終的にSMSL SA-50とFX-AUDIO FX202Jを候補に比較してみました。

※SMSL SA-50は現在リーズナブルな価格帯の後継機種が登場しています。

▽SMSL SA-50とFX202Jの後継機種【FX-AUDIO- FX-502J】

SMSL SA-50とFX-AUDIO FX202Jでは、どちらも本体はアルミの削り出しパーツを使った高級感ある見栄えでルックスは甲乙つけ難い仕上がりです。

SA-50はアマゾンのレビューの投稿件数自体も多く販売実績としては安心感を与える商品でありレビューの内容も評価が高い印象です。

一方のFX202Jはレビュー件数は少ないものの、その内容については満足したとの購入者さんの感想を読むことが出来ます。

価格的にはどちらもほぼ同じ値段で違う点といえば、SA-50には電源アダプターが付属に対してFX202Jは別売でアダプターを購入しなければなりません。

もしアマゾンプライムに加入していればプライム特典で送料が無料となり、FX202Jとアダプターを合わせて購入すればどちらも価格差はほとんど無いと考えました。

音質的にはどちらも高い評価であるので僕はさんざん迷ったあげく先輩購入者さんのレビューを決め手にFX202Jを購入することに決定しました。

なぜならFX202Jのレビューに両方のデジタルアンプを購入された方の内容にFX202Jのほうが高音がキツくなくアナログサウンドに似た音質であるとの感想があったからです。

fx-auduo-fx202j-ta2020

このレビューを手がかりにFX202Jを購入しました。

FX-AUDIO-FX202Jが届いた!

早速アマゾンで購入の手続きを済ませて到着したデジタルアンプがこちら。

デジタルアンプFX-AUDIO FX202J

ちなみに保証書は無く、カンタンな説明書が同封されているだけの商品。

fx-202j

スピーカーを接続するための端子は金メッキ処理された部品が装備されています。

FX-AUDIO-FX202Jに必要なモノ

ではFX-AUDIO-FX202Jをオーディオアンプとして活用するために別途必要な音響機器などを紹介します。

▽FX-AUDIO-FX202Jと別途購入したアイテム

電源アダプターは別売の為PSE規格品ACアダプターを購入しています。

他にもスピーカーケーブルやアナログレコードを聴くことも想定しているのでターンテーブルを接続するための切り替え機器を購入しました。

▽FX-AUDIO-FX202JとパッシブスピーカーPSA77を接続

スピーカーは手持ちのオンキョーの2ウェイスピーカーPS-A77を接続。

このスピーカーはインピーダンスが6オームの物でエンクロージャーはバスレフタイプのブックシェルフ型。

▽iPadとデジタルアンプをつなぐための3.5mmステレオミニプラグケーブル

ipadなどのモバイルとアンプとの接続は3.5mmステレオミニプラグとRCAピンが着いたケーブルを使用します。

残念ですが購入したFX-AUDIO- FX202Jにはブルーツゥース機能はありません。

FX-AUDIO- FX202JでAmazonMUSICから音源を鳴らす

FX-AUDIO-FX202Jの電源を入れてみると青色の鮮やかなLEDの灯りと電源オン状態を示す赤色のLEDが点灯。

スピーカーを接続し電源をオンにしてもノイズや異音は発生しません。

本体には音質調整の機能は無く電源スイッチと音量コントロールのボリュームだけが付いています。

極めてシンプルな構造です。

まずはアイパッドからAmazonMUSICの音源でザビートルズの【she said she said】を聴いてみる。
【関連記事】スズキソリオのカーステを無線化!Amazon Music Unlimitedでマイカーライフがグッと快適に!

率直な印象としてはデジタルのネーミングらしいスッキリした輪郭のあるサウンドと言う感想を持ちます。

音の分離も良く「ステレオ」的なサウンドが楽しめると思いました。強いて言えばやや低音が物足りなく感じるような気もするが嫌味のない感じです。

とは言え低音がが全くなく薄っぺらいシャカシャカした音ではなくボリュームを上げて少し音がデカイかなと感じるぐらいまで音量を上げれば中低音がしっかり効いたサウンドを聴かせてくれました。

音量の度合いとしてはボリュームつまみを時計の9時を指す位置に回せばもう十分な音量です。

このツマミ位置以上にボリュームを上げればかなり近所迷惑な音量にまで上がるので今回接続した大きさほどのスピーカーを鳴らすにはパワーとしては十分です。

FX-AUDIO-FX202Jでアナログレコードを鳴らしてみた!

モバイル音源からのサウンドを確認出来たので次は手持ちのターンテーブルのヌマークTTXを接続しデジタルアンプで念願だったアナログレコードを聴いてみることにする。

同じようにデジタルアンプ「FX-AUDIO-FX202J」でレコードを聴くことを想定している方にターンテーブル(レコードプレーヤー)の選び方でアドバイス。

レコードプレーヤーとアンプの接続には、本来フォノイコライザーという機能が必要です。

現在ではフォノイコライザー機能が内蔵されたレコードプレーヤーが発売されていますのでデジタルアンプでレコードプレーヤーを聴きたいと予定しているなら絶対にフォノイコ搭載のプレーヤーを用意してくださいね。

もし万一フォノイコ非搭載のレコードプレーヤーであれば別途にフォノイコライザーを用意すれば問題ありません。

▽レコード音源でFX-AUDIO-FX202Jのサウンドをチェック!

