【コスパ抜群】ELEGIANTのデジタルアンプのポテンシャルを100倍引き出す方法と使い方!

最近の音楽の聴き方はスマホで聴くというスタイルが一般的なようで、20代前後の若い人たちは自宅でオーディオを聴く環境も持ってない人も多いんじゃないでしょうか?

でも音楽好きでお気に入りのミュージシャンやロックバンドを持つ人にとってそれなりの良い音でゆったりと聴ける環境とツールは欲しいものです。

けれどオーディオやCDレシーバーは邪魔だしお金もかかります。

そんなハードルを乗り越える超便利なオーディオアイテムがデジタルアンプの「ELEGIANT」というものです。

Bluetoothアンプ ELEGIANT ステレオ スピーカー パワーアンプ デジタルアンプ ベース 増幅器 HI-FI 音質 100W 大出力 超小型

じつは、先日のアマゾンプライムデーにて通常価格より安い値段でかねてより狙っていたコイツを購入し機能性とコストパフォーマンスに満足しています。

使い勝手の良さと音質に惚れぼれしていますが、もっと早く購入しておけば良かったとも思うほどです。

そんな感激と反省をもたらしたデジタルアンプ「ELEGIANT」は最小限のモノしか持たないとされるミニマリストさんでも持っておきたいアイテムでしょう。

今回はELEGIANTにフォーカスし品質や接続方法、100倍楽しめる便利な使い方などお伝えいたします。

「デジタルアンプって知ってる?ELEGIANTの機能をとことん解説!」

デジタルアンプの殆んどはスマホなど何らかの音源機器を接続することを前提にした構造に仕上がっています。

一般的なCDコンポやCDレシーバー、ネットワークCDでは音源を増幅させるアンプ機能だけでなくラジオ機能やCD再生機能が付随しているため形状は大きくなる構造になります。

けれどデジタルアンプは音源の増幅機能だけに特化する設計にしているので文庫本程の小さなサイズになっています。

ではELEGIANTデジタルアンプの基本性能とどんなことが実現できるのか見ていきましょう。

ELEGIANTの基本機能

・Bluetooth(ブルートゥース)通信での音楽再生

ブルートゥース機能を使えばスマホから無線で音源を再生できるのでかなり便利です。

・100ワット(W)が持つ余裕のパワー

文庫本より小さなサイズのアンプ本体なのですが、出力パワーは左右合わせて100wの容量を発揮します。

・本格的オーディオスピーカーを接続できる

お気に入りの歌手やグループの曲は出来れば本格的なスピーカーで聴きたいものですよね?

ELEGIANTのデジタルアンプはパッシブスピーカーを接続し音楽を楽しめる設計になっているので2~3万円の価格帯のオーディオシステムのような環境を作り上げることができます。

・3.5mm(ミリ)ジャックのAUX端子の装備

ELEGIANTは本機全面にAUXミニジャック端子が装備される設計になっていますのでMP3プレーヤーなどの再生機器とアンプをケーブルで接続できます。

このAUX端子を上手く活用すればアナログ再生機器やレコードプレーヤー(ターンテーブル)をELEGIANTに接続することが可能となります。

「ELEGIANTデジタルアンプ本機と付属品」

実際に届いたELEGIANT本機と付属品を紹介しておきます。

・電源アダプター

・3.5ミリミニジャックケーブル

・ライン出力端子との接続ケーブル

以前に購入したデジタルアンプの電源アダプターは別売りでしたがこのELEGIANTはアダプターと接続ケーブルのセットになっているので良心的でお買い得です。

附属のケーブルの出番としては・・・

スマホのBluetooth機能はあるけれど電池の減りが気になるからケーブルで接続したいという場合やBluetooth通信機能の無いMP3プレーヤーなどから音源を鳴らしたいケースもあるでしょう。

そんな場合には付属のオーディオケーブルを使って接続すれば手持ちのオーディオプレーヤーやMP3デバイスを活用することができます。

あるいはライン出力端子を持つCDプレーヤーやDVD/ブルーレイなどの再生機器も接続ケーブルを使えば再生することも可能です。

「ELEGIANTと比較するデジタルアンプ」

デジタルアンプはELEGIANT以外にもその他いろいろと比較機種が存在します。

iPhoneでアマゾンミュージックを聴く音響機器に最適なデジタルアンプ4機種!!!

ぼくは今回のELEGIANTの購入前にFX-AUDIO(FX202J)というデジタルアンプを手に入れアナログレコードを使ったリスニング環境を整えました。

FX-AUDIO FX202J高評価レビューのデジタルアンプをついに購入!

【FX-AUDIO FX202J】高評価レビューのデジタルアンプをついに購入!実機レポートを届けます!

