ELEGIANTのデジタルアンプ購入レビュー!便利なBluetooth機能とアナログレコードにも対応【絶対おすすめ!】

アマゾンから100ワットの大出力デジタルアンプ【ELEGIANT】を購入しました。

ELEGIANTを選んだ理由はブルートゥース機能を持っているからです。

ブルートゥースならスマホとアンプをケーブルでつながなくても音楽をカンタンに聴くことができます。

無線で音楽をリスニングできる特長以外に、多彩な用途とメリットを持つELEGIANTの魅力を書き留めます。

ELEGIANTで聴くコスパ抜群のグッドサウンド

最近の若い世代の方たちは音楽を聴く環境はスマホ本体で聴くというスタイルが一般的なようです。

おそらく音楽を聴くためのオーディオ機器を持ってない人も多いんじゃないでしょうか?

ぼくが中学生だった80年代の始めごろ、皿洗いのアルバイトをしてでもずっと欲しかったレコードプレーヤーを買っていたのでオーディオ機器を持たない生活は考えにくいです。

【関連記事】【プロフィール】中学生でアルバイトした理由

しかしそれなりのオーディオシステムはスピーカーも含めるとけっこう大きなサイズになり、費用もそれなりに必要です。

一人暮らしのワンルームとかだったら置き場所にも困るかもです。

そんなハードルをデジタルアンプで解決できました。

ELEGIANTはスマホくらいのコンパクトなサイズでスペースをムダに取ることはありません。

値段もコンパクトサイズです。

通常の価格でも4千円を切るぐらいのELEGIANTをアマゾンプライムデーでさらにお手頃価格でゲットしました。

コンパクトサイズですが音質は悪くなくスッキリしたグッドサウンドです。

スマホ単体で聴くよりも格段に良い環境で音楽を楽しむことができます。

最小限のモノしか持たないとされるミニマリストにもお薦めしたいです。

デジタルアンプELEGIANTの機能

デジタルアンプの殆んどはスマホなど何らかの再生機器を接続することを前提にした設計です。

つまり機能を絞ったアンプ回路だけの構造です。

たとえばCDコンポやCDレシーバー、ネットワークCDではラジオ機能やCD再生機能が付随しているため形状は大きくなります。

けれどデジタルアンプは音を増幅させコントロールする機能だけに特化しているので文庫本程の小さなサイズです。

ELEGIANTでは音質を調整するトレブルやBASS機能もありません。

ではELEGIANTデジタルアンプの基本性能でどんなことが実現できるのか確認します。

ELEGIANTの基本機能

  • Bluetooth(ブルートゥース)通信での音楽再生
  • 100ワット(W)が持つ余裕のパワー
  • 本格的オーディオスピーカーを接続できる
  • 3.5mmAUX端子で再生機器を接続できる(レコード・スマホ)

ブルートゥース機能を使えばスマホから無線で音源を再生できるのでかなり便利です。

100ワット(W)が持つ余裕のパワー

文庫本より小さなサイズのアンプ本体なのですが、出力パワーは左右合わせて100wの容量を発揮します。

本格的オーディオスピーカーを接続できる

お気に入りの歌手やグループの曲は出来れば本格的なスピーカーで聴きたいものですよね?

ELEGIANTのデジタルアンプはパッシブスピーカーを接続し音楽を楽しめる設計になっているので2~3万円の価格帯のオーディオシステムのような環境を作り上げることができます。

3.5mmAUX端子で再生機器を接続できる(レコード・スマホ)