やはりアナログ音源の方が角の取れたまろやかなサウンドになり聴きやすいサウンド。(だと思う)

特に高音が少しカットされた印象になり中低音が出る芯のあるサウンドになるので個人的にはアナログ音源でデジタルアンプを楽しみたいと思います。

(ロック聴くなら、ビートルズを聴くなら断然レコードだ!)

特に最近では音楽をインターネットで配信するサブスクサービスの登場でアナログレコードの存在に僕は価値を見出しています。

なぜならアマゾンミュージックアンリミテッドの利用でCDの必要がほとんどと言って良いくらいに存在する意味がありません。

けれどサブスクは物体としての存在もなくライナーノーツを読んで楽しむということもジャケット写真を眺めることもできません。

そこでレコードの登場です。

本当に自分にとって欲しいバンドやアーティストの音源だけをCDではなくアナログレコードで手元に持って置きたいという欲求を叶えてくれる存在がレコードです。

サブスクがレコードにもう一度可能性を与えてくれたんではないでしょうか?


FX-AUDIO-FX202Jのメリットとデメリット

では今回購入した「FX-AUDIO-FX202J」でどんなことが対応できるのかまとめてみます。

「FX-AUDIO-FX202J」のメリットと特徴
  • スマホやアイフォンなどのモバイル端末と接続し音楽をスピーカーから再生できる
  • レコードプレーヤーとの接続
  • スマホにアプリ「http://radiko.jp」をインストールしてFMラジオ番組のリスニング
  • 「FX-AUDIO-FX202J」のデメリット
  • ブルートゥースで接続できない
  • USB端子の装備がなくデジタルで接続できない
  • iPhoneやアイパッドからのデジタルな音源もアナログレコードからのリスニングでも、どちらも思った以上の手ごたえで大満足のデジタルアンプだと思えます。

    このデジタルアンプのメリットは音質だけでなく本当にコンパクトな形状で全く場所を取らずに省スペースで音響システムが実現するので物が多いお宅や部屋にはうってつけに思います。

    もし今お使いのオーディオアンプが故障し買い替えをご検討されているなら騙されたと思ってこのデジタルアンプをお試しください。

    アンプ自体は中国での製造だと思われますが、販売する会社自体はノースフラットジャパンという大阪府和泉市上町に所在する日本の会社ですから安心感を持つことができます。

    もし万が一不具合があったとしてもアマゾンでの返品対応も依頼できるので、万一の不具合についてはそれほど心配はないかと思います。

    まとめ!FX-AUDIOFX202Jを評価

    FX-AUDIO-FX202Jを購入してから2年ほど経過しましたが問題なく稼働しています。

    アンプの電源を入れ数時間放置していても本体はほんのりと暖かくなる程度で高熱となる発熱は全くありません。

    ボリュームコントロールノブのタッチと操作性も問題無く音量調整した際にノイズやガリが発生することはありませんでした。

    今回リスニングのためにスピーカーへ接続しましたがバナナプラグとアンプ本体のスピーカ端子にはグラつきやガタつきも無く問題ないものです。

    最終的な評価としては機械的な精度と品質も問題なく音質も良いデジタルアンプと言えるのではと思います。

    2020年2月現在では、この記事で取り上げているFX202Jは後継機種が登場している背景から廃番となっている様子で購入することはできません。

    こうした事情でFX-AUDIOさんではバージョンアップ的なデジタルアンプ【FX1002J】が登場しています。

    こちらのFX-AUDIO-FX1002Jでは今回紹介した「FX202J」よりもハイパワーを発揮する設計でマックス160W+160Wのスペックを誇っています。

    なので、デカイスピーカーで大音量で楽しみたいと言う場合なら「FX-AUDIO-FX1002J」もアリかな?とも思います。

    ですがFX-AUDIO-FX1002Jは9,000円を少し切るぐらいのちょっと高いかな?と思う価格にもなり、それほどハイパワーが必要でないのなら【FX202A】あるいは【FX-502J】がコスパ的にも優れ検討できるモデルです。

    僕が購入した今では型遅れの「FX202J」は20W×2の40ワットのスペックでしたが、「FX202A」では48W×2の100ワット近いパワーを持っていますので十分なスペックと言って良いでしょう。

    値段も「FX202J」の価格6880円よりも3000円近く安くなった「FX202A」は3980円で購入できます。

    カラーはどのモデルでもブラックとシルバーから選ぶことができます。

    ぜひお値段も手頃でスペースも取らないデジタルアンプで音楽を楽しんで見てはいかがでしょうか!

    オーディオやガジェット好きのアナタにはこちらの記事もどうぞ!!!

    【関連記事】【コスパ抜群】ELEGIANTのデジタルアンプのポテンシャルを100倍引き出す方法と使い方!

    【関連記事】アマゾンで購入した中華製無名メーカーの激安ウェアラブルネックスピーカーのポテンシャルと使い方をレビューします

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    13 + nine =

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人




    オートバイ事故で脊髄を損傷し下半身不随の身体で50歳という年齢を迎えることができました。 交通事故で車いす人生を送ることになってしまいましたが30年間の中で色々とチャレンジしてきたことをこのブログでお伝えできればと思っています。 主なテーマはつぎのようなカテゴリーです。 ・障害や脊髄損傷に関すること ・オートバイとサイドカーに関すること ・エレキギターに関すること ・柴犬に関すること ・その他 取り留めない内容をお届けするかと思いますが、よろしくお願いいたします。