2017-01-02

しかしこの機種にはブルートゥースの機能がありません。

さらにUSBの音質入力端子がなくアナログ入力端子しか存在しないのでELEGIANTと比べると拡張性とデジタル機器との接続の自由度はやや劣る印象です。

もちろんパワーと品質についてはELEGIANTと甲乙つけがたい品質で十分に満足できるもので問題はありません。

しかしブルートゥースで手軽に音楽を聴きたいという環境を手に入れたいと考えた場合はこちらのELEGIANTが優れているのではと思います。

「ELEGIANTの接続方法と必要なアイテム」

・ELEGIANTを楽しむためにはスピーカーとケーブルが最小限必要です。

今回ぼくは、アマゾン純正のスピーカーケーブルを同時に購入しバナナプラグを使用せずにアンプ本体へ接続しています。

スピーカー接続端子の軸にケーブル用の穴が空いてますのでビニール被覆を芯線を切らないように専用工具で剥き端子に装着すれば完了です。

けれど購入したアマゾンのケーブルは意外にも線数が多くしっかりした造りであることと、ELEGIANT本体が軽く小さいことでスピーカーケーブルをつなぐと安定しにくく本機を置いた位置がズレまくります。

このような意味ではバナナプラグを使ってケーブルを接続したほうが作業性は高まると思います。

「実際にELEGIANTを使用してみた印象」

・ELEGIANTの音質

トレブルやミドルなどの音質を調整するイコライザー機能はなくボリュームコントロールだけで「拍子抜け」するほどのシンプルな造りですが意外にも音質は悪くありません。

サウンドの分離も良くスッキリとした音質で印象は良いものです。

・ELEGIANTの音量パワー

フルボリュームにするとかなりの大音量となり集合住宅の生活環境では苦情はまず間違いないでしょう。

ブルートゥースで接続したスマホのボリュームをある程度上げておけばアンプ側のボリュームは時計の針の9時ぐらいの位置で十分な音量が得られます。

・ブルートゥース通信

スマホの位置によって通信状態が安定せず接続が切れたり「チャタリング(不安定状態)」になる場合があります。

ブルートゥースの通信スペックはカタログ数値では10メートルということですが理論数値よりもいささかパワー不足という印象です。

なのでELEGIANT本機に近い位置にスマホを置いて接続させて使っています。

「ELEGIANTデジタルアンプのメリット」

・何よりお財布に優しくコスパは抜群

本機はわずか4000円程度、しかもプライムセールなら3000円を切る価格で購入することも可能。

・小型で軽量な本体は場所をとらない!

どデカイオーディオセットやシステムなどが邪魔だとお嫁さんにやり玉に挙げられることもなく逆鱗を買うこともない。

超省スペースでちょこんとスミに設置できるかわいいヤツです。

しかも本機は消費電力も抑えた設計で省エネにも貢献できる。

・音が良く工夫次第で機器を拡張できる

フォノイコライザーが搭載されたレコードプレーヤーならこのELEGIANTでアナログレコードを楽しむ環境が実現します。

「ELEGIANTデジタルアンプのデメリットと不安材料!中国製に不安を持つあなたもこれで安心‼︎」

小さ過ぎるほどの形状とアンプ機能しかないELEGIANTの特徴は逆に言えば、CDの再生機能を持たないことがデメリットになるのかもしれません。

でもライン出力端子を持つDVD/CDプレーヤーやがあれば付属の接続ケーブルで解決できる問題です。

しかし最新のBlu-ray(ブルーレイ)ディスクプレーヤーなどはアナログのライン出力端子を持たない機器の場合は少々やっかいです。

でもこの問題もELEGIANT本機全面にあるマイクロUSBの端子で解決できるのではと思っています。

じつは僕もアナログ出力端子が装備されているCDプレーヤーは自宅には無く、ソニーのブルーレイプレーヤーでCDを聴くことになります。

けれどその機器にはライン出力は無く、音声出力端子はHDMIの出力端子になっています。

ということはHDMIケーブルのマイクロUSB端子タイプの接続ケーブルでELEGIANTのUSB端子につなげればこの問題もクリアできるのではと思っています。

ラジオが聴けない問題の対応

アンプ機能しかないELEGIANTですがラジオも大丈夫です。

お手持ちのスマホにラジコのアプリをインストールすればこの問題もクリアです。

品質への不安材料を払拭するアマゾンの対応

アマゾンのレビューでは動作不良を起こすケースも発生しているので「欲しいけど品質が気がかり」という方もいらっしゃるでしょう。

こればかりは本体が届き使ってみるまではわからないですよね。

ある意味カケのような、冒険のような。

でも購入者さんのほとんどの感想は満足して動作に問題はないとご報告されているものばかりでそれほど発生率としては多くないような印象です。

たとえば日本製の電化製品にしても不良品はゼロではありません。

「そうかもしれんが中国製はやっぱり不安…」というアナタ!