ELEGIANTは本機全面にAUXミニジャック端子が装備される設計になっていますのでMP3プレーヤーなどの再生機器とアンプをケーブルで接続できます。

レコードプレーヤーのリスニング

このAUX端子を上手く活用すればアナログ再生機器やレコードプレーヤー(ターンテーブル)をELEGIANTに接続することが可能となります。

ぼくもRCA接続ケーブルを使ってアナログレコードをELEGIANTにつなぎました。

ELEGIANT本機と付属品

実際に届いたELEGIANT本機と付属品を紹介しておきます。

  • 電源アダプター
  • 3.5ミリミニジャックケーブル
  • ライン出力端子との接続ケーブル

以前に購入したFX-Audioのデジタルアンプの電源アダプターは別売りでした。

ですがこのELEGIANTはアダプターと接続ケーブルのセットになっているので別途買い求める必要はないです。

しかし品質的なチャチさは否めません。

グレードアップも検討できます。

スマホのBluetooth機能はあるけれど電池の減りが気になるからケーブルで接続したいという場合やBluetooth通信機能の無いMP3プレーヤーなどから音源を鳴らしたいケースに付属の3.5ミリケーブルが活躍します。

ELEGIANTと比較するデジタルアンプ

デジタルアンプはELEGIANT以外にもその他いろいろと比較機種が存在します。

iPhoneでアマゾンミュージックを聴く音響機器に最適なデジタルアンプ4機種!!!

ぼくは今回のELEGIANTの購入前にFX-AUDIO(FX202J)というデジタルアンプを手に入れアナログレコードを使ったリスニング環境を整えました。

FX-AUDIO FX202J高評価レビューのデジタルアンプをついに購入!

FX-AUDIO FX202Jの購入レビュー!アマゾンで高評価のデジタルアンプの活用方法

2017-01-02

しかしこの機種にはブルートゥースの機能がありません。

さらにUSBの入力端子がなくアナログ入力端子しか存在しないのでELEGIANTと比べると拡張性とデジタル機器との接続の自由度はやや劣る印象です。

もちろんパワーと音質についてはELEGIANTと比較しても十分に満足できるものです。

しかしブルートゥースで手軽に音楽を聴きたいという環境を手に入れたいと考えた場合はこちらのELEGIANTが優れているのではと思います。

ELEGIANTの接続方法と必要なアイテム

ELEGIANTを楽しむためにはスピーカーが必須

今回ぼくは、アマゾン純正のスピーカーケーブルを同時に購入しアンプ本体へ接続しています。

スピーカー接続端子の軸にケーブル用の穴が空いてますのでビニール被覆の芯線を切らないように専用工具で剥き端子に装着すれば完了です。

購入したアマゾンのケーブルは意外にも線数が多くしっかりした造りです。

しかもELEGIANT本体が軽く小さいことでスピーカーケーブルをつなぐと安定しにくく本機を置いた位置がズレまくります。

ELEGIANT本体を固定する処置が必要だと思われます。

ELEGIANTを使用してみた印象

ELEGIANTの音質

トレブルやミドルなどの音質を調整するイコライザー機能はなくボリュームコントロールだけで「拍子抜け」するほどのシンプルな造りですが意外にも音質は悪くありません。

サウンドの分離も良くスッキリとした音質で印象は良いものです。

ELEGIANTの音量パワー

フルボリュームにするとかなりの大音量となり集合住宅の生活環境では苦情はまず間違いないでしょう。

ブルートゥースで接続したスマホのボリュームをある程度上げておけばアンプ側のボリュームは時計の針の9時ぐらいの位置で十分な音量が得られます。

ブルートゥース通信

アンプとスマホの位置や角度によって通信状態が安定せず接続が切れたり「チャタリング(不安定状態)」になる場合があります。

ELEGIANT本機のブルートゥースの通信スペックのカタログ数値では10メートルとの説明です。

使ってみた印象では使う部屋や環境に死角がある場合、途切れる感じです。

なのでELEGIANT本機とスマホの間に壁やさえぎる物体がなければ快適に利用できます。

ELEGIANTデジタルアンプのメリット

使ってみた印象からメリットを書き留めます。

  • 何よりお財布に優しくコスパは抜群!
  • 小型で軽量な本体は場所をとらない!
  • 音が良く工夫次第で機器を拡張できる

小型で軽量な本体は場所をとらない!

どデカイオーディオセットや本格アンプだと大きく場所をとります。

そんな環境だとアンプがデカくて邪魔だとお嫁さんに食ってかかられることも十分あり得ます。

ですがELEGIANTを使うことで無用な衝突は避けられ、日々穏やかに暮らしを楽しむことができます。

ホコリがたまった場合でも掃除がしやすいです。

超省スペースでちょこんとスミに設置できるかわいいヤツです。

しかも本機は消費電力も抑えた設計で省エネにも貢献できます。

音が良く工夫次第で機器を拡張できる

フォノイコライザーが搭載されたレコードプレーヤーならこのELEGIANTだけでアナログレコードを楽しむ環境が実現します。

ELEGIANTデジタルアンプのデメリット

最新のBlu-ray(ブルーレイ)ディスクプレーヤーなどアナログのライン出力端子を持たない機器をELEGIANTに接続できません。

ラジオもついていません。

サウンドの微調整もできないです。

ヘッドフォン端子もついてません。

これらの問題がELEGIANTのデメリットに思い当ります。

しかしよくよく考えると、そもそもヘッドフォンで聴きたい場合はELEGIANTにつながずスマホから音楽を聴けば良いだけです。

サウンドの微調整はイコライザーを用意すれば対応可能です。

必要性は全く感じませんがサイズも価格もコンパクトな機器を検討できます。

デジタル端子しか装備されない機器とELEGIANTの接続はマイクロUSBの端子を利用で解決できそうです。

じつは自宅で使うソニーのブルーレイプレーヤーにもデジタル出力端子しかありません。

音声出力端子はHDMIの出力端子になっています。

ということはHDMIケーブルでマイクロUSB端子タイプの接続ケーブルを用意すればELEGIANTとの接続が可能となるのではと思っています。

アナログとデジタルを変換するコンバート機器も検討できます。

しかしスマホでカンタンに音楽を聴けるアマゾンミュージックやアップルミュージックなどのサブスク環境が整っている現状です。

じっさいにぼくもプライムアンリミテッドとアップルミュージックを利用してきました。

およそ6000万曲からのライブラリから音楽をあらゆるデバイスで楽しめます。

こんな環境でわざわざブルーレイプレーヤーなどから音楽を聴く頻度と必要性はかなり低いものと思います。

Apple Music
ミュージック無料iOSユニバーサル

ラジオが聴けない問題の対応

アンプ機能しかないELEGIANTですがラジオも大丈夫です。

お手持ちのスマホにラジコのアプリをインストールすればこの問題もクリアです。

スマホとELEGIANT、欲を言えばアナログプレーヤーを用意すれば完璧です。

ELEGIANTが不良品だった時の対応

アマゾンのレビューでは動作不良を起こすケースも発生しているので「欲しいけど品質が気がかり」という方もいらっしゃるでしょう。

こればかりは本体が届き使ってみるまではわからないですよね。

でも購入者さんのほとんどの感想は満足して動作に問題はないとご報告されているものばかりでそれほど発生率としては多くないような印象です。

(ぼくは2020年4月現在でELEGIANTを2年間使っていますが快適に稼働しています。)

それに日本メーカーの電化製品にしても不良品はゼロではないです。

問題は不具合があった場合の対応です。

もし不良品だったり思っていたのと違うならアマゾンでは返品が可能です。

不具合なら期限付きの条件で返品できます。

購入者都合なら送料負担の条件で返品可能ですからリスクとしては軽減されている環境です。

したがって本機が届いたらすみやかに動作状態をチェックしてみることをオススメします。

その時点で不具合があればスグに返品の手続きと連絡を入れれば良いのでもし不良品が届いたらという問題も解決できます。

fireTVstickでELEGIANTが快適に!