今の時代、中国製がどうのこうのと言うてたらモノなんて買えませんよと言いたところですが一つ安心できる材料と情報をお伝えしましょう。

ぼくが実際に買ったアマゾンの購入履歴を確認してみると期限付きの条件で返品の案内表示を確認できます。

したがって本機が届いたらすみやかに動作状態をチェックしてみることをオススメします。

その時点で不具合があれば速攻で返品の手続きと連絡を入れれば良いのでもし不良品が届いたらという問題もこれで払拭ですね。

あとは商品の良さを信じて購入するべしです。

行動しない人にはリスクも無い代わりに未来もありません。

「ELEGIANTのさらに便利な使い方!これで100倍楽しめる!」

ELEGIANTの性能を最大化できる存在がマゾンファイアTVスティック(fireTVstick)です。

こちらの記事でもアマゾンファイアTVスティックを紹介しています。

​fireTVstickのメリットと設定方法!大画面TVでビデオオンデマンドが楽しめる?

2017-11-22

アマゾンが販売しているfireTVstickは液晶テレビのHDMI端子に装着することで大きなテレビ画面でアマゾンプライムの映画作品やYouTubeを楽しむことができるドングル端末です。

もちろんアマゾンプライム会員であれば液晶テレビでもプライムミュージックを楽しむことが可能です。

さらにこのファイアTVスティックにはブルートゥース機能があるのでプライム作品で視聴する映画作品の音声をELEGIANTデジタルアンプで臨場感と迫力の音声を流せます。

ELEGIANTとファイアTVスティックのブルートゥース接続は簡単です。

ファイアTVスティックの設定画面からブルートゥース接続に入るだけです。

いくつものスピーカーから音声を流し映画館のようなサラウンド効果のホームシアターのような機器と音質にはにはさすがに及びませんが分離したパッシブ型スピーカーから流れる音声で映画を観ることが出来るのはなかなか悪くありません。

「ELEGIANTデジタルアンプのまとめ」

わずか数千円でリスニングシステムが整うデジタルアンプはコスパ抜群でスペースを無駄にとらない素晴らしいアイテムだと思うのですがいかがでしょうか?

なにより便利なのはやはりブルートゥースの接続で本格的なパッシブ型スピーカーからお気に入りの音楽を流せることです。

もし使ってないスピーカーが自宅に眠っているならスピーカーケーブルとELEGIANTデジタルアンプさえあればけっこういい感じのオーディオシステムが出来上がります。

今回ぼくは、プライムデーにて本体を¥2980とスピーカーケーブル¥985のわずか4千円に満たない金額でオーディオシステムを手に入れました。
(スピーカーは自宅にあったオンキョーのスピーカーを接続)

もしスピーカーをお持ちでなければリサイクルショップやメルカリなどで程度の良い商品を探せば出費は抑えられるでしょう。

新品が希望であればアマゾンでパッシブ型スピーカーは1万円を切るぐらいの値段で購入できます。

もうわざわざ高いカネだしてネットワークCDレシーバーだの馬鹿でかいオーディオを買う必要はありません。

スマホとアマゾンプライムなどの聞き放題で楽しめるサービスさえあれば手軽に良い音質で音楽を楽しむ環境は整います。

そんな環境を実現するELEGIANTはデジタルアンプとして抜群のパフォーマンスを発揮するでしょう!

ぜひお試しください。

Bluetoothアンプ ELEGIANT ステレオ スピーカー パワーアンプ デジタルアンプ ベース 増幅器 HI-FI 音質 100W 大出力 超小型

アマゾンプライムに加入しているなら絶対にfireTVstickは買い!便利な使い方と設定方法を教えてやるぞ!

アナログレコードプレーヤーを楽しむならデジタルアンプが大活躍するぞ!安くて音がイイFX202Jは省スペースで場所要らず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


11 − 1 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人




オートバイ事故で脊髄を損傷し下半身不随の身体で50歳という年齢を迎えることができました。 交通事故で車いす人生を送ることになってしまいましたが30年間の中で色々とチャレンジしてきたことをこのブログでお伝えできればと思っています。 主なテーマはつぎのようなカテゴリーです。 ・障害や脊髄損傷に関すること ・オートバイとサイドカーに関すること ・エレキギターに関すること ・柴犬に関すること ・その他 取り留めない内容をお届けするかと思いますが、よろしくお願いいたします。