ELEGIANTの性能を最大化できるガジェットがアマゾンファイアTVスティック(fireTVstick)です。

こちらの記事でもアマゾンファイアTVスティックを紹介しています。

【関連記事】​fireTVstickのメリットと設定方法!大画面TVでビデオオンデマンドが楽しめる?

アマゾンのfireTVstickは液晶テレビのHDMI端子に装着することで大きなテレビ画面でアマゾンプライムの映画作品やYouTubeを楽しむことができるドングル端末です。

アマゾンプライム会員であれば液晶テレビでもプライムミュージックを楽しむことが可能です。

じつはファイアTVスティックにはブルートゥース機能が装備されています。

プライム作品から映画を視聴する場合にブルートゥースでELEGIANTに接続すれば臨場感あるサウンドを楽しめます。

ELEGIANTとファイアTVスティックのブルートゥース接続は簡単です。

ファイアTVスティックの設定画面からブルートゥース接続に入るだけです。

複数スピーカーから音声を流した映画館のようなサラウンド効果のホームシアターのサウンドにはさすがに及びませんが分離したパッシブ型スピーカーから流れる音声で映画を観ることが出来るのはなかなか悪くありません。

ELEGIANTデジタルアンプのまとめ

わずか数千円でリスニングシステムが整うデジタルアンプはコスパ抜群でスペースを無駄にとらない素晴らしいアイテムだと思うのですがいかがでしょうか?

なにより便利なのはやはりブルートゥースの接続で本格的なパッシブ型スピーカーからお気に入りの音楽を流せることです。

もし使ってないスピーカーが自宅に眠っているならスピーカーケーブルとELEGIANTデジタルアンプさえあればけっこういい感じのオーディオシステムが出来上がります。

今回ぼくは、プライムデーにて本体を¥2980とスピーカーケーブル¥985のわずか4千円に満たない金額でオーディオシステムを手に入れました。

(スピーカーは自宅に保管していた遊休品のオンキョーのスピーカーを接続しています。)

もしスピーカーが必要ならリサイクルショップやメルカリなどで程度の良い商品を探せば出費は抑えられるでしょう。

新品が希望であればアマゾンでパッシブ型スピーカーは1万円を切るぐらいの値段で購入できます。

もうわざわざ高いカネだしてネットワークCDレシーバーだの馬鹿でかいオーディオを買う必要はありません。

大きな物、重いモノを持ち運んだりするのが大変な脊髄損傷の人間にとってはデカいオーディオアンプの設置や移動はかなりシンドイ作業でした。

デジタルアンプのおかげで苦痛から解放されました。

車いす生活を送るぼくにとってデジタルアンプの導入効果は計り知れません。

アマゾンプライムに加入しているなら絶対にfireTVstickは買い!便利な使い方と設定方法を教えてやるぞ!

アナログレコードプレーヤーを楽しむならデジタルアンプが大活躍するぞ!安くて音がイイFX202Jは省スペースで場所要らず。

全力度評価

2020年4月からアップルミュージックを契約しELEGIANTから全力で音楽を聴いています!

アイフォーン側からイコライジングできることも発見しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


three + seventeen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

オートバイ事故で脊髄損傷の障害を負うことになり車いす生活を送っています。 車いすの生活は2020年現在で34年目を迎えました。 このブログはぼくの車いす人生のなかで全力で取り組んできた経験や出来事をまとめています。 脊損のぼくが全力で経験してきたことを紹介するという意味でブログのタイトルを【全力脊損】としました。 どうぞよろしくお願いいたします。 プロフィールページで触れていますがぼくはギターや音楽にも長年親しんできました。 ゴリゴリの昭和世代のためにいまでもレコードプレーヤーで音楽を聴いていますが音楽関連のガジェットにも興味があり気にいったアイテムをブログでレビューしています。 30年間の脊損人生でチャレンジしてきたことをこのブログでお伝えできればと思っています。 >>>プロフィールはこちら